2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

部活の合宿中に女子マネージャー6人とお風呂に入るというエロい展開にフル勃起した童貞

この記事の所要時間: 93

その合宿場は俺等の高校と、もう一つの高校で合同で合宿していた。

日中の部活も終わり、晩飯を食べる時、マネージャーが洗濯物の量が多すぎて手伝って欲しいと要請がきた。

結局、俺はジャンケンに負けて手伝う事になった。

丁度三年生が引退したばかりで、マネージャーの人数が足りなくて…と言われた。

マネージャーは、二年2人だけ。

一年のマネージャーは夕食の支度にまわっていた。

仕方ないな…

そう思って手伝った。

 

終わった頃にはメシも食べ終え、風呂も入った他の部員は部屋で雑談したりお菓子を食べたりしている。

ため息をつきながら一人食堂に向かうとマネージャーが待ってくれていた。

「ごめんね、○○(俺の名前)。一緒に食べよっ!」
とマネージャー2人が待っていてくれた。

一年のマネージャー4人も待っていてくれた。

「先輩、ご苦労さまでした!影で頑張るってカッコいいですよ!」

別にやりたくて洗濯してたわけじゃねーよ。なんて思いながらも、
「ありがと、じゃあ食べよっか。」

「いただきまーす!」

「先輩、これ私が作ったんですよ!」

「お腹壊したりして」

「あー!そんな事言うなら食べないで下さい!」

「ウソウソ。あ、おいしー!(ナイナイの岡村の真似)」

「アハハハハ!」

普段、女にモテるタイプじゃないし、こうやってマネージャーとはいえ、女の子とゆっくり話せるだけでも俺は嬉しかった。

食事中、くだらない事ばかり話したが、やはり面白かった。

「ごちそーさまでした。」

「○○、お風呂入りなよ!××(風呂の名前がついてたけど忘れました)の方使ってね。」

「私たちは△△の方使うから。覗いちゃだめだよ!」

「お前等みたいなガキの体なんてみたくねーよ」

「ふーん!脱いだらすごいんだからね!」

「あっそ」

なんて軽々しく答えたけど、チクショー、のぞきてー、と思った。

 

でも幸運にも一年からレギュラーにさせてもらってるのに、退部はごめんだ、あきらめようと思って着替えを取りに行って、一人で言われた方の風呂に行きました。

当たり前ですが、誰もいません。

一人でデカい風呂を独り占め出来るのも悪くないな、と思って風呂の中に入って行きました。

入って少したった時に、誰かが入ってきた。

 

え?
顧問の先生かな?とおもった。

「○○ー!いる?」

ぐわっ!マネージャーだ。何でだ!?わけがわからない。

「はっ!?な、何!?」

「あのさー…」

次の言葉までの間に何人かの女の子でコソコソ話しているのがわかった。一人じゃない!

何故かヤバい!と思った。これから何が行なわれるのか。ドキドキして思考回路がイカれてきてる。

「あのさー、……私たちも一緒に入ってもいいかなー?」

えーーーー!?

「は!?お前等△△の方使うって言ってたじゃん!」

「だけど、△△の方☆☆高校の人が使ってるんだもん」

基本的に合宿場内ではもう一つの高校と別進行である。ただ、風呂は同じ時間に入るという決まりがあった。

そして男子が入った後にマネージャーが使うという予定だった。

風呂は二個あって、どっちも男子が風呂に入る時間が過ぎたから使ってないと思って片方を俺に譲ったらしい。

ただ、相手方の高校にその決まりは伝わっていなかった。

当時、俺は童貞で、どんな反応されるかわからないし、女の人にチンポを見られてはいけない!
と思った一心で、
「ダメだよ!!俺が出るまで待てよ!」

「だって入浴時間過ぎちゃうんだもん」

そうだった。

入浴時間があったんだ…。

それからは先生の入浴タイムである。

「先生に言って延ばしてもらえよ!」

「先生どこにもいないんだよぅ…」

「先生に見つかったらおこられるだろ!」

「私たちも入浴時間過ぎて入ってると怒られるだもん!」

そうだった。

その前の年、掟を破ったマネージャーがいた。

そのマネージャーはマネージャーなのに次の日グラウンドを走らされていた。

「お願い!ちゃんとタオルで隠すから!」

「……。ぜってー誰にも言うなよ!」

「ありがとう○○!」

そういうと、また少しコソコソ話が聞こえた。

そして、遂にその時がきた。

タオルで体を隠したマネージャーが6人…

6人!?

