2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

学校の忘れ物置き場から盗んだブルマで妄想オナニーを行っていた少年時代

この記事の所要時間: 70

「あっ!あっ!出るっ!出るっ!ユキちゃんのっ!ユキちゃんのブルマァーッッ!!」

こんな調子で毎夜毎夜、学校の忘れ物置き場から盗んできたブルマを幼馴染の由紀子ちゃんのブルマと思いこむようにしてオナニーしていたのは、もう30年以上前のこと。

当時は、ほぼ毎日自分の目の前にブルマが晒されているような日々でした。

体育の時間、大掃除などなど。

その都度、好きでもない女の子がただブルマをはいているというだけで、そのブルマを盗み見るように視姦していたあの頃。

 

私は、某地方の山村に住んでおり、そこの小学校5年生でした。

オナニーは小2の頃から覚えだし、精通自体も6年生になる頃に始まりました。

早い話が、女に目覚めるのが早かった「早熟少年」です。

由紀子ちゃんは1学年上の6年生で、やはり彼女も身体の成長が早い子でした。

水着姿から浮かび出る、発育しだした乳房や丸い腰周りに幼馴染でありながらも「女」を感じ取り、彼女を思い、オナニーし始めたのもその頃でした。

ところが、彼女の一家が彼女の中学進学と同時に山を下った町に越す事となり、私の小6時代は暗い1年でした。

唯一、慰めになったのは近所の子供数人と写した運動会の写真で、ユキちゃんのブルマ姿を見ながらオナニーする事でした。

 

「ブルマ」、この不思議と甘酸っぱいネーミングに性的ニオイを感じ出すきっかけとなったのは、ある少年漫画からでした。

私の住む地方では、「ブルマ」のことを「短パン」と呼んでおり、その少年漫画を読んでからというもの、「短パン」という通称より、「ブルマ」の呼び名のほうが興奮する事に気付きました。

「東京では短パンをブルマというのか・・・」

「ブルマ、ブルマ、ブルマ、ブルマ」

ブルマと頭の中でリフレインするたびに興奮度が増してゆき、オナニーせずにいれなくなります。

また、気に入った少年漫画の女性主人公のブルマ姿の絵を切り抜き、ノートに貼り付け、オナニー専用ノートにして楽しむのが、この頃の日課でもありました。

1年のうち、大雪の降る冬以外は、この「ブルマ」を見ることができるので、それだけが心の支えだった気がします。

 

長じて、私も中学生となりました。

私の住む地域の山村にあるのはA町立A中学K分校です。

幼馴染のユキちゃんが通うのは、その中学の本校、A町立A中学校。

分校と本校の交流が年数回あり、大きな行事だけでも春の「体育祭」と秋の「学校祭」で、

それらの練習等で、本校への送迎マイクロバスに揺られ、約3~40分のつづら折れの山道を下り、繁華街のあるA町に行くのも楽しみの一つでした。

駅や映画館、商店街、自動販売機などなど、私の住む山村いないものばかりで、このA町は地域一の大所帯です。

ここにユキちゃんは生活の拠点を移しておりました。

ただ、昔のように「ユキちゃん」とは呼べず、会っても「おおっ」とか「あの」とかばかりで、他の生徒の目があるときなどは「由紀子先輩」など、異性を意識する年頃でした。

冒頭のオナニー時に使ったブルマを手に入れたのも、本校に体育祭の練習に来たときでした。

 

私は本校生徒たちに混じり、1年3組のやや後列に体育座りしています。

私の左隣には、2年1組の女子たちが座っており、私から見て左列の前に向かっての2人目がユキちゃんでした。

私からはユキちゃんの右半身のブルマ姿がよく見え、砂にまみれた紺色ブルマの丸みとブルマから伸びたムチムチとした右太股が見え、私は「夜のオカズに!」とばかりにそれを横目使いに凝視しました。

「ブルマ、ブルマ、ブルマ、ブルマ」

頭の中で、またこの言葉が渦を巻いて襲い掛かってきます。

時折、先生の掛け声で全員起立させられるのですが、その際には何人かの女生徒が必ずといっていいほど、ブルマのすそ直しを無意識ではあるのでしょうが行っていました。

ブルマのヒップラインに沿って人差し指を押し込ませ、ブルマを「クイクイ」と引っ張ってみたり、ブルマラインに沿って指を流してみたりと中々に性的興奮が高くなるしぐさです。

