2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

痴漢から助けてくれた男性に恋した私立の女子校生の悪夢

この記事の所要時間: 917

多分、今から私がここに書くことは誰も信じてくれないと思います。

他に言う場所もないし、でも、少し私がここに書くと楽になると思うので、書いていきたいと思います。

10年くらい前の話になります。私が高校1年生になったばかりの頃です。

都内のある私立の女子校に通い始めた私は、入学して1週間も経たない頃から痴漢に遭っていました。

電車で乗る場所を変えても、同じ人が痴漢してくるのです。

 

 ある日、同じように痴漢にささやかな抵抗をしていた時に、後ろにいた男性が痴漢の手を握り、目で相手を制してくれました。

それから、男性はラッシュの中で私を自然と抱き寄せてくれて、私は少し涙が出てしまいました。

男性も私もその電車の終点まで一緒で、降りる時には目礼だけして、そのまま立ち去っていきました。

以来、その男性が乗っている場所に乗る様になりました。

 

 男性は私を常に庇うような姿勢を取ってくれていました。

次第に、私はその男性の事が好きになっていました。

夏服になった頃の事でした。私は半袖のブラウスにベストを着ていました。

その時、男性とは向き合うような感じで電車に揺られていました。

男性のカバンは足元で足で挟む様に置いてあり、それが向き合っていた私の足と足の間にも入ってきました。

私も便乗して、男性のカバンの上に自分のカバンを乗せさせてもらい、私は普通に見て、ちょっと不自然に足を開いた状態で立っていました。

 

 しばらくしてから、私のベストの中に男性の手が入ってきました。

そして、ブラウスのボタンを下から一つずつ外していきました。

ちょうどベストの襟元ギリギリまで外されて、ブラもずらされ、上から見るとおっぱいが見えました。

私はうつむいていたので、男性の手が私のおっぱいや乳首を弄っているのが、丸見えでした。

私は男性のスーツの上着の袖を両手で掴んでいただけで、抵抗はしませんでした。

 

 男性に耳元で囁かれて、上を少し向くと、電車の揺れに合せるように軽くキスをされました。

それが私にとってのファーストキスでした。

私は恥ずかしくなり、男性の手を引いて、男性の胸におでこを付けるような姿勢になっていました。

男性の手が胸から離れて、スカートの裾を持ち上げていくのが見えました。

スカートの中に入ってきた男性の手は足の付け根の辺りからショーツのラインに沿って、指でしばらく撫でられていました。

 

 すごく緊張していて、いつの間にか男性の指がショーツの中に入っていました。

全くそういった経験はそれまでないはずなのに、私は男性が驚くくらい、すごく濡れていました。

それまで痴漢にあっていたと言っても、スカートの上からお尻を触られたりしたくらいで、濡れた事なんかありませんでした。

自分でも驚いてしまい、男性の濡れた指が私の太ももの辺りに触れたりするたびに、恥ずかしくなりました。

 

 それでも、男性が触れれば触れるほど、私から溢れてくるのが、自分でも分かりました。

気持ち良さやくすぐったさ、少しの痛さがあり、私は身動きが出来ませんでした。

男性が私の身なりを直し始めて、ようやく終点が近づいている事を知りました。

何事もなかったかのように、2人ともなるべく振る舞っていました。

いつものように目礼だけして、男性は足早に立ち去っていきました。

 

 翌朝、私は電車を変えたり、乗り場所を変えたりもせず、男性がいる場所へと乗り込みました。

そして、その日から、私は男性に弄られて学校に行くようになりました。

生理の日は男性は私の胸を触ったり、キスをしてきました。私はそれを受け入れていました。

 

 夏休みのある日、私は男性に会いたくなり、部活もやっていなかったのに、制服姿でいつもの電車に乗り込みました。

男性はいましたが、学生が少ない分ラッシュも緩和されていて、私が男性に抱きついているだけで終わってしまいました。

でも、男性は耳元で『わざわざ会いに来たの?』と聞いてくれ、私は彼の胸の中で頷きました。

すると、彼の連絡先を書いた小さなメモを私の手に渡してきました。

その日の夜に、私はドキドキしながら、家の電話から彼に連絡をすると、優しく接してくれて、私は嬉しく思っていました。

 

 彼は二駅離れたところに住む、当時24歳の会社員でした。

夏休みの終盤の頃、父にせがんで念願の携帯電話を持たせてもらう事になり、両親の次に彼に連絡先を教えました。

毎日のように私から連絡し、彼からすぐに折り返してもらうような事が続き、夏休みの最終日に彼は休みを取ってくれて、朝からデートをすることになりました。

 

 彼がドライブに連れて行ってくれることになったのです。

夏休みの宿題を早く終えた事へのご褒美って事でした。

私の家から近くの駐車場があるコンビニで待ち合わせをしました。

私が立ち読みして待っていると、後ろから声を掛けられ、彼の私服もなかなかおしゃれで、私は目がハートになっていたと思います。

『海と山、どっちに行きたい?』と聞かれて、『海』と答えると、彼は車を走らせました。

私の地元を離れてからの信号待ちで、耳元で『会いたかった?』と聞かれて、私は顔を赤くしながら頷きました。

そして、顎を少し持ち上げられて、キスをし、その時初めて彼の舌が私の口の中に入ってくるようなキスをしました。

信号が変わると、『私服も可愛いね』と言ってくれました。

 

