2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

中学時代の恋心と職場で再会した時の下心

この記事の所要時間: 100

就職して2年目の24歳の9月、私の職場にアルバイトの女性がやってきました。

「南田加奈です。1ヶ月だけですがよろしくお願いします。」

どこかで聞いたような名前だなと思って顔をあげると、ポニーテールが可愛らしい女の子で・・・あっ!何だかな!

中学2年と3年の2年間、同じクラスだった女の子でした。

 

南田加奈、当然「ミナミダカナ」ですが、あだ名は「ナンダカナ」と呼ばれてました。

「何だかな~」とからかわれても、朗らかに受け流す明るい性格のいい子でした。

笑うとエクボが可愛いくて、私は、ほのかな恋心を抱いていたことを懐かしく思い出しました。

クラスには加奈よりも可愛い子がいましたし、みんなが憧れた美少女も他のクラスにいましたが、加奈の素朴な可愛さの方が好きでした。

中学卒業後8年ぶりでしたが、素朴な可愛さとエクボが幼く見えて、当時と変わらぬ笑顔でした。

昼休み、
「マサカズ君ですよね。私、何だかな~・・・」

「ああ、久しぶり。しかし、お前、変わらないな。24歳には見えないぞ。」

私達は週末は飲みに行ったり、旧交を温めていました。

 

そして1ヵ月後、
「短い間でしたが、お世話になりました。」

加奈が短期アルバイトを終えて職場を去りました。

私は加奈を追いかけて、
「このまま別れがたいんだけどさ、その、また、会えるかな?」

加奈はニッコリ笑って、
「うん。」

私と加奈は急速に接近、毎週末に居酒屋デートをしていました。

 

秋も深まったある日。

居酒屋を出た後、居酒屋の裏手のラブホテルの前で酔った振りして思い切って、
「俺、加奈を抱きたいなあ。」
と言ってみました。

「え?いきなり?・・・何だかな~・・・」

見つめ合って爆笑しながら、私達はホテルの中へ入りました。

シャワーを浴びて、バスローブに身を包んだ加奈は、

「あの・・・一応言っておくけど、私、初めてじゃないからね。」

「そりゃそうだろ。いい年の大人だもんな。」

そう言いながら、加奈のバスローブを肩から落としました。

目に飛び込んできた加奈の裸身は見事なプロポーションで、ツンと上を向いた美乳は意外と大きく、腰もくびれたメリハリのある美味しそうな体をしていました。

今まで付き合った女性の中では最も女性を感じるスタイルでした。

その体と、幼さが残るエクボの可愛いポニーテールがややアンバランスでした。

 

加奈と唇を重ね、うなじを味わい乳首を転がし、股間を覗きました。

非処女宣言の秘裂からは、なるほど若干秘唇がはみ出していました。

秘裂を舌でなぞると甘い吐息とともにゆっくりと秘裂が裂けて秘唇が拡がりました。

肉茎に擦られて発達しかかってうっすら色付いた秘唇の奥は、ピンクの恥穴がポッカリと開いていました。

恥穴を舐めつつ肉豆を剥いて優しく触れるたびに、
「ハアッ・・・ハアッ・・・」
と加奈の息が荒くなりました。

「マサカズ君ごめん!私、我慢できないかもっ!」

いきなり私を押し倒して、私の肉茎に馬乗りになって一気に腰を沈めました。

「ハアア~ン・・・アアッ、アアッ、アアーーーーーー」

目を閉じて半開きの口で、幼さの残る顔に不釣合いに腰をグラインドさせながら喘ぎました。

乗馬するように激しく腰をくねらせると、やがてポニーテールが解けて振り乱した髪が急に加奈を大人びた女の顔に変化させました。

ロデオでもしているかと思うくらいの激しさの後、ガクッと私の上に倒れこみました。

ポニーテールでない加奈は色っぽく見えました。

そして、激しく乱れた姿に加奈の体を通り過ぎた過去の男に嫉妬と対抗心がわきあがりました。

 

