2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

異性として意識した先生と恋仲になるためにエッチなアプローチをかけた時のヒミツの合図

この記事の所要時間: 455

キッカケは中学生の時、先生って特別に意識しちゃう存在だった。

特に若い先生って、皆のアイドル的な存在で・・・。

私はマセてたのもあって、その内の一人の先生にアピール作戦を始めました。

 

まずは手紙。

先生の職員室の机の上に
「私の事、知ってる?」

「今日、先生のために新しいパンティ、穿いてきたよ」

「髪、切ってきたんだね」

「明日、青のネクタイしてきてね」

などなど・・・

毎日、一言だけの手紙を一月程、置き続けました。

相手から嫌だと思われたら、ストーカー扱いされてもおかしくないよね(笑)

 

次は写真。

やっぱり一日一枚づつ、私の家の周りや私の体の一部、私の好きなもの。最後は先生の車・・・

私の存在に気づいてないと思っていたのに、とうとうその日は来ました。

教室から帰ろうと出た瞬間に、先生と会いました。

「さようなら」

普通を装って通り過ぎようとした時、「ちょっと時間ある?」と肩をたたかれました。

テスト最終日だった事もあり、生徒は殆どいません。

他の先生も、採点で職員室から出てくることはありませんでした。

 

私と先生は、プールの更衣室の入口に立っていました。

「これ、全部○○さんがくれたんだろ?」と、手紙や写真を広げました。

「・・・」

私は少し沈黙しましたが「私の事、気づいてました?」と尋ねました。

「○○さんはモーションかけるのがうまいんだね」と私の髪を触ると、そのままキスされました。大人のキスです。

私は正直、驚いて先生を突き放そうとしました。

「先生、こんなんじゃ・・・」

「この手紙なんかのせいで、俺は彼女と別れたんだよ。でも、いいんだ。○○が慰めてくれるだろ?」

私は呆然としました。

でも、少しうれしいのと恥ずかしいのがミックスされて、「遊びだと思わなかったんですか?」と聞くと、

「気になる生徒が自分を気にしてくれてたから、うれしくないワケないだろう?」と抱きしめてきました。

「でも、これは学校には内緒ナ」と囁いて、私は生徒から彼女になりました。

この日は、それで終わりました。

 

先生もキス以上はしばらく求めてきませんでした。

もちろん、その後の話もあります。

私が2年生になった日に、いつものように先生がヒミツの合図をくれました。

担任ではなかったので、私の教室の柱にチョークでマークをつけるのです。

早速、放課後になると先生のもとへ走りました。

いつもキスから始まります。

ところが、その日はそれ以上となりました。

 

先生の手が私の胸をさわり出したんです。

私は少し驚いて先生と目を合わせました。

「もうお前の写真はぼろぼろだよ。お前を見るたび、お前の裸を想像して・・・情けないだろ?」

「先生、私、もう大人だよ。先生が欲しい」

やっと、私の欲求がみたされようとしていました。

先生の手は大きくて、私のおっぱいはすっぽりと納まってしまいました。

「ちっちゃくてごめんね」

私が照れると「俺が大きくしてあげれるよ」とペロペロ舐められました。

初めての快感に私は震えていましたが、あそこが熱くなっていたのに気づいてうつむくと、今度は先生の手があそこに移っていきました。

「あ!」ビクっとして思わず声が出ると、

「俺も同じなんだよ」と私の手をズボンの中に持って行きました。

初めて触る男の性器に、私は真っ赤になっていました。

先生のも熱くて固くて私はどうすればいいか分からず、ただうつむいていました。

 

先生の手は、とうとうパンティの中に入ってきて、私のあそこの割れ目を指でなぞっていました。

熱いから濡れるに変わった時、とうとうパンティを取られてしまい、今度は舌であそこを舐めてきました。

「先生、汚いよ。やめて・・・」

余りの恥ずかしさに私は手で隠そうとしましたが、「処女なのに汚くなんかあるもんか。きれいじゃんかよ」と、一番敏感なところをより一層舐められました。

「あ~。私、どうにかなっちゃうよ、先生!」

そして、先生はズボンを下ろし、熱くなったものを私に当ててきました。

 

「とうとう来るんだ!」

私は覚悟を決めて、受け入れようとしました。

でも、思った以上に痛くて「先生、痛い!痛い!」と半泣きになってしまったのです。

でも、息を吸った瞬間、全部入ってきました。

「あ~、○○・・・いいよ。すごいイイ!」と少し、入った事に快感を得た先生は

「○○もすぐに良くなるから。がんばったね」と上下に腰を動かしはじめました。

まだ痺れがあったものの、だんだん快感になってきて、私も呼吸が荒くなってきました。

パンパンと肌の打ち合う音と先生の息遣いが響いて、私は頭の中がぼーっとしてきました。

「いくぞ!」

 

先生の声で我に返り、先生は私の中に放ちました。

ぼんやりしていた時、ふと現実に気づいて「やだ。先生、中に出しちゃったの?どうしよう?」と後で、あわてちゃいました。

結局、妊娠はしませんでしたが。

その後、出血した血が先生のシャツについて、またまたあわてちゃいました。

その後も、ヒミツの合図があるたびに私達は遊びを重ねて、私が高校3年になるまで続きました。

そして、彼が結婚して単身赴任で一人暮らしを始めた頃に、私はまた彼を訪ねて、今があります。

 

先生は37歳、私は26歳。

今の私の年が、私が彼にアプローチを始めた年になりました。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/08/08(月) 02:43:55 ID:MwMDEwMjM

    え、先生のこと遊びだったんですか?

    なんでその先生結婚したんですか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報