2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

奴隷おじさんみたいに変態だった夫の突然の告白

この記事の所要時間: 114

五年前、夫からの突然の告白でした。

「俺、Mなんだ」

まったく何のことか分からず、聞き返しました。

夫の説明が続き、それを聞く内に分かってきました。

離婚も考えましたが、専業主婦の私です。

「そんなことを言って、私と別れたいの?」と尋ねると「別れたくない。女王様になって欲しい」と、夫は言いました。

そんな夫を、その日から私は受け入れました。

 

「美代子様・・」

私の命令を待っている夫。

「なんて呼べば良いの?」

「お好きに、変態でも豚でも結構です」

さすがに吹っ切れた私。

「お舐め!」

足を差し出しました。喜んで舐めだしました。

恥ずかしいのですが、私は体臭が強めなんです。

「クンニしたいか?変態豚!!」

頷く夫。

「美代子様の匂い。素敵です」

そんなことを言いながら、丹念に丁寧に私を舐めるのです。

「もっとクリを舐めて」

いつしか、この主従関係に慣れてしまっていた私。

その日、初めて手コキで処理してあげました。

 

それから二年。

夫は人間便器にまでなり、聖水、黄金、美化した言葉を使わないで、わざとオシッコ、ウンチと呼ばせてます。

ちなみに。クンニは二日おきです。洗ってません。

奴隷おじさんにも、このような伴侶がいれば人生違っていたでしょうね。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報