2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

学生時代から付き合って結婚した妻との性生活に生じたアブノーマルな変化

この記事の所要時間: 225

妻とは同級生で、学生時代から付き合って結婚した。

お互いが始めてで、18歳時に初体験。

以後、会うたびにセックスしていた。

付き合って5年後に結婚。

結婚後も性生活は盛んだったが、ノーマルなセックスだった。

 

一人目の子供が生まれてから、マンネリ解消のためにバイブを使ったり、アナルセックスも楽しんだ。

二人目の子供が生まれてからは、性生活の頻度は減っていった。

 

二人の子供が就職と進学の為に手から離れて、家には妻と二人っきりになった。

二人っきりになると性生活がまた少し増えたが、ノーマルなセックス。

ただ、ここから妻が変な方向に・・・

 

二人で並んでTVを見たりしていると、俺のチンポを触り出し遊びだす。

しまいにはズボンもパンツも脱がし、俺は下半身裸状態。そして触り、握ったりする。

 

当然、勃起してしまい妻を触ろうとするが拒否する。

許してもらえるのは服の上からオッパイを無んだり、乳首を摘んだりするくらい。

脱がそうとしたり、下半身を触ろうとすると拒否られる。

 

何時間もTVなどを観ながら俺のチンポを触り続け、たまに俺の膝枕で寝転びながらチンポや玉を舐める。

先から出てくる我慢汁を舐めながらTVを観たり、スマホでゲームをする。

その場でセックスをしないので、寝る前にするのかと思えば、勝手に寝てしまう。

 

そんなことを毎日続ける。

一、二週間に1回くらいはセックスをするが、ノーマルなセックス。

妻は感じやすく、すごく濡れるため、すぐにいってしまう。

俺がいくまでに自分は二、三回はいく。

 

ほぼ毎日、俺は帰宅すると下半身を裸にされて、寝るまで妻にチンポを触られたり、舐め続けられながら過ごす。

どうしてそんなことをするのかと聞くと、「パパのオチンチンが好きだから」と言う。

なんで、俺が触ったりセックスするのを拒むのか聞くと「疲れるから、次の日の仕事が辛くなるから」と言う。

 

そんな生活が1年続いてる。

365日、妻が俺のチンポを触ったり舐めたりするのを休んだことはない。

俺が射精するのは妻とセックスする時以外に、妻が「精子を飲みたいから出して」と言う時ぐらい。

年に数える程度だ。

 

だいたい、いつもは射精できるほど激しく触ったりフェラはしてくれない。

おかげで、我慢汁が沢山出るようになってしまった。

妻は我慢汁は好きらしく、常に舐め吸ってくれる。

我慢汁が出るほどに、俺が感じてくれてるんだなと思うから嬉しいらしい。

 

これからも俺は、毎日妻にチンポを触られ舐められる毎日を過ごして行くだろう。

 閲覧回数:35,048 PV
 評価:12345 4.80 (5 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報