2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

曼珠沙華のように真っ赤な恋心とちょっとエッチな気持ちが従妹に芽生えた不思議な信頼関係

この記事の所要時間: 556

墓地に向かう途中、小さな川のほとりを100mくらい歩いた。

そこには無数の曼珠沙華が真っ赤に咲いていた。

従妹の真紀と手を繋いで曼珠沙華に囲まれて歩いた。

盆と正月と春秋の彼岸、年に4回会う真紀ちゃんは2歳年下、俺をお兄ちゃんと呼んで慕っていた。

いつも一緒にお風呂に入り、本家の2階で仲良く寝ていた。

でも、成長するにつれあまり本家に泊まる事はなくなり、会うのは年1回、お盆だけになっていた。

 

俺が東京にある大学へ進学して2年目の秋、真紀から電話があった。

「お兄ちゃん、私、今度○○大学の推薦入試受けるんだ。受験の時、泊めてくれる?」

「ああ、構わないよ。」

その時、付き合っていたOLさんとは専ら彼女のマンションでセックスしていて、俺のボロアパートに来る事はなかった。

もっとも、付き合ってるといっても俺はOLさんの遊び相手、若いセフレに過ぎなかった。

 

俺は真紀の従兄と言う事で信頼があったのか、叔父はよく20歳の男の一人住まいに18歳の女子高生を預けたものだと思った。

久しぶりに見た真紀は清純な乙女だった。

大事な受験生、俺は邪念を振り払って真紀の面倒を見た。

 

「お兄ちゃん、お料理上手ね。」

「明日の朝、早起きして時間通りに試験会場に行けるか予行演習をするから早く寝ろよ。」

6,7年ぶりに真紀と二人で寝た。

コンデンスミルクのような甘い香りがして、なかなか寝付けなかった。

 

○○大学への推薦入学を勝ち取った真紀は、

「早目にアパート決めたいから、お兄ちゃん付き合ってよ。週末行くから泊めてね。」

何件か見て回り、1件のアパートを決めた。俺のアパートより綺麗だった。

保証人に俺の親父の名前を書いて俺のハンコを押してやった。

 

ホッとした真紀は、

「ねえ、お兄ちゃん。久しぶりに一緒にお風呂に入ろうか?」

「バカ。あんな狭い風呂に2人で入れるか!」

「え~、じゃあ、広かったら入るんだ。」

「こ、このー!」

 

キャッキャとじゃれていたが、俺が湯船に浸かっていたら、

「ジャーン!来ちゃった!」

一糸纏わぬ真紀が入ってきて、ザバーンとお湯をかぶった。

体を洗う真紀の裸は、6,7年前と違ってチンポを刺激した。

 

「一緒に入れるかなあ。無理かなあ。お兄ちゃん一度立って。」

「あのなあ、真紀。お兄ちゃんいっぱい勃っちゃったよ。」

「わお!こんなにおっきくなってるチンチン初めて見た。お兄ちゃん私の裸でこうなるんだ。嬉しいなあ。」

 

仰向けで俺に抱かれるのを待つ真紀は、少し線が細いが不健康そうなガリガリではなくていい感じだった。

やっと生えそろったみたいな陰毛を開けば、綺麗な割れ目が笹の葉型にパックリ割れて、桃色のマンコがご開帳した。

優しく舐めると恥らう吐息が漏れた。

「はあ~。お兄ちゃん、恥ずかしいけどキモチいいよ。」

 

ギンギンになったチンポを見て、

「お返しに、女の子はお口でフェラチオってしてあげるんだよね。」

ぎこちない手つきで俺のチンポを咥えた。

可愛い清純娘がいつの間にこんな事を覚えたのか、少しショックだった。

 

亀頭をマンコに添えてゆっくり入れた。

案の定、若干の輪くぐり感を伴った後にズルッと入った。

顔をしかめる真紀に、

「真紀、大丈夫か?」

「んー、やっぱり痛いんだね。でも、お兄ちゃん、精液出すまでしてね。」

 

俺は、可愛い従妹とセックスしている異常性と初めての処女に興奮して、比較的早く射精に達した。

真紀は勢いよく噴出した精液を見つめて、驚いたように目をまん丸にしていた。

「良かった。私、初めては絶対お兄ちゃんとって決めてたんだ。
3月に引っ越してくるけど、もし、お兄ちゃんに彼女がいるんなら、処女あげたから私と付き合ってなんていわないから、安心してね。」

 

翌日、俺を見つめる目つきが明らかに変わっていた真紀だったが、健気な言葉を残して帰って行った。

 

再び真紀を抱いたのは3月末、真紀の部屋だった。

「うーん、まだちょっと痛いなあ。血は出てないみたいだけどね。」

真紀と俺のアパートは、私鉄で5駅離れていた。

俺の方が都心に近いので、家賃の割りにアパートがボロなのだった。

次第に快感を覚えてきた真紀を俺の部屋で抱けば、隣に真紀のヨガリ声が漏れているはずなのだ。

真紀は可愛い女の子だから羨ましがられる優越感には浸れるが、結婚可能な四親等とはいえ親や親戚に内緒の近親者における相姦なので、聞こえる事自体後ろめたかった。

 

「ああ、気持ちいいよお兄ちゃん。ああ、お兄ちゃんのチンチン大好き。」

こんな声を聞かされたら、ただならぬ関係と疑われかねないととても引け目に感じていた。

なので、8割方は真紀の部屋で愛し合っていた。

真紀の部屋には俺の着替えが増えていった。

 

夏休み、盆前までバイトして、旅行しながら帰省した。

旅館や民宿の宿帳には本名を記した。

苗字が同じで俺をお兄ちゃんと呼ぶ二人は血縁者で何となく似てるので兄妹と間違われたが、一々反論しなかった。

だから、真紀のマンコを拡げてクリまで舐めると、部屋の外に聞こえないように必死で声を押し殺して喘いでいた。

でも、チンポを入れられて感じて収縮した膣の中ほどの壁をカリで細かい振動を与えてやると、歯を食いしばって耐えていた真紀の口から、

「あうう、ああ、ううう、うぐっ、くううう…」

耐え切れず、喘ぎ声を漏らしながら快楽に浸っていた。

 

翌朝、朝食の時に他の宿泊客の様子が気になって仕方なかった。

民宿ならオーナー達には部屋に性交渉の痕跡が残るからバレバレだが、真紀の声がどれだけ外に聞こえたのか気になっていた。

涼しげなノースリーブのワンピースを着て、まるで高原の美少女のような真紀に注がれる視線は、

可愛さを観賞しているのか、はたまた昨夜の喘ぎ声の主なのか見定めているのか、自意識が過剰になっていた。

 

故郷へ向かう新幹線、真紀は一駅手前で降りた。

俺はその先の駅が実家だった。

そこで一度離れても、数日後には本家で顔を合わせて仲良く過ごした。

 

「お前達、昔から本当の兄妹のように仲がいいなあ。健斗がいるから安心して真紀を東京に出したんだけどな。」

 

叔父の言葉が胸に突き刺さった。

まさか、真紀が俺に抱かれてヨガッてるとは完全に想定外のようだった。

チラッと真紀を見た。ペロッと舌を出して微笑んでいた。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報