荒い息遣いが少し治まった加奈は、私の上から転がり落ちるように仰向けになって、

「ごめんね・・・引いちゃったかなあ・・・」

「いや・・・セックスを思い切り楽しむ姿が普段と違ってエロくて興奮したよ。」

 

「そんな風に言ってくれたの、マサカズ君が初めてだな。みんな、引いちゃうんだよね・・・

初めは頑張って抑えて抱かれてるんだけど、持っても3~4回かな。

付き合って、好きな人に抱かれてるって思うと抑えられないんだよね。

そして、淫乱だって言われて振られちゃう。

だから、マサカズ君には最初からありのままの私を見てもらって・・・

サヨナラなら早いほうが良いから・・・」

 

私は加奈を抱き寄せて、髪を手櫛で撫でながら言いました。

「俺、中学の頃、加奈の事好きだったんだぜ・・・」

「ウソ・・・何だかな~ってからかってたくせに。本当は傷ついてたんだぞ。特にマサカズ君に言われた時は・・・」

加奈の言葉を唇で塞ぎました。

そして、
「加奈・・・俺、まだなんだけど・・・」

「あっ!ごめーん。じゃ、どうぞ。」

仰向けになった加奈は、両膝の内側に腕を入れてガバッと開脚しました。

「おいおい、ストレートだな。」

 

加奈のヒク付く恥穴に肉茎を入れて、先刻加奈が俺に跨って俺の肉茎を折らんばかりにして擦っていた辺りを集中して突きました。

「アン、アン、アアッ、アアッ、アアァーーーーー」

腰を浮かせて乱れる加奈のお腹に勢い良く射精しました。

ブリッジ気味になっていたので、一部の精液が放物線を描いて加奈の頬まで飛びました。

胸からお腹までの精液を拭きながらかなを見ると、頬の精液を指で拭いて見つめ、

「いつか、私の中で出して欲しいって思った・・・」
とボソッと言いました。

 

「じゃあ、俺と結婚するか?」

「バカ、私、汚れた女よ。汚された挙句に淫らになって、好きな男に淫乱だって逃げられて・・・だから、東京から逃げて帰ってきたの。そんな女なのよ。マサカズ君が好きでいてくれたナンダカナじゃないの。」

「俺も大学の4年間、東京にいたけど一度も出会わなかったなあ。俺だって、人妻と寝たりその娘と出来て親子丼になったり、ロクなもんじゃなかったよ。」

 

加奈の初体験は大学2年の10月でした。

相手はバイト先の社会人で、毎週水曜日の定例のデートでホテルで少しずつ開発されて1年後には乱れるようになったそうです。

騎乗位で自分の好きな場所を擦りあげて逝き乱れることを仕込まれて、その男とのセックスに夢中になって、週末も会いたくなって家を探して会いに行ったら、妻と子供がいたのでした。

明るみに出れば加奈も慰謝料払うんだと脅され、手切れ金100万円で別れたそうです。

それから大学4年の時に同学年の男と、就職してから先輩社員と交際するも、体の関係が出来ると次第に快感を求めて我慢が出来なくなり、素朴な可愛さとはかけ離れた激しく逝き乱れる姿にドン引きされて、淫乱のレッテルを貼られた加奈は会社を辞めて故郷に戻ってきたのだった。

「加奈は、結婚する気もないのに俺と付き合っているの?」

「・・・マサカズ君とセックスしてみたかったんだ。結婚なんて考えてないよ。私、既婚者に騙されて淫乱に調教された女だよ。分かってるの?」

加奈は、開発と調教を取り違えていたので、私が教えてやろうと思いました。

 

