2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

過去の連鎖~輪姦、視姦の意思

この記事の所要時間: 926

彼女は、ベッドの上に全裸で仰向けに寝かされて足を広げられている。顔には目隠しがされ、右手首と右足首、左手首と左足首がそれぞれタオルとストッキングで縛られ、左右別々の男に押さえられている。口には肌色をした太いディルドを咥えさせられ、マンコにはウィンウィンと音を立てるバイブが突っ込まれている。彼女は声を出すことも出来ず、ただ「うぅ・・・うぅ・・」と唸っているだけだ。彼女のこの姿は、数日前に見せられた昔の彼女の画像と全く同じだった。

 

・・・・・・・・・・・
「これ、ちょっと見てみろよ」○○が私に見せたのは、目隠しをされ全裸でM字に開脚させれている女性の画像だった。手と足は縛られ、口とマンコにはバイブが突っ込まれている。

「・・これ・・」

「・・・気付いた?やっぱり、そうだろ?」この画像は彼女だった。顔は見えないし、髪も長いが、顔の下半分と体のラインで彼女だと分かった。

「・・なんだ、これ?」

「・・」○○が言うにはこうだ。画像はMが持っていた。MはMIで知り合った男からもらったと言った。その男は○○ちゃんの元カレで、今、この元彼は彼女がMIの客にマワされているのを知った。ヤツは彼女とヨリを戻す気はないらしいが、もう一度彼女のマンコを使いたい、と言ってMにこの画像を見せたらしい。Mはてっきり○○が仕切っているのだと思って、〇〇にこの画像を見せた。しかし、○○は何も知らない。そこで私に画像を見せてきたのだ。

「・・Mが言うには、この男、○○ちゃんとヤラセろ、ってMに言ってきたんだってよ」

「・・この画像を使って脅迫するつもりか?彼女を?」

「多分。・・○○ちゃんにしばらくMIに行かない方がいい、って言っとけよ」私はその夜、彼女にメールした。

 

彼女からの返信は無かった。こちらからメールしても一向に返事が無い。電話をしても留守電だ。少しイヤな予感がした。○○から「○○ちゃんと連絡とれないんだけど」とメールが来たのは、彼女に最後にメールした日の二日後だった。その翌日、○○はSとMから話を聞き出した。Sは彼女を風呂で輪姦したときの話で彼女を呼び出した。そこにMとK(元カレ)が現れた。SとMは、彼女を使ったときの話で彼女を一晩使わせるように脅迫した。Kはそこに便乗したのだ。彼女は首を縦に振ったらしい。この話を聞いた○○は激怒した。SとMは数日間家から出られない顔になっていた。しかし、Kの居場所は分からない。SとMから聞き出した彼女をマワす期日は過ぎていた。彼女の職場の同僚の話では、彼女はちゃんと仕事には来ているらしいが、数日前、午前中だけ休んだという話だった。SとMの仕業ではない。Kの仕業だと思った。ここまで分かった日の夜、彼女からメールがあった。

「ごめんね、心配したでしょ?」

 

彼女の話では、仕事が忙しく、家に帰っても用事が多かった、ということだった。今まで、連絡が取れなかったことなど無かったから心配した、というと、彼女は笑って「うふふ、ありがとー(ハート)」と返信があった。次の日、彼女と夕飯を一緒に食べることにした。食事を終え、二人で車に乗っている時に私は切り出した。Kの話だ。彼女は戸惑っている様子だったが、私が○○から聞いた話をすると、これ以上隠せないと思ったのか少しずつ話し始めた。SとMから連絡があったこと、確かに脅迫されたこと、そこにKもいたこと。Kは昔の彼女の画像でも彼女を脅迫した。その後、SとMからは連絡が無かったが、Kからは数時間置きにメールがあり、夜、旦那のいる家にも電話があって困ったこと。しまいにKは彼女の旦那が働く店に顔を出したこと。最悪だ。そして、Kと二人で会ったこと。Kと関係を持ったことも。