その仕草をユキちゃんがしたことから、がぜんブルマへの性的な関心が強まり、「ブルマが欲しい」と思うようになりました。

ただユキちゃんの場合は、ブルマのすそ直し時、ブルマに引っかかっていた人差し指からブルマがすべり抜け、「パチン!」と大きな音を立てて尻肉を打ったため、その音に欲情してしまうおまけつきでもありました。

「ブルマ、ブルマ」「パチン、パチン」と卑猥な単語と擬声語に私の脳もペニスも破裂寸前でした。

 

練習も終わり、分校生は帰りのマイクロバスに乗り込む事となったのですが、急に便意を催し、私はスポーツバックを片手にトイレへと駆け込みました。

駆け込む際、トイレ脇の廊下に「忘れ物コーナー」という張り紙のあるキャビネットが置いてあり、その扉がガラスの観音扉で、なかに黒い塊が一つあるのが目に付きました。

それがブルマであろうことは一目瞭然ですが、何人かの生徒がうろついてもいたため、まずはトイレにこもり、人気の消える一瞬を狙いました。

「ブルマがどうしても欲しい。」、もう自分で自分が抑えきれませんでした。

その一瞬はすぐに来ました。

周りを見回し、急ぎ観音扉を開いて目指す黒い塊をわしづかみにして、スポーツバックにねじ込むや否やその場を駆け出しました。

帰りのマイクロバス内では、「ばれていないか」という恐怖心と「やっとブルマでオナニーできる。」という期待感がない交ぜになり、さぞや情緒不安定であった事でしょう。

時折、手に入れたブルマの感触を確かめるようにバックに手をいれ、弄びました。

それから帰宅するまでの間の時間の長かった事は忘れられません。

 

初めて手にするブルマの感触。

今の今まで、「男子生徒用の海パン」の感触を想像していたのですが、それより柔らかで伸縮性に富み、腰ゴムの強度や股間部分にあたるガーゼ状のガードもないため、えらく興奮したのをおぼえていますが、そのブルマをはき、ペニスを擦ると電撃が走るかのような快感に我を忘れてしまいました。

このブルマがユキちゃんのものでないのは、わかっていたのですが、そう思わずにはいれないほど、昼間見たユキちゃんのブルマのすそ直し光景が刺激的過ぎました。

自分自身もユキちゃんになりきり、さっき着ていた半そで体操着に袖を通し、ブルマの中には体操着をいれず、「ミニスカパンチラ」状態にして見ました。

そしてユキちゃん同様、ブルマのすそ直しをします。

ブルマラインに沿って指を刺し込み、両人差し指にブルマのすそを絡ませ、指を引き抜きました。

「パチ、パチンッ!!」という尻肉をたたくブルマの音。

何度も何度もこの行為に明け暮れました。

 

ペニスの上から直接はいたブルマの感触と肉を強く打ちつけるブルマの音。

行為はエスカレートし、思い切りすそ部分を引っ張って離してみたりもしました。

「パチン!」という音は鈍い「バツン!」という音になり、食い込みも激しくなりました。

「ああっ!ユキちゃんもこうしているんだぁ!ユキちゃん!ユキちゃん!」

「ブルマァ!ブルマァ!ブルマァ!ブルマァッッッッ!!」

ものすごい量の精液が盗んだブルマ内に注がれてしまいました。

あまりの興奮に胃の痛さを覚えると同時に、盗んだブルマが汚れてしまったという後悔と性欲の波が一段落した事によるブルマを盗んでしまったという後悔の念が、一遍に私に襲い掛かってきました。

放出された精液をティッシュで拭い去り、ブルマを引き出しの奥底に隠しました。

頭の中では、本校生や分校の同級生、先生たちからブルマ泥棒の烙印を押された自分を想像し、その夜は恐怖で寝る事もできませんでした。

 

ところが一夜明け、分校でも本校でもそんなことなどなかったかのような日々が続くや否や、私のブルマオナニーは再開していくのでした。

ぬ~すんだぁブぅルマでシ~コりぃ出す~

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?
 閲覧回数:11,793 PV
評価:12345 3.67 (3 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  , 

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 机の中に残っていたブルマ
    • 投稿日:2019/09/12(木) 03:40:24 ID:QyMjU5MTQ

    女の子が履いていたブルマに興味をもったのは、小学校の高学年のときだったと思います。そのときは、まだなぜブルマ姿の女の子をちらちらと見てしまうのか、自分でもはっきりと分かっていませんでした。

    それから、中学に入ると当時は小学校もそうでしたが、毎日当たり前のように女の子がスカートの下にブルマを履いて、無造作な動きでスカートから見えるブルマがとても気になり、次第に「ブルマってエロいな」と思うようになっていました。

