2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

ギャルをストーキング陵辱レイプして叫び声と喘ぎ声を最高のBGMだと感じる想像力豊かなフィクションレイパー

この記事の所要時間: 559

俺が最も興奮する女はギャルだ。

ギャルを犯すのを想像すると勃起が半端ない。

フィクションだが、ひとつ話しをしよう。

 

ある日、俺はどうしてもギャル系の女とヤりたくなり駅に向かった。

時間は夜20時頃。

実は目につけている子がいる。

この時間、駅から歩いて帰る所を何度か見かけた事があった。

帰り道は把握済みだ。

ある場所に車を停めて、無理やり引きずりこむことにする。

後は待つだけ。

すると、予想通りやってきた。

あいつだ。

 

栗色の茶髪で髪は肩ぐらい。

つけまつげにマスカラたっぷりのギャルメイク。

白のシャツに超ミニスカート。

カーディガンは腰に結んで、紺のハイソックスの上にルーズソックスを重ねている。

ポップ○ィーンやラン○キに必ず出て来そうな典型的なギャルで、かなり気が強そうだ。

レイプ中の抵抗が激しいのは間違いない。

改めて最高の獲物だ。

 

スマホ片手にダラダラ歩きながら自宅へ向かってるようだ。

いつも通りの道を通ってくれよ。

そう思いながら、ひたすらストーキング。

そして、ついにその時が来た。

 

徐々に距離をつめて近づく。

そして後ろから抱きついた。

ギャルが女の子らしい叫び声をあげると同時に、車へ引っぱる。

ワンボックスカーの後ろには汚い毛布を敷いておいた。

俺の汗と精液が染み付いた毛布だ。

ドアを閉めて一呼吸おく。

「何?何?なんなの?」

ギャルが困惑しながら言う。

「ヤらせろ」

「はあ?意味わかんないんですけど」

「セックスだよ」

「絶対無理!意味わかんない」

「すぐ終わる」

「ざけんな!絶対やだかんな!」

逃げよとするギャルの腕を掴み、とにかく押し倒す。

「痛い!やめろ!」

すかさずミニスカの中へ手を入れた。

「マジやめろ!変態!キモいんだよ!」

最高の反応だ。

下着に手をかけ無理やり引っ張る。

ギャルも脱がされまいと必死に引っ張る。

しかし男の力には勝てず、ギャルのパンティを引きずり下ろした。

すぐに覆いかぶさり挿入の態勢に入る。

「やめろ!絶対やだ!離れろ!」

甘ったるい香水の匂いを振るわせながらギャルが絶叫する。

最高だ。

 

当然、濡れてないから入らない。

ローションを掴み、ギャルのあそこにぶっかけた。

もう一度、挿入態勢になる。

しかしギャルも必死だ。

絶対に入れられまいと足を必死に閉じている。

俺はとにかく力任せにこじ開ける。

「やらせろ…!」

「絶対やだ!」

しかし、ついにギャルの守りも崩れ、チンポの先がマンコに触れた。

後は押し込むだけだ。

「絶対入れてやる…」

グイグイ押し込む。

ギャルの抵抗も必死だ。

とにかく腰を押し付ける。

そしてついにギャルのマンコにぶち込んだ。

「ふざけんなーーーー!!!!!」

ギャルが大絶叫した。

 

ギャルの叫び声は最高のBGMだ。

変態男のモノを受け入れまいとキュンキュンに締め付けるマンコ。

しかも温かい。

数回腰を振れば確実に射精だ。

しかしそこは我慢。

もっともっと味わってやる。

「痛い!!変態!離れろ!マジで最悪!」

罵声がより興奮を掻き立てる。

「離れろ……!!」

ギャルは腰を浮かせたり足をバタつかせて、なんとか俺から逃れようと必死だ。

俺は絶対に逃がすまいとギャルの背中に手を回し、ぎゅっと抱きつく。

レイプは正常位に限る。

女の子の顔をしっかり見れるからだ。

 

ギャルの首すじに吸い付く。

キスマークをつけてやる為だ。

「やだぁ!やめろ!気持ち悪い!」

「キスマークだな」

「最低…マジで最低!」

全力で睨みつけるギャル。

目には涙がうっすらと浮かんでいるようだ。

ゆっくりと腰を振って、チンポの出し入れをする。

気持ちよすぎる…!!

射精までしっかり楽しんでやる。

 

「名前は?」

「は?」

「お前の名前だよ。教えろ」

「絶対嫌。」

「言わないと中に出すぞ」

このセリフは本当にゾクゾクする。

「いや!!やめて!中はやめて!!お願い!!」

ギャルの抵抗が激しくなる。

「じゃあ教えろ」

「…」

「早く!」

「○○優里」

苗字も言うなんて優秀なギャルだ。

 

「もういいでしょ?」

「だめだね」

どんどん聞き出してやる。

「優里ちゃん彼氏は?」

「は?関係ないだろ」

生意気な口の聞き方だ。

「携帯どこだ?」

「知らない」

ちょうど学生カバンが近くに落ちている。

手を伸ばして掴み中を確認。

「勝手に見んな!」

無視してメールと履歴をチェック。

「彼氏はいないみたいだな」

「…」

さらに続ける。

 

「優里ちゃん何歳?」

「…」

「何歳?」

「16」

16歳のマンコが味わえるなんて最高だ。

「優里ちゃんかわいいね」

「…」

「気持ちいい?」

「…」

「気持ちいい?」

「こんなの気持ちいいわけねーだろ!!変態!」

マスカラが混じった涙が頬をつたう。

俺の舌で舐めとってやる。

「いやあぁぁ!気持ち悪い!やめろ!!」

本当に口の聞き方が悪いギャルだ。

 

「誰かに電話してよ」

「はぁ?バッカじゃないの!そんなこと出来るかよ!」

「ヤられてるって言ってもいいぞ」

「頭おかしんじゃない?」

「そうだよ。変態だからな」

「最悪…」

「早くやれよ。マジで中に出すぞ」

「それだけはマジでやめてよ!!」

「じゃあやれ」

「やだ…できないよ…」

ポロポロと涙を流しながら睨みつけてくる。

「出すぞ」

「…」

「出すぞ」

「出すなら勝手に出せよ!!!」

今までにない怒りと罵声だ。

その罵声がトリガーとなり、俺のブレインに凄まじい興奮をもたらした。

気付くと俺は、ギャルの首を絞めながらピストンしていた。

チンポは首絞めによる膣の締め付けによって更に硬くなり、強い射精衝動が込み上げてくる。

と同時に、思わず「うっ、あっ!」と声が出るほどの気持ち良い射精感が全身を駆け巡った。

射精中も首を絞めながら余韻に浸っていたせいで、あれだけ生意気だったギャルも気を失っていた。

まるで、不法投棄するかのようにギャルを捨てて帰路についた。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報