2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

同い年のいとこから胸大きくなったアピールされて欲情した結果

この記事の所要時間: 524

初めて関係を持ったのは、俺21(大学3年)、いとこ21(福祉系勤務)の時です。

小さい時から毎年の事なんだけど、うちといとこの家族は、お盆の時期になると、母方の祖父母の家に集まって2~3日過ごす習慣があった。

 

いとこは3人姉妹の長女、俺は一人っ子で、小さい頃はみんなで連れ立って、よく遊んでたりしたんだが、俺らが高校生くらいの頃には、当然のごとく集まりはするけど、一緒に遊ぶとかはしなくなってた。

で、次第にお盆時期になっても集まり自体が悪くなって、いとこが介護の仕事初めてからは、親と休みが合わない事もあって、一人で祖父母の家に来るようになってた。

 

まぁ、そんな感じで俺が大学3年の時も家族とはずらして、いとこが一人で来てたんだ。

俺はいとこと話すのが好きだったんで、その日の夜も、軽くビール飲みながらお話してた。

んで、夜も更けてそろそろ寝ようかって事になる。

寝る場所は1階のクーラーがある和室(祖父母の家は3階建てで祖父母は2階の各々の部屋で寝る)で、そこに並べて布団とタオルケットが敷いてあった。

 

俺もいとこも寝る時、かなりだらしない格好でごろりと横になるんだが、まだ寝入りはしない。

そのまま暗い部屋で横になって、ぐだぐだと会話を続けるんだが、そのうち俺がウトウトして意識が途切れがちになったんだ。

で、返事が聞こえなくなったらいとこが、「寝てるの?」と、ちょい大き目の声で呼びかけたんで、眼を覚ました。

 

「ああ、悪ぃ。ちょいウトウトしてた」って答えると、「眠いの?」と、いとこ。

「いや、そういう訳じゃないんだけどさ」

「ふーん…」

で、数瞬の後…

 

「あたしさ、最近胸大きくなったんだけど」と、唐突にいとこ殿。

(…?)

となって、どう言葉を返していいか解らんようになった俺。

 

で、うまく説明できないんだが、なんだか甘えたいような衝動が芽生えた俺は、「どれどれ~」と言いながら、いとこの胸を両手でむにっと掴んだ。

(確かに大きい、しかもむにむにやってると手が気持ちいい)

揉んでるうちに、欲情もしてきたんだか、俺はパジャマの上から、むにむにやりながら、乳首の位置を探り当てたり、それを摘んだりこねたりするようにしてた。

 

いとこはその間ずっと無言だったんだが、ある程度やってると、「服脱ごうか?」とだけ言ってきた。

もちろん直にさわりたかったし、素直に「うん」と答える俺。

そうすると、いとこはプチプチとパジャマのボタンをはずし、スポーツブラもくいっと上にずらしてくれた。

ちなみにこの間、お互い横になって向かい合ってる状態ね。

 

そして再び、いとこのおっぱいを(暖かいなぁ、柔らかいなぁ、いい匂いするなぁ)とか思いながら、こねくりまわす俺。

そうすると、いとこが「変な触り方…」って。

確かに変だったろう。

俺自身の気持ちも変なもんで、甘えてるような欲情してるような、暖かいのとヤリたいのが、ごちゃ混ぜになった感じで、触り方も気持ちそのままの、変な触り方だった。

 

でもそれを言われて、いとこが気持ちよくなってないって事を悟ると、(それじゃいけない)って思った。

だから、ずりっと体を寄せて、乳首にちゅっと吸いついた。

そのまま軽く胸を揉みつつ、乳首をしゃぶったり、舐めたり、軽く歯を当てたりしてる俺。

いとこは動こうとせず、無抵抗で、やりたいようにやらせてくれてる感じ。

 

引き続き20分くらい(体感でだけど)ちゅぱちゅぱやってたんだが、いとこの吐息やおっぱいの感触にやられて、だんだんヤリたい気持ちの方が勝ってきた。

(よし、もう最後までやろう)と思った俺は、ちゅぱちゅぱやりながら右手をおっぱいから離して、下半身の方に持っていこうとしたんだが、もうパジャマの上からマンコの位置に触れる!って時になって、不意にいとこに手を掴まれた。

 

そして、まさかの「ダメ…」発言。

(え?ここまできてなんで?)の俺。

今さら抑えがきかなくなってる俺は、「ここまできてなんで?」とか、「嘘でしょ?なんでダメなの?」を連発。

 

5分くらい押し問答してたんだが、いとこの方も理由は口にせず「ダメ…」の一点張り。

もうヤリたい気持ちが8割くらいになってる俺は、

「じゃあコレどうしてくれんのさ!?」と、ビンビンにいきり立ったモノを、いとこの顔の前に突き出して見せた。

 

いとこの視線も当然コレに吸いつき、さらに、

「出すもの出さなきゃ収まんないよ、こんなの!」と続ける俺。

しかし、いとこはふいっと顔ごと視線を逸らし…

「自分では…しないの?」と一言。

 

普通、男がこんな風に言われて、どんな感情が湧いてくるか、俺には解らない。

いとこ以外の女に、こんな風に拒絶された事は無かったから。

もし赤の他人、それこそ男女の付き合いでしかなかった人に、こんな事言われたら怒りが湧いたかもしれん。

けど、不思議とそういう、どす黒い感情も、みじめさも湧いてはこなかった。

ただ、うすぼんやりと悲しいような…そんな気分。

 

押し問答する気も失せた俺は、

「わかった。じゃあ、これからするからね?」

と言って、横を向いて寝転がっているいとこの横で、トランクスずらして、ゴシゴシ自家発電を始めた。

いとこも眠ってるわけではないんだが、こちらを見ようとはせず、黙って様子を聞いてる感じ。

 

やがて絶頂が近づき、俺は大量の粘液を手に持ったティッシュの中に吐き出した。

絶頂時の「うっ…くっ…」って声(男性なら解っていただけると思うが)で、多少はこっちを向いてくれるかとも思ったが、まるっきり反応無し。

後始末を終え、ティッシュをゴミ箱に捨てた俺は、「終わったから、寝るね」と横を向きっぱなしのいとこに声をかけてみた。

 

「うん…」とかすかな返事。

(やっぱ起きてるんじゃん)などと思いつつ、そのまま精液の匂い立ち込める部屋でご就寝。

ひとまず放出して落ち着いた俺は、そのまま眠りに落ちた。

ページ:

1

2 3

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報