私は、加奈をM字開脚に縛って肉豆にピンクローター、恥穴にバイブレーターを差込み、スイッチを入れて暫し放置しました。

ビーーン・・・ウィンウィン・・・室内に無機質な響きと、

「ウッ・・・ウグッ・・・ンハア・・・カッ、クワッ、ククウ・・・」

快感に身悶えする加奈の呻きが混ざりました。

加奈の腰は快楽を求めて前後左右に動きましたが、パンティに押されて差し込まれているだけで、何ら外的反力を得られないので、加奈はもどかしさに泣きそうでした。

「マサカズ君、お願い、何でも言うこときくから、中途半端は止めて、気が狂いそうよ・・・くううう・・・」

加奈の縄を解いてやると、バイブやピンクローターを投げ捨てて一目散に私の股間に飛びつきました。

そしてやっぱり馬乗りになって腰を振り、散々焦らされていた快感を一気に享受して逝き乱れました。

「なあ加奈、さっきなんでも言うこと聞くって言ったよなあ。」

「だって・・・あんなことされて恥ずかしいし・・・限界なんだもん。」

「じゃあ、約束どおり、俺の性奴隷妻になってもらおうかな。」

「・・・ワカリマシタ・・・」

 

少しでも結婚資金を貯めると言って、加奈は生協で働き始めました。

約1年後、私達は25歳で結婚しました。

朗らかで明るく素朴な可愛さが私の両親にも気に入られましたし、妹も本当の姉のように慕っています。

実際、妹が彼氏を最初に紹介したのは加奈でした。

子供が生まれて、加奈は俺の実家に入りました。

ただし、その条件として車庫の上に夫婦の寝室を増築してもらいました。

2階の私の部屋のまたその奥に、私の部屋を通らないと入れず私の部屋以外にはどの部屋にも壁が接していない寝室です。

私の両親は何となく察していたようですが、思い切りセックスを楽しむための工夫でした。

同居前、年に何回か実家に泊まった時は私の部屋に寝て加奈を抱いていました。

当然、加奈は逝き乱れ・・・

翌朝、お袋に
「アンタ、加奈さんにどんなことしてるの?昨夜、声が下まで聞こえちゃったわよ。」

親父にも、
「お前、加奈さんに過激なことしてるんじゃないだろうな。あんまりやりすぎるなよ。」
と言われましたが、

当の加奈は、朝からスッキリした顔で活き活きとお袋の家事を手伝っていましたので、あれが夫婦円満の状態だと察したのです。

子供部屋は同じく2階なので、子供達へ聞こえないようにする配慮もありますからね。

 

今年、結婚10年目に入りました。

上の子は今年から小学生ですが、幼稚園に入るとその父兄に同級生が何人もいました。

夫婦で参観日や運動会に出かけると、
「お前、ナンダカナちゃんと結婚したのか!けっこうファンがいたんだぞ。俺もだけど。クソー、羨ましいな。しっかし、ナンダカナちゃんは変わんねーなー。」
と言われて、加奈にほのかな恋心を抱いていたのは私だけではなかった事を知りました。

結局、好きな女の子を苛めたくなる中二病で、みんな「何だかな~」とからかっていたのでした。

加奈も、久しぶりに再会する同級生父兄達にあっけらかんとした素朴な可愛さで、愛想を振りまいていました。

ものすごく可愛いくなくても、ものすごく綺麗でなくても、加奈には不思議な魅力が昔からあったのだと思います。

でもみんな、加奈が私に馬乗りになって逝き乱れる淫乱妻だとは知らないと思います。

 

私は、加奈の体を通り過ぎた男達に全く嫉妬しないわけではありません。

加奈の秘裂も秘唇も肉豆も、舐めたり弄ったりした男がいるのは事実です。

加奈の恥穴の奥にある膜を肉茎で突貫した男が妻子持ちだったことも事実です。

その恥穴だって、その後2人の男に味見程度だけれども使われたのです。

でも私は、あの中学時代に恋心を抱いていた加奈が、今でもほとんど劣化しない素朴なエクボで微笑むことが何よりも嬉しいのです。

そして、私に跨って、私の腕の中で、私の肉茎をとことん味わっていき乱れることもです。

こんな加奈の姿を同級生が見たら口をそろえて言うでしょうね。

 

「何だかな~」

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報