「・・ごめん・・軽蔑した・・?」

「・・いや、そうじゃない。でも、Kと切れたわけじゃないでしょ、その感じじゃ。」

「・・」

「また呼び出されてるでしょ。ホントのこと言ってみて。」

「・・うん。」

「行くの?」

「・・行けばね、画像消すって。もう家にも電話しないし、MIにも来ないって。旦那が勤めてる店にも行かないって。・・・旦那にはやっぱりバレたくないよ・・・こんな酷いこと・・・、旦那に話せないよ・・」

「・・・」

「・・・一度だけ・・・ケリを付けて終わりにしたいんだ。」彼女はそう言った。

 

彼女が呼び出された日、私も同行することにした。彼女はKに私が同行することを話した。その時点でこの話は無くなれば良かったのだが、Kは私の同行を許可した。Kという男は何を考えているのか分からない。

 

呼び出されたのは日曜日のビジネスホテルだった。夕方、彼女を連れて指定された部屋のドアをノックした。

「お、来た来た(笑)」ニタニタした男がドアを開いた。こいつがKらしい。

「そいつ?一緒に来たの。・・・入れよ。」彼女と私は部屋に入った。

「何日ぶりだろーな、○○○(彼女の名前)のマンコ(笑)」彼女は黙っている。

「・・え?誰?」彼女は部屋に入るなりそう言った。部屋には男が二人いた。

「あは、よー、ども。初めましてー(笑)」

「Kのマンコ、来たねー。保護者付き(笑)」男達は笑っている。

「え?何で?誰?この人たち?」

「○○○が男連れてくるっつーからさ、こっちも用意したよ、男。あはは。」Kはタバコに火を着けた。

「この子がマンコでバイブ食べちゃう子?」

「あの画像の、だろ?バイブ咥えるように見えねーなぁ」

「あはは、咥え出したら凄いぜ(笑)」

「・・何、する気だよ」私はKに言った。

「あ?うるせーな、保護者(笑)。お前は黙って○○○がマワされんの見てればいいんだよ。見て、勃起してろ(笑)」

「あ、こいつ、見てるだけなんか?」

「一緒にヤルんじゃねーの?」

「チガーよ、こいつは見てるだけだよ、オナニーは許可するぜ(笑)。なぁ、○○○。」彼女は黙っている。

「何で黙ってるんだよ。・・あ、そうそう、お前の旦那、結構背が小さいのな。笑顔で接客してたぜ(笑)。人の良さそうなヤツな。あはは。」

「・・やめてよ、そういうこと言うの。」

「あ?事実だろ?あの旦那のチンコじゃガマン出来ないから、色んなチンコしゃぶりまわってるんだろーが?」

「違うよ!何言ってんのよ!」

「あはは、怒った。っつーかさ、怒るとこじゃねーだろ。オレ、いつでもこの画像、あの旦那に見せること出来るぜ。旦那、白の○○○○に乗ってるのな。お前好みのエコな車じゃねーか。ワイパーに画像を挿みやすそーだったぜ(笑)」

「・・・脅迫してんじゃねーぞ。」私の声は怒りに震えていたかもしれない。

「だぁかぁらぁ、お前は黙ってろって。○○○、シャワー浴びてこいよ。こいつらにお前のマンコ、早く見せてやれよ。早くしねーと、こいつら射精しちゃうぞ(笑)」彼女はシャワールームに入った。

「お前、何で来たんだよ。早く帰れよ(笑)」Kが私に向かって言う。

「・・・画像、消せ。」

「あ?あぁ、消してやるよ。○○○のマンコを皆でシェアしたらな。」

「あはは、何?K、お前、女を脅迫してんの?(笑)マズいんじゃね、それ?(笑)」窓際にいた男がタバコをふかしながら笑っている。

「ホントだよ、お前、そういう画像って、もしもの時の証拠になっちゃうからさ、ちゃっちゃとマンコ使ったら消せよ。」

「はは、分かってるよ。・・SとM、何故か誰かにボコられたらしいしな(笑)。なぁ、○○くん?知ってるだろ?」

「何で、オレの名前知ってんだよ。」

「・・気にすんなよ。お前の目の前で○○○をたっぷり犯してやるからよ。」

「ふざけんなよ・・K。」

「黙って見てるだけだからな、お前は。」浴室のシャワーの音が止まった。

 