「おい、全員かよ!」

「仕方ないじゃん!」

「先輩いやらしい目で見ないで下さいね!」

「先輩、顔真っ赤ですよー!」

好きな事いいやがっている。

 

それにしても…

それまで女がここまで露出した姿を見た事がなかったので、それだけで勃起しそうだった。

それよりも一年生のマネージャーの発達した体がたまらなかった。

全てが俺には刺激が強かった。

マネージャーの方はというと、
「◎◎先輩のユニフォーム凄い匂いでしたね」

「あー、あの人はねー…」

俺の事なんてお構いなしだ。

必然的に俺はすみっこへ移動していた。

そのうち一年マネージャーが、
「ナナ、タオル薄くない?乳首透けてみえるよ」

「えへへ、ピンクでしょ。」

「何?自慢?」

「アハハハハ!」

だんだん、マネージャーの話がHな話になっていった。

「ちなつさんも乳首ピンクですね!」

「吸わせないから」

「キャー!過激!」

僕はどうしたらいいんでしょうか。

 

「ほら、そんな話してると興奮する人が一人いるから。」

「ありゃ。○○先輩たっちゃいました?」

「ナナ、直接的すぎ!」

本当に焦りまくってた俺は、
「いや、聞いてないから。」
もちろん嘘ですよ。

「そういってナナの乳首チラチラみてますよね!」

「見てねーよ!」
いや、見ていました…

この雰囲気はヤバいと思い、体を洗って速攻で出ようと思った。

体を洗おうと湯槽をでた時、
「あ、かわいいおしりー。」

そうだ。タオルが短いタイプでケツまで隠せなかったのだ。

「しらべ、あんた男の生のおしり見たことないでしょ。」

「ちょっと、ヤダァ…」

しらべというのは一年のマネージャーの中で一番控えめな女の子だった。

俺はその子にケツを見られたのが、恥ずかしくてたまらなかった。

俺は急いで洗い場へ向かった。

さっさと体を洗う時にまた問題が。
体を洗うタオルがない。

一つはチンポを隠す必需品。これは手放せない。
これはヤバイ。

…仕方ない。
マネージャーに借りよう…。

「あのさ、悪いんだけど体洗うタオルかしてくんない?」

「タオル持ってきてないの?」

「う、うん。」

マネージャーが互いに顔を見合わせた後、
「仕方ないなあ、じゃあ私が貸しますよ!」
と言ってナナがやってきた。

「ジャーン!」
といってナナが身につけていたタオルを取った!

「何してんだ、お前!隠せよ!」

「先輩がタオルないって言ったんじゃないですか。」

 

ナナの体は凄かった。肌は日に焼けた部分もあったが、胸は白くて乳首はピンク。

勃起する条件は揃っていた。

「なんだ、タオルあるじゃないですか」

再び体を隠した。

「体洗うタオルだよ!」

「それ使えばいいじゃないですか」
といってチンポかくしのタオルを指差した。

「これ取ったら丸見えじゃねーか!」

「そんな事言われても、みんなタオル一枚しか持ってませんよ」

「じゃあどうやって洗うんだよ!」

「みんな、このタオルで洗うんですよ」

「最初体を隠す約束したじゃん!」

「体洗ってるときにはそんなにわかりませんよ」

「でも…」

その時。
「○○うるさい!おちんちんくらい見えてもいいでしょ!」
二年マネージャーのゆかりだ。

「よくねーって!」

「被ってるからですか?」
またナナだ。

「アハハ!」
アハハじゃねーよ!

「わかった。○○、私たちにおちんちん見せてごらん。」
そう言って、もう一人の二年マネージャー、ちなつが近付いてきた。

「嫌だよ!何で俺だけ見せなきゃいけねーんだよ!」

「あ、そういう事なら」

なんと、ちなつまで脱いだ!

乳首はナナと同じくピンク、毛は少しナナより濃かった。

「うわー、ちなつ先輩いい体ー。もういいや、私もとっちゃえ」

ナナも裸になった!二人を見比べるとさすがにナナの方が胸が小さかった。

ここは…。ここはハーレムなのか?
もしくは夢なのか?
神様教えてくれ…

 

「ほーら、見せてごらん!」

そう言って、ちなつがタオルを引っ張る。
俺はもうビンビンだ。

「ダメだって!」
俺はタオルを死守する。

「私もみたいなぁー」と声がする方を見ると、ゆかりが既に全裸でやってきた。
乳首は茶色だった。

…なんて冷静に分析してる場合じゃない。

「お前等!入浴時間終わるぞ!」

「ごまかさないでくださーい!」
またまたナナだ。

裸の女三人に囲まれる俺。こんなのAVしか見たことない。

そうだ、残りの三人のマネージャーは何をしてるんだ?

奴らの裸も見てみたかったが、やはり勃起したチンポを見られたくない方が先だ。

「ほらー、しおりとしらべとユイもきなよー」
またまたまたナナだ。

頼む!来るな!

とにかく、しらべには見られたくない!今思い出すと、しらべは小倉優子に似ていたような気がする。

お父さんのチンポしか見ていないような純粋なしらべには見られるわけにはいかない!

「いいんですかね?」

誰かは覚えてないが、湯槽の一人が言った。

「○○のおちんちん見たいでしょ?」
ちなつだ。神様、俺はもう十分です。許して…。

「見たいですけど…。じゃあ…」

そう言って、また二つ裸が増えた。
裸は五体。

童貞じゃなきゃ堂々と見せるんだろうけど、とにかく俺はタオルを守る。

 

「はやく見せて下さい!」

「先輩早く!時間きちゃいます」

「うるさい!嫌だ!」

もう覚えていないが、多分こんなやり取りを数分繰り返していた。

そしてついに、運命の一人に手がかかる…

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/11/05(土) 18:31:49 ID:I4NTA0MjE

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報