2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

通販でオナホを買った俺が勘違いして開けた姉ちゃんのバイブ宅急便

この記事の所要時間: 631

「宅急便ですよー、△△さーんっ」

(や、やばっ。早くしないと…)

俺はあわてて玄関へ急ぐ。

「じゃ、こちらへサインお願いします」

ロクに伝票も見ずに品物を受け取り、宅急便業者を追い返すと、俺はそそくさと部屋へ戻った。

 

(ついに、買っちまったよ…)

宅急便の箱を持ちながら、俺は感動を抑えきれずにいた。

 

(これで俺のオナニーライフも一層充実するぞ…)

インターネットの通販サイトで見つけた”オナホール”…。

毎日毎日飽きもせずにオナニーしている俺。

そんなサルのような俺に強力なサポーターの登場だ。

 

俺は震える手で荷物を開ける…。

興奮で胸がドキドキする。

カサカサ…

丁寧にパッキンされた包装をほどき、ブツは出てきた。

 

(ふーっ、これか…)

が、しかし、それは…

 

「えーっ?何だよっ、これー?」

思わず声に出してしまった。

 

それは、あろうことか、バイブレーターだった。

太さ長さともに俺のヘタレちんぽとは比べようも無いシロモノ。

(ったく…、通販メーカーが間違ったのか…。よりによってオナホールとバイブなんて全然目的が逆じゃん…)

ふと、同梱の納品伝票を見ると品名のところには、しっかりと”絶頂バイブレーター・アクメックス(ピンク)”なんて書かれている。

(…入れ間違いじゃないってことか。)

 

次の瞬間、俺は目を疑った。

納品伝票の送付先が何と姉の名前になっているのだ。

(え??何で??…)

あわてて、宅急便の箱に付いている送り伝票も確認する。

 

(ね、姉ちゃんの名前だぞ…。ってことは、コレって。姉ちゃんが頼んだモノなのかよ!)

あの姉貴がバイブレーター…。

想像すると俺は興奮してしまった。

3歳年上の姉は、弟の俺から見ても美人だと思うし何よりそのグラマラスな身体がたまらないのだ。

 

(ね、姉ちゃんがバイブを…これが姉ちゃんのオマンコに…)

考えただけで、もう俺は堪らなくなってきた。

 

(姉ちゃんッ、姉ちゃんもオナニーしてるの?)

俺は頭の中で姉に話しかける。

同時にスウェットパンツの中で硬くなっていたチンポをさすり始める。

(ね、姉ちゃん。姉ちゃんのお尻、姉ちゃんのオッパイ…)

妄想を始めたその瞬間だった。

 

「トントンッ」

ドアがノックされ、姉の声が聞こえる。

「○○?居る?ちょっとイイ?」

 

あわてふためいた俺は、しどろもどろに返事をする。

「ちょ、ちょっと、ま、待って…」

「じゃ、ここからで…。あのサ、○○。私宛てに荷物届かなかったかな?」

「し、知らないよっ。荷物って、何の荷物?」

荷物を開けてしまってた俺は、しらばっくれることにした。

 

「うん?別に…。大したもんじゃないんだけど…」

「それよりさ、俺宛てに何か届いてなかったかなぁ?」

「○○宛てに?」

「そ、そうなんだ。時間指定したからソロソロ来るはずなんだけど…」

「……」

 

「ね、○○?お姉ちゃん、お部屋に入ってもイイかしら?」

「え?うん…ちょっと待って。今、部屋散らかってるから…」

「いいじゃない…、姉弟なんだから。少しぐらい散らかってても。」

と、姉はドアを開けてきた。

俺はバイブの箱を隠そうとしたのだが、間に合わなかった。

 

「あ、待ってよ…」

「ふふっ。いいじゃない?○○、何か困ることでもあるの?」

「べ、別に。そんなこと…」

 

ふと気付くと、姉が何か箱を持っている。

「これさ、○○宛てに届いてたよ。」

「え?あ、そう。ありがと。」

「ううん。でさ、○○。ごめんね、本当にごめんね。○○宛てのこの荷物なんだけどさ、お姉ちゃん間違えて開けちゃったんだ…」

 

(えーー?マジで?)