    ブルマは紺色のもので、小学校のときは紺に2本線のライン入り、中学、高校のときは紺だけのブルマの学校に通っていました。

    そして、高校1年のとき「ブルマが欲しいっ!」「ブルマでオナニーしたいっ!」と思うようになったきっかけがありました。元気で活発なケイコちゃんという同級生がいて、男子学生ともよく楽しく笑って話をする女の子がいたのですが、体育祭の準備のときに、張り切っていて「応援合戦の衣装は、女子はこんなのにしよう」などと、座って聞いていた男子学生に話しかけてきました。

    ケイコちゃんは、私の横に立って、男子学生数人に対してあれこれと考えを話していたのですが、ハッと気づくと、私の顔の前にケイコちゃんのブルマが近い位置にありました。

    めちゃ近くでケイコちゃんのブルマを見れたことがきっかけで、ブルマを触りたい、ブルマが欲しいと思うようになったのがブルマに目覚めたきっかけでした。

    ブルマには、フリーマーと書いていました。小さな文字でナイロン100%ととも書いていました。フリーマーと書いているのはタグと呼ばれるもので、フリーマーは商品名だということをのちのち知りました。

    ケイコちゃんは可愛くて人気者でしたが、私はケイコちゃんのブルマが欲しいというよりも、ブルマ自体が欲しい!という感じでした。

    当時はインターネットなど普及していなかったので、ブルマを購入する機会や方法など無く、女の子の体育のときのブルマ姿を見るくらいでした。
    学校近くの洋品店に学校指定の制服や体操服を置いてあり、体操服の洗い替えを買いに行った際、男子の体操服の隣に、女子の体操服とその横にサイズ別に分けてブルマが置かれていましたが、手に取ることも出来ませんでした。

    また、高校に入ると、毎日ブルマは履いていないようで、体育のときだけ履く子が多くなっていました。もちろん、高校生なのでスカートの中などは見えませんでしたけど、そのような会話を女の子達がしていました。

    密かに、「ブルマが欲しいっ!」と思いながら、高校3年生なった8月に、とうとうブルマを手に入れる機会が訪れました。
    このときのことは、今でも鮮明に覚えています。

    夏休みの夏期講習が始まる日、私を含めて4人が早朝の掃除当番に当たっていて、少し早めに登校して教室内を掃除していました。

    私は拭き掃除をしていたのですが、ある女の子が座っていた机の前に来た時です。
    「この子、そう言えば転校して行ったなあ」と夏休み前に親の都合で九州方面だったと思いますが、7月の終業式と同時に転校して行った女の子がいた席でした。

    その子は、マイカちゃんという女の子で、大人しく静かでどこか暗い感じの女の子でした。
    暗い感じの女の子でしたが、話しかけたら笑顔で色々と話してくれるので、私はけっこう話をしていました。

    高校を変わるのって大変だよなぁ、元気かなぁ、と思いながら机を拭いていましたら、机の奥に何やら巾着袋があるのに目が止まりました。
    何だろうと巾着袋を開けて見ると、ナッ、ナント!紺のブルマと体操服の上着でした!

    そのときは、超ビックリして、何が起こったのか全く分からず、机の奥へ押し込みました。

    ですが、そこで「ブルマだった!」「このブルマ欲しいっ!」と頭の中にブルマ、ブルマ、ブルマの3文字が駆け巡りました。

    「マイカちゃん、体操服とブルマ、机の奥に入れてて忘れて転校していったの?」?などと考えたりしていましたら、少しづつ教室にも人が増えてきました。

    「駄目だ。今、あの巾着袋を盗らないと一生後悔する!」「先生や他の生徒に見つかると回収されてしまう」などと思い、その巾着袋を盗る決意をしました。

    もう、心臓はバクバク、ドキドキで、どうしたらよいかばかり考えていましたが、1分、2分と時間が経つにつれて、「えいっ!普通に机の中に手を入れて盗ってしまえ!」!と、ササっと机に近寄って、巾着袋を取り、普段持ってきている自分のスポーツバックに入れました。

    その日は、一日中、落ち着かず、またマイカちゃんが帰って来るはずもないのに、戻ってきて「私の体操服とブルマがありませんっ!」なんて言われるのではないかと妄想したりして、ハラハラドキドキでした。