彼女が浴室から出てきた。ホテルのガウンを着ている。

「おい、そんなの着てんじゃねーよ。脱げよ、早く」

「・・・カーテン閉めてよ・・」

「あは、お前、状況分かってる?これからマンコ犯されるんだから、大人しく言うこと聞けよ。」Kはタバコを灰皿に押し付けて火を消した。

「ひゅー!ストリップ!」

「ぬーげ!ぬーげ!」彼女は浴室に戻りガウンを脱いでタオルを体に巻いた。

「じれってーな!」Kが彼女のバスタオルをはぎ取る。

「きゃっ!」彼女は一瞬で全裸にさせられる。

「明るいところで見る全裸っつーのは、エロいね(笑)」

「あはは、ホント。乳首、ピンクだなぁ。陰毛は結構生えてる感じ?」男二人が彼女に近づき、胸を揉み、陰毛を引っ張る。

「痛いっ!・・止めてください・・」

「止めないんだよね、これ(笑)」男が陰毛を強く引っ張る。

「痛いっ!」ブチっ!と音がして陰毛が数本抜けた。

「あはは、抜けちゃった。昔なら、お守りだな。これ。」

「あはは、何やってんだよ。○○○、ベッドの上で仰向けになれよ。」彼女は黙ってベッドの上に座った。

「仰向けだっつーの」彼女は静かにベッドに寝る。男二人が彼女に群がる。彼女の胸を触り、腹を触り、彼女の足を強引に開く。

「あは、マンコ丸見え!」

「ほぉ、ピンク色だな。大陰唇はあんまり発達してない感じ?結構、使ってんだろ?その割に綺麗なマンコだなぁ。・・クリも小さいな。」

「あ・・ん・・」男がクリに被っている皮をグリっと捲る。

「おい、もっと足開けよ・・舐めてやるから」男は彼女の内股を両手でグイッと押開いた。

「陰毛がシャンプーの香り(笑)。いいねぇ、人妻のマンコ。」男が舌を伸ばして彼女のクリを舌先で味わう。

「う・・ん・・」

「あはは、何?気持ちいい?感じるの早いね・・・ほら、ビラビラも段々と濡れてきてるぜ・・」男は中指全体で彼女のマンコを軽く叩く。ピチャピチャと音がし始めている。

「え?もう濡れてんの?何だよー、やる気満々じゃん!」

「ばーか、ヤラレル気、だろ?」Kがニタニタとその様子を見ている。

「一昨日だもんなぁ、オレのチンコそのマンコに突っ込んだの。」

「マジか?あはは、マンコ休む暇ねーんじゃね?どうせ昨日は、そこの保護者のチンポでズコバコされたんだろ?」

「あはは、使い過ぎ、マンコ!」男はそう言いながらマンコ全体に舌を這わせる。

「なぁ、旦那も舐めてくれるんだろ?」ピチャピチャと音を立てながら男が言う。

「・・・」彼女は黙っている。

「おい、聞いてんだろ?旦那の舐めテクはどうよ?」

「・・・」

「何も言わない気かよー、つまんねーな。」

「あはは、お前の舐め方が下手だから無視されてんだよ。代われっつーの」もう一人の男が彼女のマンコに舌を這わせる。

「・・ん・・」

「すげー、キレイなマンコだな。っつーか、お前のタバコの味がすんだけど、このマンコ(笑)」

「うるせーな、大人しく舐めてろよ(笑)」彼女は仰向けのまま、男達に交互にマンコを舐めさせている。

ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

他サイトの更新情報