2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

オバちゃんの閉経マンコが病み付きになった出張先のマッサージでの裏オプション

この記事の所要時間: 535

先週は大阪に仕事で、出張した35歳の男です。

3泊4日でビジネスホテルに泊まったのですが、3日目は流石に疲れて、マッサージの人を頼みました。

翌日は日曜日で、僕は仕事を昨日の夜の接待で終わり、11時ころマッサージの人を呼んだのです。

男性だとばかり思っていたら、年齢は約55歳ぐらいのオバちゃん。

顔は柴田理恵さん風で、眼鏡をかけた人でした。

但し155㎝ぐらいなのに、オッパイが異常にでかく、多分88㎝のDカップぐらいあるのです。

上から屈むと、シャツの間から胸の膨らみが見えて、思わずマッサージ中にチンポが勃起しました。

 

「あらまぁ、こんなに大きくしちゃって~~」と、いきなりペニスのあたりを触ります。

ますます大きくなると「どうにかしたいの?」と聞かれて、「5千円出すから、擦ってくれないか」と頼みました。

「良いわよ」と言いながら、浴衣を脱がせてブリーフを脱がせて、13㎝のチンポを剥き出しにしました。

僕も我慢できずに、洋服の上からオッパイのあたりを、むんずと掴むと「良いわよ、脱いであげるから」とブラを外してくれました。

垂れてはいますが、Dカップと思われる乳房を握らせます。

乳首は興奮して勃起していました。

 

木綿のズロースを脱いで、上から跨ると陰毛が物凄く濃くて、割れ目が見えないほどです。

自分で騎乗位になり、ぐいっとアソコを開いて、物凄く肥厚した大陰唇を広げて、挿入されました。

中は既にドロドロで、前戯なしでもズブズブと入り、膣奥まで一気に入りました。

僕の胸板に手を置いて、ぐいぐいと腰を前後にピストンされると、今にも出そうです。

「生で出してもいいの?」と聞くと「もう更年期で生でもいいわよ」と平気なようです。

 

僕も下から突き上げてやると

「あぁぁぁぁんん、イイワよ~~、イクワ~~イクイクイク~~~~っ」

と直ぐ気持ちよく身体を震わせて、締めるので思わず中の子宮前にドバッと放出しました。

大股を開けて僕に「見なさいよ」と、マンコを全開して、大陰唇に両指を宛がい広げ、まだドロドロと出る精液を指で出させました。

自分のモノなのに何と無く卑猥で、匂いがこんなに酸っぱいとは思いませんでした。

多分、久しぶりのマンコなので、オバちゃんの日ごろの手入れも悪いような気もしました。

 

「ここを擦ってよ」とクリトリスの皮を剥いて、小豆大のモノを触らせてくれました。

段々と大きく膨らみ、ピクピクと蠢きました。

膣の奥まで見せてくれましたが、何せ生まれて初めてマンコの中の奥を見たので、濡れてヌルヌルなうえに蠢くのを見ると、またも勃起し出しました。

「あらまぁ、またする気なんだね」と、チンポをグイッと絞り、亀頭から玉袋までを舐め出します。

肉茎を握り、前後に擦り、舌を使って色々と舐め捲ります。

さっき出したばかりなのに物凄い快感で、今にも射精しそうなんです。

 

「あぁぁぁっ、出そうだよ~~」と叫ぶと「まだこれから良くなるから、我慢しなさい」とオバサンが、熟女の全身を脱いで見せられます。

口で陰茎を含み、右手の中指をお尻の穴に入れて、中の前立腺を突くのです。

もう、堪りません。

「あぁぁぁっ、もうダメだよ~~、イクよ~~~」と叫ぶのに、陰茎の根元をきっちりと握り、射精を拒みます。

10分ぐらいは何もせずに、口づけだけを繰り返していました。

舌が僕の口内をぐるぐると回り、歯の裏側を舐めてくれます。

これも最高の気分で、膣内の温度よりは高くて、お尻の孔の前立腺マッサージと、同じ快感で失神しそうです。

 

性交に年齢なしとは良く言ったもので、女性のサービスで本当に何回でもイケました。

オバちゃんは、「久しぶりなんだよ。7,8年ぶりでこんな魔羅を入れたのわ」と感激しています。

「私をイカセテくれたら、サービスで朝まで何度でも、タダでセックスしてあげるから」

にんまりとされると、思い切り前後に抽送して、子宮口にガンガンと亀頭をぶつけると、

「ああぁぁんん、凄いねぇ~、これじゃイクよ~~、イクイクイクッ」

と身体を震わせて、オルガスムスに達しました。

 

「キミは上手だね、うちの人はもう勃起しないの。だからこうしてSEXするのは、半年振りだよ」

と差し出す5千円を受け取りませんでした。

ソレから5時間ぐらい、本当に精巣には精液が無くなり、チンポが真っ赤に腫れあがり、性交が不可になるまで、何回でも交わりました。

 

翌朝の5時までして、10時にホテルを一緒に出て、近くの喫茶店でモーニングを頂きました。

「また来たら読んでね」と、携帯の番号とメルアドを教えてくれました。

月に最低でも1回は出張するので、これからが楽しみです。

 

名古屋にはソープランドの良いところがあり、以前はそこで妻以外の女性と性交をしてきました。

20代女性ばかりで、矢張り若い肌はピチピチで堪らないのですが、俺とする数時間前にも誰かとしているわけで、幾ら洗っていても、数十分前には他の男のチンポが入っていた訳ですよ。

それと安くは有りませんし、安月給とりの僕にとっては、かなり遊びのお金を使いたくは有りません。

 

ソレを考えると55歳のオバちゃんと、タダマンが出来るのは堪りません。

一応マッサージも5千円でしてくれるし、その後は全裸になり垂れ下がったオッパイを握り、真っ黒の陰毛を掻き分けて、土留め色のマンコに挿入するわけですよ。

物凄い大陰唇で、明太子がふたつに割れているような膨らみ様です。

最初はいきなり陰茎を口に含み、フェラチオしてくれるし、出そうだと言うと、直ぐにマンコを開いて入れてくれます。

タダですから、余り膣を期待してはいけないのですが、それでも55歳とは思えぬほどぐしょぬれで、いきなり亀頭が子宮に届きます。

ぐいぐいと突くと「あぁぁぁんん、気持ちがいいよぉ~~、イキソウダヨ~~」と叫んで、両脚を腰に巻き付けて、恥骨と恥骨を擦りつけてイキ捲ります。

「イイよ~イクよ~、イクイクイクッ」と叫ばれると、こちらも我慢できずに、ドクドクと射精をするのです。

妻とも週一は交わっていますが、最近はこの出張のオバちゃんとのマンコが病み付きになりました。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報