    学校が終わり、速攻で自転車に乗って、とにかくブルマを見たり触りたくて、スーパーのトイレに入りました。
    トイレの中で落ち着いて巾着袋を開けて見ると、掃除のときに見た紺のブルマが入っていて、ブルマには「フリーマー」と書いてありました。「コレコレっ!このブルマだよ!」「これが欲しかったんだ!」と最高の気分になりました。
    ナイロン100%とも書いてあり、ブルマの中にはマイカちゃんの名前が書いてありました。

    トイレの中で、ブルマを触りまくり、臭いを嗅いでみたり、引っ張ってみたりしました。凄い満足感と達成感のようなものを感じたのを覚えています。
    ですが、ここで罪悪感と言いますか、こんなことをしていいのか。という思いがこみ上げてきて、今振り返れば、ある意味凄い行動を取ったなぁと思う行動に出ました。

    自転車に乗って、学校へ戻ったのです。
    そして、担任の先生に、マイカちゃんに伝えたいことがあるので新しく引っ越した先の電話番号を教えてほしいと伝え、電話番号を教えてもらいました。

    今では考えられません。

    そして・・・夜に、マイカちゃんに電話しました!マイカちゃんと30分くらい話をしました。マイカちゃんも突然の電話でちょっとびっくりしていましたが、学校に居たときのマイカちゃんちゃんよりも明るい声に感じて、そっちはどう?なんて話しまして、その後に、「そうそう、今日、早朝当番で掃除していたら、マイカちゃんの忘れ物を見つけたので送るよ」と話を切り出しました。

    なにがあったの?!と聞かれたので「巾着袋で体操服っぽいよ・・・」と話しましたら、「エ~ッ!嫌だ!中を見たの?!」と大きな声で驚いていました。

    こちらもあまりの声の大きさでビックリしました。
    「だから送ろうと思って」と話をすると、新しい学校はブルマではなくて短パンみたいな感じで、ブルマは履かないので要らないので私の代わりに捨てて欲しいということでした。
    忘れ物が体操服とブルマで、わざわざ送ろうかと電話してきたことで、「ちょっと、ちょっと、本当に捨ててよね。悪いけど捨てる時は切って捨てて」と言われながらも、そういうもの(体操服とブルマ)に興味が無いと思っているようで、最後は、連絡ありがとう、お互いに頑張ろうという話で電話を切りました。普通を装いながら、もうドキドキした時間でした。

    その後、電話はしていません。

    しかし、何だか罪悪感があったものがとれて、超スッキリしました。

    そして、このブルマは盗んだものではない!処分を頼まれたのだから、「いつか」は処分すればいいなどと考えながら、ブルマを触っていました。

    触りながら、マイカちゃんに、忘れ物があったと伝えたことに大満足していました。やっぱり言ってよかったと。
    今考えたら、そんなことをせずに貰っておけばよかったと思うこともありますが、あのときはブルマを手に入れるにしても、どこか罪悪感があって、どうしても許可というか承諾みたいなものが欲しかったのだと思います。

    よく電話したなぁと思います。

    そして、手元に残った体操服とブルマ。

    やはり、履きたくなりますね。ちょっとキツイサイズでしたが、履いた瞬間にアソコはもうMAXギンギンで我慢汁も出ていました。もちろん、足回りの裾の部分をパッチン、パッチンしたり、股間が締め付けられるので「これがブルマかぁ、女の子が履いてた感じはコレか!」などと思いながら、「マイカちゃん、ブルマ欲しかったんだ、助かったよ、ありがとう!これは貰っておくね」なんて思いながら、股の部分の横からアソコを出してオナニーしました。

    あっという間にイッたのですが、イッた瞬間見たことも無い大量のザーメンとアソコがビクビクと痙攣したように動いていました。あの時のスッキリ感は今までで一番最高でした。

    なぜ初めてブルマを履いたときにぶっかけしなかったのか、それはもう少しマイカちゃんが履いていたという何かを残しておきたかったからだと思います。

    その後は、体操服とブルマをベッドの上に置いて、何回オナニーしたか分からないくらい、マイカちゃんの体操服とブルマにはお世話になりました。
    射精は、ブルマばかりで体操服にはしていません。やはり、ブルマですね。
    紺のブルマにぶっかけすると、白い精子で汚れたのがはっきりと分かるので興奮しました。
    風呂に入る前に思いっきりブルマにぶっかけして、風呂に入って洗い落としていました。

    手に入れたときのブルマの臭いは無くなりましたが、ブルマの中のマイカちゃんの名前を見る度に、あの大人しそうな女の子が履いていたブルマ、託されたブルマだと思うと、ブルマだけでなくマイカちゃんのことも思いながら、「マイカちゃん、マイカちゃんの紺のブルマにぶっかけるよ」と思いながら、オナニーしている自分に気づきました。

