2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

温泉一人旅で彼氏持ちのウブな女子大生をナンパして実現した浴衣のままの生中出し

この記事の所要時間: 50

冬休みに、1人で温泉旅行に行きました。

その時に、夢みたいな出来事があった。

俺は温泉好きなので、旅館へ到着と同時に温泉へ入ります。

それから、ご飯を食べて酒を飲み、寛ぐという感じです。

その日が終わろうとした深夜、寝る前にもう一度温泉に行こうと思い、温泉へ行きました。

すると、一人の女子大生が入っていました。

俺は少し緊張しましたが、声をかけました。

 

「どこから来たの?」

女子大生「大阪です」

「一人?」

女子大生「彼氏と二人です」

「彼氏は?」

女子大生「お酒に酔って、先に寝ました。なので、一人で温泉に」

 

それから、彼氏が酔いつぶれたという少し怒り気味な話題で盛り上がり意気投合。

調子に乗って、つい彼女に「よかったら、この後、俺の部屋で飲まない?」と言ってしまいました。

あまり、期待はしていませんでしたが。

 

女子大生「彼氏も酔いつぶれたし、私も飲もうかな」

「そうしたら?じゃぁ、着替え終ったら、前で!」

女子大生「うん」

 

そして、俺と女子大生はビールを沢山買い、俺の部屋へ行きました。

そこでも彼氏の話で盛り上がり、二人ともかなり酔っ払って眠気で黙りかけた時、俺は彼女の浴衣の乱れに気づいた。

真っ白い太ももに黄色いパンツ、胸の谷間。(彼女は、ノーブラでした)

俺のアソコが急に反応し、浴衣の間からもわかるくらい、大きくなっていた。

酔った勢いに任せて、彼女に言ってみた。

 

「おちんちんが大きくなってしまったよ(笑)」

女子大生「なんで?」

「君の浴衣が乱れてて、パンツと胸がみえちゃったから」

女子大生「も~。。エロ~い。大きくなりすぎ~」

「ほら~」とアソコを出した俺。

 

女子大生「きゃ~。でも、こんなまじかで見るのは、初めて」

「彼氏のは、見ない?」

女子大生「じ~っと、見たりしないもん」

「フェラとかは?」

女子大生「したことがないもん」

「じゃぁ、俺ので練習してみたら?」

 

そう言いながら彼女の頭を持ち、俺のアソコへ。

少し強引だったが近づけた。

すると彼女は、俺のアソコを咥えた。

俺は彼女の頭を持ち、上下へ動かす様に誘導した。

 

5分ほど経った時、彼女が「もう、おしまい」

「そりゃ無いよ~」

不完全燃焼どころではありませんでした。

 

女子大生「でも、もう戻らないと、彼氏が起きてるかもしれないし~」

そして、彼女が立ち上がった時、俺は彼女の後ろから軽く抱きつき、浴衣の胸元あたりからするりと手を入れた。

そこには、とても柔らかい大きな胸がありました。

 

女子大生「ダメ!」

でも、俺は我慢できず胸を激しく揉み、乳首を刺激した。

彼女は抵抗はしていたが、確かに息が荒く感じているのに気づいた。

そして、一気に彼女のアソコへ手を伸ばした。

彼女の抵抗は続いたが、力が抜けたのか前のめり状態で壁にもたれ、お尻を突き出した状態だった。

 

女子大生「ダメ。もう、おしまい。ダメ!」

「でも、こんなに、濡れているよ」

女子大生「いや~ん。恥ずかしい」

 

すかさず俺は、彼女をこちらに向かせて胸を舐めながら、指でアソコとクリを往復するように優しく刺激した。

クチョクチョと凄い音がした。

俺は彼女のアソコに顔をうずめ、ベロンベロンと舐めまくった。

指の動きに合わせ、クリトリスをおもいっきり舐めた。

すると、彼女は「ダメ!ダメ!イク~。イク~!あっ!」

 

彼女は、その場へ座りこんだ。

彼女の足元は、愛液でいっぱいだった。

彼女は潮を吹いたのだ。

 

女子大生「はずかしい~よ。彼氏の前でもイッた事ないのに」

「とても可愛かったよ」

そして、俺は彼女に一度、軽くキスをした。

そして、今度は舌を絡めてみた。彼女も舌を絡めてきた。

俺は、彼女をそのまま畳の上に倒し、俺のアソコを彼女のアソコへ入れた。

 

女子大生「あ~ん。あ~ん。」

俺は、今までにないくらい激しく腰を振った。

高まる度に、抱き合い舌を絡めながら先っぽだけを出し入れする。

そうして、クールタイムを作りつつ、カリに引っかかる彼女の入り口の感触を楽しんだ。

 

女子大生「あ~ん。気持ちいい~」

今度は彼女を上に跨がせ、騎乗位で胸を揉みながらアソコの奥を突き立てる。

 

女子大生「あ~ん。気持ちいい~」

彼女の腰の動きも激しくなり、俺はとても気持ちよかった。

まるで、ロデオマシーンに乗っているかの如く腰をふる彼女。

腰をグラインドする度に、俺のアソコに彼女のクリがこすれるのだろう。

 

女子大生「もうダメ。イきそう。」

「俺も」

女子大生「あ~。ダメ。イク。イク。」

その可愛い声を聞き、俺はそのまま彼女の中に出してしまった。

 

女子大生「あ!中に出した?」

「ごめん」

女子大生「も~う。」

「でも、騎乗位だと奥までは飛んでいないから大丈夫だよ。イク瞬間は入口付近まで抜いておいたし。」

 

そして、それから二人で部屋風呂に入りました。

当然、言うまでもありませんが、そこでももう一回ほど彼女の中に出してしまいました。

そして、お風呂から上がり、彼女は「彼氏には、内緒ね。じゃぁ」と言って部屋に戻っていきました。

後で揉めるのは嫌なので、連絡先は交換しませんでした。

大阪は行かないし。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報