2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

夏祭りの夜に目醒めた性癖 そして気付かなかった妻の性癖

この記事の所要時間: 100

 これは去年の夏、祭りの夜に起きた出来事です。私たちは、私 34歳 妻(昌子)30歳 息子7歳 娘 6歳の4人家族です。

妻は身長147cmと非常に小柄で、顔も幼く見え、おっぱいもちっちゃく、はっきり言って幼児体形です。

ただ周りからは、若いよねぇ 可愛いよねぇ と言われるので、私としては少し鼻が高い思いです。

そんな妻は、若い頃からミニスカートが好きで、家でも毎日履いています。

そして下着は一度履いたらやみつきなったと言い、Tバックのパンティを好んで履いているのですが、お股のガードがとても緩いので困ったもんです。

外出をすれば、もちろんの如くパンチラサービスは当たり前です。

おそらく盗撮もされまくっている事でしょう…

 

 そんな私たちに事件が起きたのは、八月中旬に花火大会のある夏祭りの夜でした。夕方18時 まだ辺りは明るく、祭りへ向かう家族連れで賑わっていました。

妻は子供たち二人の手をにぎり、ゆっくりゆっくりと歩いています。

小柄な妻なので、後ろから見てるとまるで小学生が三人で歩いてるようです。

妻の今日の服装は、ノースリーブの白いワンピースです。

スカート丈はもちろん短く、生地も薄いのでピンクのブラとパンティははっきりと透けて見て取れます。

パンティの方は妻が少し屈めばTバックだと認識できるくらいでしょう今日は何人の男達にパンチラサービスをしてやるんだろう…そんな事を思っていました。

 

 そんな三人を後ろから微笑ましく眺めながら、私たちは出店の並ぶ通りへと差し掛かりました。そして子供たちのテンションがMAXに、それにつられて妻もハイテンションになり、三人であれ買おうこれ買おうとハシャギまくってます。

三人はカキ氷を買い、食べながらテクテクと歩き、私はビールでも飲みたいなぁと思い、辺りを見渡しました。

子供たちが金魚すくいがしたいと言うので、それを妻に任せて私はビールを買いに行きました。

つまみに串焼きを買い、戻ってくると キャッキャ キャッキャと三人で騒ぎながら金魚を追っています。

 

 妻たちの周りは少し混んでいたので私は妻たちの斜め向かい側の少し離れた所からそれを眺めていました。けっこう盛り上がっているようで、テキ屋のオヤジも子供たちに頑張れ頑張れと声をかけてくれてます。

オヤジは見た目、四十後半から五十前半くらいでしょうか。

私は空いていたベンチに腰を掛け、ビールを飲みながら妻たちを見ると、だいぶ人だかりも掃けてきて、三人をはっきりと視界にとらえる事が出来ました。

そして私は思わず あ”っ~~ と声を上げてしまいました。

妻の悪いクセが…妻は子供たちと一緒に、金魚すくいに夢中になっていて、お股を思いっきり開いちゃっているのです。

それは妻を中心にして三人ともウンコ座り…もう完全にM字開脚です。

私の位置からでもはっきりとパンティが見えるのです。

なので目の前にいるテキ屋のオヤジには、そりゃあもう絶景でしょう…そして私は見ました。テキ屋のオヤジが舌舐めずりをした後、ゴクッ ゴクッ と二度生唾を飲み込むのを…おいおい。

サービスしすぎだろ!いいかげん気付けよ~と内心思いながらも、ちょっと興奮している自分がいるのです。

 

 オヤジは完全にガン見状態です。そりゃあそうでしょう…妻の今日のパンティはかなりエグいピンクのTバック!アレだけM字に開いているんです。

かなり股間に食い込んでいるでしょうし、マ○コのビラビラもハミ出ているに違いありません。

オヤジは再び生唾をゴックンゴックンと飲み込み、なんかポケットに手を突っ込みシコシコと手を動かしてるじゃありませんか!私はもういいかげんにと思い、腰を上げたとき息子が あっ!おばあちゃんっと声を上げました。

近くに住む私の母が合流したのです。

ナイスお袋っ~と思い、上げかけた腰を再びベンチへ戻しました。

妻たちは私がここにいるのに気付いておらず、妻はスマホから私に電話をかけてきて妻は、もしもしぃ~どこにいるの~ ?

