2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

JS五年生のスクール水着セックス

この記事の所要時間: 25

【 お名前 】:変態オヤジ
【 年 代 】:40~49歳
【 性 別 】:男性
【 体験談の題名 】:エスあつこ 小*五年生のスクール水着セックス
【 体験談の投稿内容 】:
「あっちゃん、今日はねこれ使って平泳ぎの練習しようね。股を広げてグイグイして。キュッと締め付けるようにね。」
「ほら、あっちゃんのエッチなとこ三箇所もいっぺんに練習してあげる」
俺は後ろに回り背後から、クリトリスとアナルを指で刺激した。

「一二、三ずぶっ一二、三ずぶっ一二、三ずぶっ
タイミング合わせて お尻の穴に指が入ってくのと
交互にね。ほらほらほら、お尻の穴と割れ目の穴交互に動かしてごらん。」
息が徐々に荒くなりは~はー言い始めた。

「ねえ、あっちゃん。もう、コーチのチンポが欲しくなったのかな?」
あっちゃんはニッコリしながらうなずいた。
あっちゃんの顔の前にチンポをさらけ出すと、すぐに口いっぱいに肉棒を頬張って吸い始めた。

「うっあっちゃん偉いね。何も言わなくても吸っちゃてる。そうそう舌の使い方も上手になったね。
もっと、奥まで入れてみようか・・・うううっそうそう」
あっちゃんの小さな口に肉棒の半分までは、どうにか入っている。
「唇でキュッと締め付けて、強く吸いながら抜いてくんだよ。そうそう気持ちいよ。深く入れたり先だけ入れて小刻みに動かして。」

フェラチオの練習をしながらも、あっちゃんは股間に当てたバイブをしっかり動かしていた。
「チュパチュパと音を出して吸えるようになったね。偉いね。頑張ってラストスパート 強く速く動かして」
まるで鳩のように顔を前後に振ってチンポに吸い付いている。
「あっうううっ じゃあ出してあげるね。ほら___

あっちゃんの口の中で肉棒が暴れながら、ドバドバと俺のザーメンが射精された。肉棒が射精するたびに、あっちゃんの顔が大きく上下に動く。
ザーメンをゴクゴク飲みながら、チンポをしゃぶり続けるあっちゃん。
「残ってるぶんは、口の中に貯めておいて、写真撮影するからね」
撮影後、口の中の精液はごっくんさせ、顔には残ったチンポ汁を塗りたくった。

「あっちゃん、今日もエッチなこと練習頑張ったね。
これからも頑張ろうね」
あっちゃんは、コクリとうなずいて微笑んだ。
http://lolitajsjcgirls.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

他サイトの更新情報