2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

夫婦の営みを妻と愉しむあまり毎晩求めてしまう愛妻家の苦悩

この記事の所要時間: 236

私は32歳、結婚して8年の妻は35歳です。

大学を卒業して3ヶ月位した時、職場の先輩に誘われて参加した合コンで妻と知り合いました。

可愛い女性が多くて、キャピキャピと学生時代の合コンと変わらないノリの中、みんなに遠慮しているのか

物静かでとても綺麗な人なのに人気薄だった詩織という女性にお近付きさせていただきました。

 

話がとても噛み合って、フィーリングも好印象だったので、連絡先をゲットして後日二人で会いました。

その時、3歳年上と知ったのです。

 

3歳くらい年下だと思っていた私は、詩織の前でおもむろに驚いてしまい、

「あの・・・26歳だって知らなかったのですか・・・そうですか・・・」

少し俯きました。

 

上手く説明できませんが、詩織はロリっぽい童顔が可愛いのではなく、美人なんですが若々しい顔立ちなんです。

合コンの時、他のみんなは詩織の年齢を知っていて、若い女の子にばかり群がっていたのでした。

年上と知っても、私は詩織の大人しく控えめな性格と見た目の綺麗さに交際を申し込んだのです。

 

交際3ヶ月でホテルに誘うことに成功しました。

さすがに処女ではありませんでしたが、グラマーではありませんがスレンダー過ぎるわけでもない美しいスタイルでした。

見た目は若いですが、26歳ですから恥じらいながらもベッドでの所作は心得ていて、クンニに喘いだあとはお返しに丁寧なフェラをしてくれました。

 

「はあーーーん・・・はうん・・・・・」

交われば、見た目を裏切る26歳の女性の色っぽさが味わえました。

少し遠慮がちで淑やかな反応に、詩織をもっと感じさせて淫らな反応を見たくなって、詩織のアクメ最優先の交わりが気に入ってもらえたのか、プロポーズを即受けてもらいました。

3歳年上と言ったらあまりいい顔をしなかった両親も、若々しくて美しい詩織を見たらあんぐりと口をあけて驚いていました。

 

結婚したら毎日励みました。休日は朝晩でした。

美しい詩織を淫らに喘がせるのが楽しみでした。

二度の出産を経て、気が付けば32歳、詩織は35歳になり、私たちは父と母の顔も持つようになりました。

 

しかし、子供たちの目を盗んでと言うと悪いことをしているようですが、今でもまだ毎日のように詩織を抱きます。

詩織は嫌がらず応じてくれます(生理の時は拒まれます)が、最近、35歳の女性に毎日セックスをさせても大丈夫なのか、体が持つのか心配になってきました。

詩織は昔のように遠慮がちではなく、美しい顔を歪ませ、かなり淫らに夫婦の営みを愉しむようになりましたので、年齢からも毎日はきついのではないかと考え始めたのです。

でも、詩織より3歳若い私はまだまだ性欲が衰えません。

 

私は異常なのでしょうか?単なるスキモノなのでしょうか?

35歳の女性に毎日させるのはやめたほうがいいでしょうか?

 閲覧回数:31,368 PV
 評価:12345 3.64 (22 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報