2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

家族風呂でエッチがしたいと出会い系に書き込んでいた30代の女性と即アポした自爆面接

この記事の所要時間: 26

以前、ある出会い系サイトで家族風呂でエッチがしたいと30前半の方の書き込みがあるのを発見!

ちょいと興味があったので返事を書いてみると、速攻返事が帰ってきた。

何通かやりとりし、すぐ逢いたいと言ってきたので某駅で待ち合わせ。

 

私が待っていると、運転席の窓をトントンと叩かれました。

ハッと横を見ると、ジャガー横田がニタッと笑ってこっちを見ているではないですか?

私は断る事も出来ず、助手席に乗せた小心者です。

近くの家族風呂がある温泉に行きました。

 

部屋の中に入ると、風呂桶しかない狭い部屋の横にはジャガー横田の顔しかなく・・・

普通だったら鉄パイプの様に硬くなる私の肉棒も全く反応せず・・・

どうしたもんかと考えていたら、ジャガー横田がいきなり裸になりだし、私の肉棒を触ってきたのです。

「はっ、早く咥えさせてーっ」と1人興奮しだした様子は、まさに修羅場と呼べる出来事でした。

 

私は風呂桶に座り、ジャガー横田は必死にしゃぶっていたが、私の肉棒は中々長くならず・・・

目をつむり色んな事を想像して、やっと勃起状態になった。

ジャガー横田は、私の肉棒を咥えながら自分のあそこを右手で触りまくっていた。

しばらくし、ジャガー横田が「入れてーっ!」と吠えてきた。

 

その部屋はちょいとした庭があり、まだ昼間だったので外は明るく、

顔を見ながら挿入してもすぐしぼんで短くなると思い、後ろからではないとイク事ができないと考えバックから挿入した。

そんなこちらの苦悩も知らず、あへあへとジャガー横田は声を出し感じまくっていた。

私は出す物出して早く帰りたいのに、その締まりの悪さは最悪で中々イク事が出来ず・・・

ガンガン腰を振っていると、ジャガー横田が「前から入れてーっ!」とまたまたとんでもない事を言ってきた。

 

とりあえず体位を変え正上位で挿入したが、ジャガー横田の顔ではますますイク事が出来ず・・・

必死に腰をガンガン振りまくって、やっとこさイク事が出来た。

 

帰り際に、受付のおばちゃんが変な目でこっちを見ていた。

その目は今でもはっきりと覚えています。

ジャガー横田の話はこんなもんだが、世の中こんなブスが割り切りでいるものだなぁーと改めて関心した1日だった。

乱文申し訳ありませんでした。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報