2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

ナンパされて処女喪失した話

この記事の所要時間: 444

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】女性 :2015/10/11 00:56:04

 

バイト帰りにナンパされた。

タイプじゃないし早く帰りたかったので、取り敢えず煩かったから連絡先だけ交換した。

早速、後日会わないかと連絡が来た。何となく会う約束をした。

 

約束の日。特に深い意味もなくお洒落して、カラオケに行くとの事だったから、呑気に何歌おうかなーとか考えてた。

カラオケ店に着いて、部屋に入れば相手の男は普通に曲を入れ、歌い始めた。

だから、私も自分の好きな曲を入れた、深くも考えずに。

最初に歌ったのは某V系バンドの曲で、某悪魔執事アニメの主題歌。

特に何も言われなかったし、その調子で入れた2曲目はこれまた某V系バンドの吸血鬼モチーフの曲。

流石に歌詞危ういかなーって思ったけど、これも特に反応無かったからそのまま歌い続けた。

でも、3曲目は流石に雰囲気がらっと変えて、某電子の歌姫の曲を入れた。

歌い始めて直後、相手の男が立ち上がり出て行った。

トイレかなっと思って気にせず歌ってたら、曲の終がけに帰ってきた。そしたら、何故か隣に座ってきた。

それまでテーブル挟んだ向かいの席だったのに。

 

隣に座った男は他愛ない会話をした。スタイルいいね、とか可愛いね、とか。

よく言われますーwとか返してたら、何かと触られるようになった。

背中とか手とか髪とか、それくらいなら友達同士でもよく触られるし、こいつすっげー触ってくるな…って程度だった。

そんな感じで何も言わずにいたら、段々雰囲気も危なくなったし、身の危険を感じて、ちょっとお触りが過ぎますよ、って言ったけど相手はもうその気になってるし、
あれよあれよと初キス奪われて服の上から胸揉まれて乳首も触られて、展開の速さに頭が付いていかなくて呆然としてたら、抵抗しないのか、みたいな事を言われたと思う。

 

驚き過ぎて、この時の相手の言葉も自分の発言さえも覚えてない。

ただ、ちょっと触っては止めて、ちょっと触っては止めてって繰り返されて、もどかしかった。

そしたら、スカートの中に男の手が侵入してきた。

クリ触られた瞬間に、今まで感じた事の無い快感を覚えた。

それから軽く指入れられて、すっげー濡れてるとか言われて入れてる指の本数増やされた。

けどすぐに指抜かれて、付き合わないかって聞かれて、その時に漸く処女だって言った。

そしたら、処女じゃなかったらセックスまでカラオケの中でされるとこだった。

 

カラオケ店を出てホテルへ。

促されるままシャワー浴びた、服は着ててもいいって言われたから服着てベッドへ。

男は既にパン一で待ってて、私と入れ違いにシャワーを浴びに行った。男が戻ってくれば、いよいよ始まった。

やわやわと胸揉まれた。どっちかって言うと巨乳だから感度が心配だったんだけど、そんな心配いらなかった。胸、すごい気持ちいいの。

服の上からでも十分なんだけど、生で触られると本当に気持ち良過ぎた。

乳首責められて耳舐められて感じまくってたら、スカート脱がされた。

パンツ越しに触られれば、濡れ過ぎでしょって言われて、すぐにパンツも脱がされた。

指入れられて軽く愛撫されて、もういいかなって男がゴム付け始めて遂に挿入することに。

 

男がすっごい気遣ってくれるから、思ったより痛くなかった。

ゆっくりゆっくり挿れてくれて痛いって言えば止まってくれて、それで漸く全部入った。

暫く動かずにいてくれて、痛みが引いた頃ゆっくり動き始めた。

動かれれば少し痛くて、また痛いって言えば止まってくれた。

そんなこと繰り返して痛みにも慣れて普通に動き始めた。男はイったけど私はまだイけなかった。

 

汗だくになった男は一旦シャワーを浴びに。浴び終われば第2ラウンド。

先程と同様、胸揉まれたり耳舐められたりして、不意に背中を撫でられた。

撫でられただけなのに馬鹿みたいに感じて、ヘソなぞられても感じた。男は全身性感帯かよって笑ってた。

そんな状態で下触られれば、もうぐちょぐちょで、男はまた濡れるの早いし濡れ過ぎだって笑った。

男は私にちんこを握らせた。初めて触ったそれは中々好きな感触だった。

結局、上手く扱けなかったけど勃ったみたいだったから、二度目の挿入へ。

 

2度目はローション付けた。ローションと愛液のお陰ですんなり挿った。

痛さもそんな無くて、寧ろ気持ち良くすらあった。

正常位でやってたんだけど、男に言われ騎上位をすることになった。

一旦抜き、男は寝転び、自分で乗ってみろと言った。自然と体が動いた、不思議と羞恥は無かった。

男の上に跨り、自ら宛がって挿れた。根元までズッポリ咥え込めば、男は本当に処女なのかと笑った。

まだ自分でいい所に当てれないから男に動いてもらった、でもすぐにまた体位変えて今度はバック。

奥までゴツゴツ当たって感じてたら、徐に男がどの体位でイきたいかって聞いてきたから正常位って言った。

正常位に戻れば足掴まれて、男の肩に乗っけるような形でがつがつ奥突かれた。

激しく腰振って男はまた達したが、私はまたイけなかった。でも確かに気持ちよかった。

処女喪失で私はすっかりセックスの魅力を感じてしまったようだ。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報