    大学を卒業して、社会人になった数年間まで、マイカちゃんの紺のブルマを持っていました。7年近くお世話になりました。

    休みの日や夜は、ほぼ毎日履いたり、オナニーしたり、そして洗ったりと、ブルマに飽きるまで堪能していました。一日何回もぶっかけた日もありました。

    ウェストは少し伸びてきたくらいでしたが、裾の足回りのゴムは伸びきってしまい、7年近くも使用していると、ブルマもさすがにクタクタにくたびれて来ました。
    ここまでブルマ漬けで過ごして来ましたら、ブルマでのオナニーも減って行き、最後はマイカちゃんとの約束通りというわけではありませんが、生活も住まいも変わるときが来まして、最後は体操服もブルマも切って細かくして廃棄しました。

    ブルマは、いざ捨てるとなると、ハサミで切ろうとするのですが、かなり惜しくて躊躇した日が続きました。
    先に体操服の上は切って捨てました。

    ブルマは、ハサミで切ろうとすると、マイカちゃんが浮かんできて、なかなか切れなかったのです。しかし、最後ブルマを捨てるときにやってみたかった、股間部分に穴を開けてオナニーを何日間かしたあと、最後は切り刻んで捨てました。

    マイカちゃん、ありがとう。

      • 名前: 机の中に残っていたブルマ2
      • 投稿日:2019/09/12(木) 05:37:54 ID:QyMjU5MTQ

      このフリーマーというブルマは、若干薄手でピッタリとしたフィット感がありました。

      マイカちゃんのブルマはSかMのサイズくらいで、はじめ履いた時はキツかったのですが、そのうちキツくなくなりました。手に入れたときから特に4年間くらいは、ほぼ毎日寝るときには履いていました。

      体操服の上とブルマをベッドの上に置いて、この紺のブルマにぶっかけすることが一番多かったのですが、精子で汚れたブルマを風呂の中に持って入り、洗っていて、濡れたブルマを履いてみたくなって履いたり、その濡れたブルマを履いてブルマの中に射精してみたりと、マイカちゃんのブルマでオナニーするのが毎日楽しみでした。

      ブルマは洗濯して乾かすと、引き締まってシャキッとした感じが戻っています。
      よく使用していましたが、大事に保管したり使っていました。

      ブルマを履く、ブルマで包んでオナニー、ブルマに射精など、とにかくブルマでしたかったこと、ブルマへの想いは全てマイカちゃんの紺のブルマで叶えられました。

      ブルマを捨てる前に、色々と試してみました。
      勿体ないと思いながらも、やってみたかったようにしました。

      破れてもいいから思いっきり全体を横に引っ張ってみたりしましたがブルマは7年近く経っていても、ビリビリと破れることはありませんでした。
      ウエストのゴム回りから裾までの間に立て線は入りました。

      縫い目から破けるかと思いましたが、縫い目もしっかりしていてビキビキと音はしましたが破れませんでした。

      裾の足回りもチカラいっぱい引っ張りましたが、ゴムが伸びきっただけで裂けたりせずに、ブルマってしっかり出来ているなぁと思いました。

      もうこのブルマは捨てるのだからと傷んでもいいし、傷んだほうが捨てるためらいも無くなると思って、色々やってみましたが、洗濯すると元の姿のシャキッとしたブルマに戻っているので、なかなか捨てられませんでした。

      元に戻っている紺のブルマを手にしては捨てきれず仕舞い込んで、数日後また出して来てオナニーに使うというのが最後に続きました。

      先にハサミで体操服を切って捨てたのですが、ハサミなどで切れ目を入れると裂くのは容易でした。
      なので、ブルマはハサミで切る前に十分使った、やりたいことはやったというところまで使おうとしました。

      でもさすが体育で使うものですので、ブルマの生地は強いです。
      「マイカちゃん、もうこのブルマ、やりたいことをやって滅茶苦茶にして捨てるよ」と思いながら引っ張ったりと、その繰り返しでしたが、最後には股間部分にハサミで穴を開けて、何日間か穴を開けたブルマでオナニーし、股間部分に開けた穴を思いっきり引っ張りましたら、ビリビリとウエストのゴムのところまで裂けました。
      そして、お尻やサイドなど色んな箇所に穴を開けて、その状態のブルマで何度かぶっかけして、あとは細かく切って捨てました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

他サイトの更新情報