 高速に乗って、1時間ほどで海に着きました。

その間、私は恥ずかしくて、緊張したりして、何を話せばいいのか分からず、彼の話すことに相槌しか打てませんでした。

海には、同じ高校生や大学生であろう人たちがまだ来ていて、思っていた以上に混んでいました。

駐車場もやたらと高いので、『目的地少し変更して良い?』と彼に聞かれて、私は頷きました。

 

 そして、少し離れた灯台がある公園へとやってきました。

灯台は上れましたが、意外に長い細い螺旋階段を上がっていくのです。

寂れてて、私たち以外はいませんでした。

私が先に階段を昇り始め、途中で彼に声を掛けられて、振り向くとちょうど顔の高さが同じくらいで、そのままキスされました。

抱きしめられて、灯台の中には私たちの息遣いだけが響いていました。

 

 そして、彼の手が私のお尻を触り始めて、スカートの中に入ってきました。

私は一度彼から顔を上げると、彼はそれを追ってくるようにキスをしてきました。

私も彼のキスを受け入れていると、彼の手が私のショーツの中に入ってきて、お尻を直接触ってきました。

彼は私のショーツをお尻の下辺りまで下して、前から後ろから下半身を愛撫してきました。

 

 久しぶりに愛撫されて、また私は濡れていました。

クチュクチュという音が灯台の中に響いていて、それも私を興奮させたのか、太ももにまで垂れているのが自分でも分かり、恥ずかしくて、一度キスを止めてしまうほどでした。

その間にショーツは膝まで下され、またキスをしながら、愛撫をされていました。

それから彼は一段下がると、私を後ろ向きにして、スカートを捲り上げました。

恥ずかしさ最高潮でしたが、私は彼にお尻を突き出すかのように、階段に手を付いてしまいました。

 

 彼にお尻やお股を舐められながら、ショーツを脱がされました。

お尻の穴も舐められたりして、恥ずかしくて、泣いてしまいました。

彼が謝る様にキスをしてくると、私は彼に抱きついてしまい、危うく2人そろって階段から転げ落ちそうになりました。

上の展望スペースで、私の後ろから抱く様に彼が立っていました。

展望スペースの柵の下では、彼が私のスカートの中に手を入れて、愛撫をしてくれ、私はそれを誤魔化すかのように外を眺めながらも彼を受け入れていました。

 

 ブラウスの裾も出されて、そこから彼の手が入ってきて、ブラをずらされて、おっぱいも愛撫してくれました。

彼は後ろにしゃがみ込み、また私のお尻から小股まで舐めてきましたが、私は柵にしがみつき耐えていました。

彼が『これ見て』と言ってきてので、指を指したところを見ると、展望スペースの床に3,4滴の滴が垂れていました。

それが何か分かると、私は彼の顔を見られず、また柵にしがみつく様に外を眺めていました。

 

 たまに彼にキスをされながら、外でされる愛撫に、少しはまっていました。

その時、下半身が痛くなりました。彼が私に指を入れてきたのです。

『痛い・・』と思わず言ってしまうと、彼は優しい笑みを浮かべて、徐々に慣れてくるよ・・と言ってくれました。

お昼の時間になり、灯台から下りようと階段に来た時に、彼が『ちょっと大丈夫か、見るからここ見せて』と私のお股を指差して、言ってきました。

 

 恥ずかしかったのですが、階段に横向きになり、足を開いて、彼に見てもらいました。

私のショーツは彼のズボンのポケットに入ったままで、私は下着を履かずに下まで降りて、車に乗り込むと、彼はキスをしてきました。

助手席のシートを倒されてしまい・・そして、私の中に再び指を入れてきて、徐々に慣れてくるから・・と言う言葉で私は足を広げて、耐えていました。

しばらくしてから、車が一台駐車場に入ってきて、彼は指を抜いてくれました。

 

 私は助手席でスカートを捲られたままの格好で、放心状態で、車が動き始めました。

お昼は高台にあった少しおしゃれなところでご馳走になりましたが、ショーツを履いていないので、どことなく落ち着きませんでした。

その後、私たちはホテルに入りました。

指を何度か入れられた後、彼のを私は受け入れていました。

一緒にお風呂にも入り、私は男性のモノを初めて口に入れました。

 

 お風呂から出て、着替えようとするところで、また押し倒されて、2回目が始まりました。

愛撫を色んなところで何度もされているせいか、私は挿入も気持ち良くなっていました。

その日、夕飯も一緒に食べて、ちゃんと門限までには帰り、親にも特に怪しまれませんでした。

翌朝、電車の中で再び会うと、私は夏休み前までは一方的に彼に愛撫されていたのに、私の方も彼のをズボンの上から触っていました。

 

 朝は電車で会い、夜は電話で話したり、会いに来てくれたりしました。

朝電車で会う時に、私はわざとショーツを履かずに行ったこともあります。

ページ:

1

2 3
 閲覧回数:15,656 PV
 評価:12345 4.50 (2 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報