2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

満員電車でサラリーマンのおちんちんがお尻にあたって身体がエッチモードを思い出した痴女

この記事の所要時間: 111

女子高生の頃は、何度かお尻を触られたりしたことはありました。

働き始めてからは無かったのですが、先日寝坊してほぼ満員の電車に乗る羽目になったときのことです。

私の後ろに30歳前後のサラリーマンがいました。

彼は両手で吊革を持っていましたが、二駅位で満員となり嫌でも密着する形になりました。

 

彼は両手で吊革を持っているために、嫌でも腰が私のお尻に当たっていましたが、だんだんと彼のものが大きくなってきたのです。

私の前には大きなバッグを持った人がいて、逃げようにも逃げられず、揺れる度にお尻や割れ目にこすれてきます。

私は、そのうちに何だか感じてきてしまいました。

彼と昨夜久しぶりにエッチしたせいで、身体がエッチモードを思い出していたせいかもしれません。

 

故意に触られているのではないというのが、逆に気を緩ませていたのでしょうか・・

私は、分からない程度に腰を押しつけてそれを楽しんでいました。

彼との昨日の行為を思い出して、あそこが濡れてくるのが分かりました。

布越しのせいか、とても大きく硬く感じてすごく気持ちよかったです。

 

会社についてトイレでオナニーをしてしまいましたが、いつもよりも早くあっという間にいってしまいました。

あんな感じなら、またあってもいいなと思います。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報