2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

安全な避妊の方法として男性器のパイプカットをした病院の看護師と生中出しセックスをした術後確認

この記事の所要時間: 339

子供も二人生まれ、そろそろ打ち止めかな、と考えているとき、友人からパイプカットのことを聞いた。

いろいろな避妊の方法はあるが、ほぼ完全な方法は男性のパイプカット。

安心して、いろいろなセックスを堪能したい。

 

早速、本屋で関連の書籍を購入して研究した。

スキンも薬剤も不要で都合の良い避妊法。

 

懇意にしている医師にも相談をすることにした。

彼は幾人かの医師仲間がパイプカットを終え、副作用など無く優雅にセックスを楽しんでいる、と話してくれた。

友人たちから聞いていた、勃起不全、ガンなどは聞いていないとのことだった。

 

彼はその場で以前市立病院の同僚で泌尿器科・外科を開業している医師に電話で問い合わせてくれた。

すでに、後には引けない。

その場で手術決定。

 

院長には、手術の内容と復活困難との説明を受けたが、手術は行うこととした。

手術は初体験。

女性の前で秘部をさらすのは、妻以外にはなかったので少々恥ずかしかったが、耐えることにしていた。

若い綺麗な看護師さんに促されて裸になり、決められた着衣姿に。

 

そして、まず陰毛剃りを受ける。

慣れているのか黙々と作業をこなしている。

未知の手術への恐怖心から陰茎は萎えていたが、若い看護師さんに触られていたせいか少し勃起し始めていた。

自らはどうにもコントロールできないので、やむをえずそのままにしていた。

看護師さんの「ふふん」というような声が聞こえた。

 

院長は薬品をつけて何度も手を洗い清めている。

その姿をちらちら見ているうちに、私の陰茎も落ち着きを取り戻してきた。

いよいよ手術に入るのか、という恐怖心にかられたのかもしれない。

手術の器具や消毒の薬剤を準備していたもう一人の看護師さんも加わってきた。

いよいよ手術を始めるとの院長の言葉で、私は天井を見て対応することにした。

 

最初の看護師さんが、私の陰茎を押さえつけている。

もう一人の看護師さんが、注射器や器具を院長に渡し、手術が始まった。

 

最初は局所麻酔の注射。

少々痛むが我慢して受ける。

 

そのあと、小さく切開して精嚢につながっている精子輸送のパイプをゆっくりと引き出す作業。

キューンと痛みを覚える。

さっきの注射よりも苦しい感じ。

耐えていた。

 

引き出したパイプを切断する。

左右二度の切断。

そして縫合。

医師の手術は20分ほどで終了。

 

そのあと、看護師さんから術後の注意事項の説明を受ける。

三日間風呂には入らないこと、そのあと自分の手で精液を出すこと。

射精は10回以上すること、二か月間はスキンを使用すること、指定日(一ヵ月半後ぐらい)に抜糸するので来院する、事などを丁寧に教えていただいた。

 

抜糸も無事済み、術後も安定した体調。

手術から二ヵ月後に精液の精子検査をすることになり、日時を指定された。

そのとき、依頼していた性病検査の結果も知らせてくれるという。

 

精液検査の当日はトイレで自分の手で精液を搾り出す。

うまくいった。

 

看護師に手渡して暫くして院長に呼ばれた。

精子は死滅したものも含めて見当たらないという趣旨の説明を受ける。

また、性感染症の検査の結果も知らされた。

感染症は見当たらない、とのこと。

安心した。

妻も婚外セックスをしていなかったようだった。

 

その夜、久しぶりにフルコースのセックスを妻と堪能。

妻も安心して中出しを楽しめるので良いという。

 

妻が一言私に漏らした。

「浮気しやすいね」

と。

 

だが、

「もう他人を妊娠させる心配は無いからいいか」

それを聞いて私も安心した。

 

二人でAV鑑賞等もする仲なので自然にこんな会話になっていた。

その後も、ゆったりとした愛する妻とのセックスは一日おきに続いていた。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報