2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

筆下ろし決死隊

この記事の所要時間: 550

【投稿者名】雨男  【性別】男性 :2016/02/26 04:14:24

 

僕が23歳の夏の話です。

就職の為、田舎から福岡市に住むことになり、友達もでき、仕事も慣れ始めた頃。

僕には大きな悩みがありました。

彼女ができたことがなく、経験も、もちろんありませんでした。

 

友達にはからかわれ、挙げ句の果てには親身になって道を教えた、赤の他人のチャラい奴にまでバカにされる始末。

つくづくうんざりして、日増しに鬱憤がたまっていきました。

その頃から私は危ない思想に取りつかれ、出会い系サイトを漁る日々が続きました。

そのほとんどがさくらで、お金を巻き上げようとする実在しないものばかりでした。

 

そんなある日、女の子が実在するかどうかもわからない出会い系サイトで『みゆき』を名乗る女性とメールをしていました。

お互い写メを交換した頃。

『ホテル代、別の三枚で』と意味深なメールがありました。

福岡市の某地下鉄の駅で待ち合わせることになりました。胸が高鳴りました。

 

友達から車を借り向かいました。

地下鉄の出口はいろいろあり、昼下がりで人もいません。一人の女性がいました。

黒いハンドバックと白いブラウスが目印だったのですが、女性が一人しかおらず、すぐにわかりました。

僕はまず本当に居たことに驚きました。

 

ショートカットで少し丸顔で目がくりっとしていて、笑うと八重歯が見えました。

体型は細すぎずかといって太くもなく、胸の存在感が大きくどうしても目が胸にいってしまいます。

写メで見るよりもきれいでした。

 

「はじめまして、じゃあ早速行きましょう」

挨拶もそこそこに車に乗り込みました。

 

「お金、無いでしょうホテルに行こうか」

彼女は29歳で、僕はメールのやり取りであらかじめ童貞であることを伝えていたので、いろいろとリードしてくれました。

僕はラブホテルに入るのも初めてで、いろいろと見とれていると「もう、早く行くよー」と言われ、すっかり打ち解けていました。

しかし、私は一つ引っ掛かっていることがありました。

 

車を運転しているときに言われた「旦那が帰ってくるから5時までね。」

会うまで旦那さんがいることを知りませんでした。

彼女は悪びれた様子もなく言って無く「言って無かったっけ?」と言い、新婚であることアパレル関係の仕事をしていたが、お金が欲しいから出会い系をしていることを教えてくれました。

夫婦仲は良いとのことです。

 

僕は完全に思考が止まっていました。

倫理観も若い性欲の前では儚く、後には引けないと自分に言い分けをしていました。

相変わらず、目はチラチラと胸を見ていました。時刻は3時でした。

 

ホテルでは彼女がお風呂のお湯を溜め、二人でベッドに腰掛けました。

僕が服を脱ごうとすると「待って」と言われ、彼女が僕の服を脱がしてくれました。

彼女は少し興奮している様で、頬が少し赤らんでいました。

僕は全て脱がされ、僕も我慢出来ませんでした。

 

彼女はおもむろにブラウスを脱ぎ、スカートを脱ぎ下着姿になりました。

下着は淡い紫色で益々、胸がその存在感を強調していました。

彼女はそっと見られていることを楽しむように、少し焦らすようにブラを外しました。

 

待ちに待った乳首が眼前に姿を現しました。

乳首は胸の大きさにひけをとらない、肉欲的な赤ですでに突起していました。

僕はすぐにでもむしゃぶりつきたい衝動を抑え、恐る恐る胸に手を伸ばすと、彼女が私の手を取り自分の胸に引き寄せました。

初めてSEXを前提として触る胸は温かく、まるでお湯の入った水風船のようでした。

 

「どう?私のおっぱい気持ちいい?」

「はい、最高です。」

 

そして、彼女は少し恥ずかしそうにパンツを脱ぎました。

陰毛は濃く、その合間から覗かせる陰部は赤々としており、とても柔らかそうでした。

お互いにキスをし、僕は慣れていなくて最初はコツコツと歯が当たってしまいました。

 

彼女は微笑んで僕の頭を引き寄せると、口腔内に舌を入れて来ました。

キスも初めてで、ディープキスも初めてでした。

とろけるように柔らかく、キスがこんなにも快感だとは知りませんでした。

気がつけば、お互いに唇を貪るようにキスをしました。

 

「お風呂に行こうか?」と彼女に促され、二人でお風呂に入りました。

お風呂に入ると体を流し、彼女は自分の胸にボディソープをつけ、僕に擦りつけるように僕の体を洗ってくれました。

お互いに泡だらけになったところで、彼女は僕のはち切れそうなほど勃起しているペニスを握り、扱き始めました。

 

僕は情けない声をあげながら「ぅっう、出ちゃうよ」

「良いよ、出しちゃえ!」とお風呂場で射精しました。

 

彼女と湯船に浸かり、僕は彼女を後ろから抱き締めるように入り、ひたすら胸をいじりました。

経験も皆無だった僕は、胸のサイズについて知るよしもないけど、手からはみ出る大きさで少なくともEカップはあったと思います。

湯船では彼女はなされるがままで、時折、乳首を弄ったら押し殺すような喘ぎ声をあげていました。

 

お風呂から上がると、唇を奪い合うようにキスをして、飽きるまでおっぱいにむしゃぶりついていました。

「口でしてあげる」と言われ、仁王立ちになっていると

「いやいや、ベッドに横になって」

僕の知識もAVやエロ本の知識しかないので、だいぶ偏りがありました。

 

ベッドに仰向けになると、彼女は僕のペニスを咥え込みました。

その際にゴムも付けてなく、そのままの状態です。

フェラも初めてだったので、こんな時、どうして良いのかわかりませんでした。

時折、彼女と目が合いますが少し気まずく、とっも恥ずかしかったです。

 

そのうち、あまりの気持ちよさに何も考えられなくなってきました。

でも、不安が襲います。(どうしよう、出る)

 

「やばい、出る出る、出ちゃうよ、口から出して」

 

彼女は僕のペニスをくわえこみ離そうとしませんでした。

二度目の射精は彼女の口の中でしました。

 

彼女は僕の精液を口から掌に出し、私の体に塗りつけると

「そろそろ、本番しようか?」

とうとう、この時がやって来ました。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報