私は今、近くでビール飲んでるよと伝えました。

妻は、もうすぐ花火の時間だから合流しようよと言ってきました。

そして、河川敷は混んでいるだろうから去年同様、神社の隣の公園でという事になり、後に合流しようと決めたのです。

 

 それから10分くらいくつろぎながら残っていたビールを飲み干し串焼きを口に頬張り、合流場所へと移動しようとしました。

ふと見ると、金魚すくいのオヤジが若い茶髪の兄ちゃんに代わっていました。

私は、なんだ?オヤジ休憩か?と思いました。

そして合流場所に着くと、お袋と子供たちがいます。妻の昌子がいません。

私はお袋に、昌子は?と聞きました。

お袋は、なんか飲み物買いに行ったよと言いました。

私は、ああ そうと言い、妻が帰って来るのを待ってました。

妻は財布だけ持って、バッグごとスマホを置いて行っているようで、連絡がとれません。そして私が合流してから15分くらい経つのに妻は帰ってきません。

なんか嫌な予感がします。

 

 私はふと、あの金魚すくいのテキ屋のオヤジもいなくなっていたのがすごく気になり、妻をさがしに行きました。

いろいろと歩き回り、少し離れた人気の無い場所に自販機が5台並んでる所があります。

よく見ると端っこの方に人影が…小柄で白いワンピースを着た女性。妻です。

そしてよく見ると人影がもうひとつテキ屋のオヤジです。

おい!マジか!?オヤジは妻の背後にぴったりと密着し、自分の股間を妻のお尻にグリグリと押し付けています。

さらにオヤジの両手は、ノースリーブのワンピースの脇から手を突っ込み、妻の小ぶりのおっぱいを揉んでいるのです。

その時、妻の膝から力が抜けたようにカクッとなったように見えました。

オヤジに見つけられてしまったようです。

妻は乳首が性感帯なのです。

舐められたり指でコリコリされたりすると、そりゃもうよがりまくります。

 

 オヤジは妻の耳もとで何かつぶやいています。何を言っているかは分かりませんが妻の腰に手を廻し、半ば強引に何処かへ連れて行こうとしています。

さすがに私も怒りに湧きました。

しかし、その怒りよりも更に大きくとてつもないスピードで脳天を突き抜けたモノがあります。

それは、興奮です。

自分でも、おいおいなんだこの気持は?ここで行かなきゃ妻は確実に犯される!なのに、この状況に異様なほどの興奮状態に陥っているのです。

それはもう性的興奮と言っていいでしょう。

心臓がもの凄くバクバクし、鼻息も荒く、私の下半身も反応しているのです。

 

 オヤジは妻を少し離れた所にある、コインパーキングへ連れて行きました。そして一番奥に停めてあるワンボックスの車両と壁際の隙間へと妻を引きずり込み、そのまま唇を奪いました。

オヤジは舌をねじ込ませ、妻と長いディープキスを堪能しています。

私は妻たちとは反対側の車両の陰にかくれ、それを眺めていました。

その後オヤジは妻を壁に手をつかせ少し足を開かせてお尻を突き出させる様な格好にしました。

ワンピースの裾をめくり上げ、妻のお尻に顔を埋める様な形でTバックのパンティ越しにオマ○コの匂いを嗅いでいるのです。

妻はやめて下さい… 恥ずかしいです…と言います。

でもオヤジはお構いなく、

ん~~スケベな匂いがするなぁ~奥さんよぉ~♪あんたもスケベな女だよなぁ♪俺の前であんなにお股開いちゃってよぉ~♪俺が見てたの気付いてたんだよな?目が合ったもんな!?普通ならそれで隠すのによぉさらに開いて俺の方に向けてくれたもんな!?びっくりだぜ!だから俺は遠慮なくガン見してやったぜ!あんたのこのスケベなパンティをよぉ~♪俺に見られて感じてたろ~?股間にやらしいシミが広がってったもんな~♪

