2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

知り合いの娘さんJS5の小さな胸を見たことでエッチなロリマンをマッサージする流れになったスケベ訪問者

この記事の所要時間: 32

知り合いの娘さんはjs5年生で背も小さくて、見た目も可愛い娘です。

昨年のある日、用事があったので知り合いの家に行くと、家の前でその娘が遊んでいました。

お父さんは?と聞くと『あと少しで帰ってくるよ』と言いながら、近寄ってきました。

車の窓越しに、その娘が前かがみで話しかけてきた瞬間…

胸元から、モロに小さな胸が、覗いていました。

小さいながらも、ふっくらした胸…

 

ついつい、「おっぱい丸見えだぞ(笑)」
と言うと…

「エッチー(笑)」と一言。

「どうせなら、ちゃんとみせろよ(笑)」
と言うと…

「別にいいよ。どうせ小さいし、恥ずかしくないから(笑)」
と言って、ワンピを捲り上げて見せてくれた。

可愛い薄いピンクのパンツと、可愛いチクビ…

股間には、くっきりと縦じまが見えていた…

 

「なんだ、まだツルツルペッタンコだな(笑)」
と言うと…

「これでも少し大きくなったんだぞ(笑)」

ここで、ついイタズラ心が出てしまい…

「しってるか?ここ、チンチンで擦ると気持ち良くなっておっぱい大きくなるんだぞ(笑)」
と言うと…

「擦るだけ?」

「うん、擦るだけ(笑)」

「それって、セックス?私したことないよ」

「違うよ(笑)擦るだけだから、マッサージだよ(笑)」

 

「そっかなら、やってよ。」

「は?」

「私の部屋に来てマッサージしてよ。お父さんまだ帰って来ないからさぁ。先に来たら家に上げて待っててもらえって。」

「そんなことしたら、お父さんに怒られちゃうだろ(笑)」

「大丈夫。誰にも言わないから、やり方教えてょ」

「本当に言わない?」

「うん、絶対言わない」

そんなわけで、家に上がらせてもらい、その娘の部屋へ…

 

「じゃあ、パンツ脱いでベッドに横になって。」

「うん。これでいい?」

ベッドの上でワンピを捲り足を開かせると、ピンクのアソコが丸見えになった。

「始めるよ。」

「うん。お願いします。」

一応、枕で目隠しをさせ、ギンギンになったチンポを取り出し、小さなアソコにあてがって、マッサージを始めた…

 

「どう?なんかわかる?」

「なんか…気持ちいいかも…」

小さな身体がピクピクと反応している…

アソコは、既に我慢汁でぬるぬるになっていて、クチュクチュと音をたてていた。

あまりにも気持ち良さそうなので、そのままペロペロ舐めてあげたら…

「あっ、それ、気持ちいい」

更に奥に舌を…

体が更にピクピクして、腰を浮かせ始めた…

 

最後にもう一度マッサージしながら、ちょっとだけ奥に入れてみた…

「それ、痛いょ」

「あっごめんごめん」

「さっきのアレがいい」

「これか?」

そして、クリクリとマッサージをしているうちに頂点へ達し、お腹の上にフィニッシュ。

 

「えっ?なに?熱いよ」

「ごめん精子出ちゃった(笑)」

「えっ?見せて」

「ほら、これ(笑)」

「へー…初めて見た」

「ほら、もう終わりだから、パンツはいて」

ティッシュでお腹とアソコを拭き取り、パンツをはいて終了。

「スゴい気持ち良かった。ありがとう!また今度してね」

「内緒に出来たらね(笑)」

その10分後に、お父さんが帰宅…危ないとこでした。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報