 

「今日、私宛てに届く荷物があってさ、てっきりソレだと思って、よく確認しないで開けちゃったんだよね」

「み、見たの?姉ちゃん?その中身…」

「うん…。ちょっとだけ…」

 

(くぅーーっ。見られちまったぁ。

大好きな姉に、よりによってオナホールなんてシロモノをーーっ。

で、でもだよな、俺だって、見ちまったんだよな。

姉宛てに届いた、バイブレーター…。)

 

「あ、それって、もしかして私宛てに届いた荷物だったりするかな?」

机の上の箱は、あっさりと姉に見つかった。

 

「あ、……。そ、…そうだよ。」

「…やっぱり、届いてたんだ…」

「ご、ごめん。姉ちゃん…。そ、その隠すつもりじゃなかったんだ。ただ、……」

「見ちゃったよね?」

「え?」

 

「ナ・カ・ミ…」

「う、うん…」

 

「…びっくりした?…○○…。お姉ちゃん宛てにこんなモノが届くなんて…。でもね。お姉ちゃんだってびっくりしたんだよ…。
○○がこんなモノ頼んでたなんて…。ま、お互いサマだけどさ。フフッ。ウフフッフ…。何かサ、変だね…。私たち…」

 

「ね、姉ちゃんっ。姉ちゃんがソレ、頼んだってことは、その、つまり……、何ていうか…」

「ナーニ?○○?お姉ちゃん、グズグズしてる子は嫌いよ…」

「そ、そのー、それ使ってお姉ちゃんもオ、オナニーするってこと?」

 

「んー、まぁ。これはそういうモンなんだし、やっぱり、お姉ちゃんだって、シタくなる時だってあるわけだし。
そりゃあね。って、何言わせんのよ。それより、○○だってさ、こんなの買っちゃって…。こんなのあるなんて知らなかったワ…。
もっと、大きくてさ、ビニール製で空気入れるヤツとかは何となく知ってたけど…。でー、もー、○○?
こんなモノ使うなんて、○○、彼女とか居ないの?」

 

「う、うるさいなー。居ないよ。彼女なんて居ないよ。そんなこと言うならさ、姉ちゃんだってそんなの使って彼氏居ないのかよ」

 

「んーー、生意気言って。イ・マは、居ないかな…。ちょっと前までは居たんだけどね。
でー、ちょっと寂しくなっちゃった夜とかに、つい、こう、ねえ。わかるでしょ、○○にも…。」

 

「お、俺…、オンナの人のことって、よく解らないから…」

「一緒。一緒だよ。女の子だって…。」

「ところでさ、○○?それ、どうやって使うの?」

「え?ど、どうやってって…。解るだろ…、普通にココにあれを…ば、ばか。何言わせるんだよ。姉ちゃん、いいから、もう部屋帰ってよ」

「ふーん。そんな強気なこと言うんだ。○○もエラクなったもんねえ」

「な、何言ってんだよ。」

 

「思い出すなぁ。○○が小さかった頃…。いっつもさ、お姉ちゃんお姉ちゃんって言って私の後付いて来てさ。
可愛かったなぁ、あの頃は…。それが、今じゃ、通販エロサイトでこんなもん買っちゃって…」

 

「そ、それを言うなら、姉ちゃんだって一緒だろう」

「フフフ。そうね。姉弟揃って、馬鹿なコトやってるわね。○○、そろそろ彼女でも作れよ、な。」

「う、うん…。」

「ねぇ。○○…。ちょっとさ、これ、試してみようか…」

「え?」

姉はバイブを手にしてそう言うのだ。

ページ:

1

2 3

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報