 

 私はオヤジの言葉にショックを受けました。えっ!? ウソだろ!?妻はわざと見せてた?私は今まで、それは妻の悪いクセだと思って来ました。

それがどうでしょう?妻が見られて楽しんでたと言うのです。

じゃあこれまでもずっと、あいつは男たちにわざと見せつけ、それを楽しんでいたのでしょうか?でもオヤジの言葉には納得させられます。

あれだけ目の前で足を開き、しかもあれだけガン見されて気づかない訳がありません。

見せつけてた… 自らオヤジに…

妻にそんな性癖があっただなんて…私は今まで妻の何を見て来たのでしょう。

改めて気づかされた妻の癖と、新たに目醒めたであろう私の寝取られ癖に興奮が最高潮に達し、私のチンコはフル勃起状態です。

 

 オヤジは更に妻のお尻に顔を埋め込み、すぅ~~は~~ すぅ~~は~~とオ○ンコの匂いを嗅いでいます。

奥さんよぉ~俺はまだ匂い嗅いでるだけだせぇ!何にもしてねぇのになんでパンティがどんどん濡れてくるんだぁ~?ほんっっと奥さんスケベだなぁ

そんなことありません…お願いです…もうやめて下さい…

妻は、か細い声でいいますがオヤジは

そんなこと言っちゃってよぉ~やめていいのかぁ?あんた俺のこと誘ってたんだろ?こうなるの期待してたんだろ!そうだよなぁ~体は正直だもんなぁ~

 

 私はそんなはずはない!妻がお前なんかを誘う訳がないだろうと思いながらも、犯されかけてる妻を見てると、心なしか妻は、オヤジが匂いを嗅ぎやすいようにお尻をクイッと突き出し、足の幅もさっきより広めにスタンスを取っているようにも見受けらます。

まさか… そんな… あいつ…私はそんな妻の姿に興奮が抑え切れずチンコを出し擦り始めました。

オヤジは妻に、俺はよぉ!ずっとあんたのこと狙ってたんだよ!店を若えのに任してよぉ~ずっと後をつけてたんだよ!ひとりになってくれてありがとな!こんなスケベなマ○コはよぉ~俺がたっぷり可愛がってやっからよぉ~

と言い、ほれっっっ~~と妻のパンティを膝のあたりまで一気にずり下ろしました。

オヤジは妻のマ○コをじっくり見ながら、キレイなマ○コだなぁ おい!ほとんどツルツルじゃねぇか~見た目もスケベだねぇ~へっへっへっ~~

そうなんです。妻は陰毛がひじょうに薄く、ほぼパイパンなのです。

そんな妻のマ○コをオヤジはビチャビチャ ビチャビチャとやらしい音をたて舐め始めました。

妻は唇を噛み、声が出るのを必死に堪えています。

 

 さらにオヤジは、じゅるっ じゅるっじゅるるるぅ~~ っと卑猥な音を立てながら妻のマン汁をすすっています。

スケベなお汁がいっぱい出てくるなぁ奥さんよ~

妻もこれにはもう耐え切れずんっ んんっ~~ いやっんん~あっ あんっ~~、と小さくではありますが、声が漏れ出してきました。

それを聞いたオヤジは…

いいね いいねぇ~その気んなってきたなぁ おい!

そう言い、オヤジはズボンのベルトを外し始めました。

そしてズボンとパンツを一気に膝まで脱ぎながら立ち上がりました。

 

 そこに現れたオヤジの肉棒はビンビンに反り返り、私の位置からでもカリがはっきりとわかるほどのモノでした。

正直立派です。

私のよりデカい!あれで今から妻が突かれる…感服です。

もしかしたら妻の心まで持って行かれるかも…でも見たい…妻が犯されるところを…私の心に今はっきりとその思いが芽生え、この寝取られ癖は本物だと思った瞬間でした。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/08/20(土) 13:35:58 ID:M4NTUyNTg

    クロッチって表現が気持ち悪い

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報