2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

幼馴染のイケメン双子とエッチな話で盛り上がってSEXに発展したJKのお宅訪問

この記事の所要時間: 521

私は、JK2年の玲菜(仮名)です。

隣の家には幼なじみの双子、双子Aと双子B(仮名)がいます。

二人とは家族ぐるみで、よく旅行に行ったりもします。

 

ある休みの日、双子Aと双子Bの家に回覧板を届けにいって、双子Bが出ました。

そのついでに「あがってけば?」と言われて家に入りました。

今日は、二人の親がいないらしく、エッチな話で盛り上がりました。

 

双子A「玲菜ッてSEXしたことあるの?」

私「な、ないよ・・・」

双子B「マジで!?」

私「だって彼氏いないし(泣)」

双子A「玲菜モテそうだから絶対やったことあるかと思った・・・」

私「モテないよ・・・じゃぁ二人はあるの?」

双子A「あるよ」

双子B「当たり前じゃん、高2だよ?今は、二人共彼女いないけど・・・」

2人は、やったことあって当たり前だと思いました。

私から見てもかっこいいし・・・

2人共身長178センチで、150センチの私から見たらとっても大きくて、でも顔は小さいしとにかくメチャかっこいいです。

 

私「そぅなんだ・・・」

双子A「でもオナニ~はしてるやろ?」

私「ま、まぁ・・・(恥)」

双子B「玲菜も意外とエロいな」

私「仕方ないじゃん・・・」

双子A「ここでやってみてよ。俺、お前がオナッてるの見たい」

私「やだよ・・・恥ずかしいじゃん・・・」

双子B「大丈夫だよ、二人しかいないじゃん」

私「無理!!!!絶対」

双子A「お願い」

双子B「じゃぁ犯すよ?」

そんなわけが分からない話あると思います?

 

私「なんでそうなるの?」

双子B「可愛いから」と言って、双子Bに押し倒されました。

男の力に勝てるわけもなく、やられるがままでした。

双子Aに上に着てた服を脱ぎとられ、下着だけに・・・

スカートも同じ。

ブラごしに胸を揉まれて、

双子A「玲菜何カップ?」

私「Dだけど・・・」

双子B「チビのくせに胸の発育だけぃぃな」

私「・・・」

双子A「感度はどうかな?」

ついにブラをはぎ取られ、乳首を直に上からこするように優しく触ってきます。

 

私「んッ・・・はぁ」

つい声が・・・必死に手で口を塞ぎ声を押さえました。

双子B「声かわぃぃじゃん」

手を上に縛られて・・・

双子A「エロいカッコだな♪」

そぅいってる間もずっと乳首をいじります。

私「あッん、はぁんッあッ」

声が我慢できません・・・

双子Bが乳首を舐めて来ました。

 

私「やッん、アッ・・・」

双子Aが下着ごしにアソコを触ってきます。

クリの部分をコリコリしてきて、その時点でもぅヤバス。

私「あッあッあッん」

パンティもついに取られて大股開かされました。

双子A「うは、、もぅ濡れてる・・・」

双子Bが濡れた汁を取って、丹念にクリを攻めます。

もぅ別の生き物みたいにすごい動きで・・・

私「あッやッんはぁんッあッあッあッー」

私は、初めての絶頂を迎えました。

 

さらに、双子Bが指を2本入れて、物凄い速さでGスポットを刺激し、もう片方の手でクリをコリコリします。

それに、胸は双子Aにいじられて・・・

私「きゃん、あッあッあぁぁぁんツやめッはッはッぁぁぁぁッ」

2回目の絶頂です。

 

双子A「玲菜感じすぎじゃね?エロいな~」

アソコを舐められて、ついに双子Bのアソコが私の中に・・・

多分、巨根のレベルに入るであろう大きいチンコです。

双子B「チンコを私のマンコにいれて激しくついて下さいって言って」

私「や・・・恥ずかしい・・・はぁはぁ」

双子B「じゃないとこのまま放置だよ?」

私「でも・・・」

もぅ恥ずかしさと興奮で一杯でした。

 

仕方なく、

私「双子Bのチンコを私のマンコにいれて奥まで激しくついて・・・下さい・・・」

そう言うと、ヌプヌプと音を立てて私の中に・・・

私「いたッ・・・い」

双子B「大丈夫、そのうち良くなるよ♪」

何回かつかれるうちに気持ちよくなってきて、

私「あッあッんはぁんッあッ」

双子B「大分良くなってきたね^^、じゃぁもっと激しくしてみようか♪」

そう言って、とても激しくついてきます。

双子B「玲菜ッ・・・気持ちいい?アァ・・・」

双子Bも気持ち良さそうに聞いて来ます。

私「気持ち・・・ぃぃよ、アァ・・・あッあッやッん」

そして私はイキました。

 

次は、双子Aのです。

双子Aのもとっても大きくて、次はバックでしました。

奥まで激しくついてきます。

私「あッあッあッはぁん」

もぅ声が耐えません。

そして、二人でイキました。

 

2日後、今度は3人でラブホにいきました。

部屋に入るなり、裸にされ鏡の前で大股開かされました。

まだなにもされてないのに、濡れてきます。

双子B「まだなにもしてないぜ?」

双子A「やらしいなこの汁」

双子B「先風呂入ろう」

3人で風呂にいきました。

 

双子Bが体洗ってるときは、浴槽で、双子Aに背中を向けて動かさずに挿入して入ってました。

双子Aが体を洗ってるときも同じ。

私は、2人から洗われました。

クリや乳首を洗われるともうヤバイです。

あそこの中をかき回され、風呂にはクチュグチャと言う音だけがなってました。

双子B「この音やらしいな」

壁に手をついて、バックで双子Aに激しくされました。

パンパンと言う音が風呂に響き、

私「アッアッアッやめッおかしく・・・なる・・・」

もっとピストンのスピードをあげてきます。

そして頭が真っ白になる感覚とともに、体が震えながらイキました。

そんな感じで、初めて3Pしてからハマっちゃったんです(*ノω・*)

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報