2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

花火大会の日に社内へ残っていた同僚と上司を呼びに行った時

この記事の所要時間: 119

夏と言えば《花火大会》。

昨年までは不景気だった為、納涼会も協賛金もスルーして来たが、今年は景気も上がり協賛金を出した会社は、花火を見ながら納涼会も楽しもうという事で、社内は盛り上がっていた。

 

炎天下に、新人トリオの私達は、場所取りに出掛ける。
「あぢィー( ;´Д`)」
男勝りの真弓は、スカートをギリギリまで、捲り上げる。
さすが、女子校卒。
周りを気にしない。
「ちょ、ちょっと、真弓、見えるよぉ」
香奈は、困り顔をしたが、私と真弓は気にしない。
「姉ちゃん、えぇ足しとるねェ」
「だろぉ!伊達に三年間、陸上で鍛えてないさ」
「ちょっとぉ、二人とも」
そんな会話でも、顔を赤らめる香奈は純情そのものだ。
たわいもない話をしながら準備を進めるうちに、やがて、日が沈み、一人、また一人と仕事を片付けた先輩達が、やって来る。
「お疲れ様で~す。」
口々に挨拶が交わされ、飲み物とおつまみを配り終えると、社長が音頭を取った。
和気あいあいと和やかな時間が流れ始めた時、
「えぇ~!本当ですかぁ(`ω´ )?」
余りにも大きな香奈の声に、その場が静まりかえり、周囲が振り向くと、罰が悪そうに係長が、人差し指を口に当てながら、香奈に耳打ちする。

 

肩を落とす香奈(。-_-。)
「どうしたの(・_・;?」
「係長が、私のパソコンのデータを飛ばして、部長が、今、修復してるんだってェ(-。-;」
「ありゃ´д` ;。」
「ちょっと、行ってくるねェ(>_<)」 香奈は、暗闇の中に消えて行った。

 

花火と共に納涼会も盛り上がりつつあるのに香奈と部長は、依然、姿を見せない。
先輩の一人が
「香奈ちゃん、遅いですね」
と言い出した。
香奈は、スタイルも良い上、守りたくなるような可憐なタイプ。
当然、社内ではアイドルなのだ。
「きっとさ、私達だったなら心配されないよ((-_-))」
真弓が、呟く。
確かに…。と思い頷いた。
係長が電話してみたが、会社も部長の携帯も、繋がらないと言う。
「あ!私、香奈の番号知ってますから、かけてみますね。」
ところが、探せど探せど携帯が見つからない。
思い出した!携帯をデスクの中に入れたきり忘れて来ていた。
「あ゛ー…σ(^_^;)私、見てきます。」
「悪いね。」
暗闇の中、会社へと急いだ。

 

会社に着くと、やはり真っ暗。
非常階段のマークだけが、不気味に光ている。
足早に階を上がると、部長が居る部屋だけ灯りが、ポツリと灯っていた。

部屋に近づくにつれ、変な音がする。

人の呻き声の様な、そして、ガダガタと何かがぶつかる音。

 

会社が空なのを見計らい、近所の工場に泥棒が入った、と先輩が話していたのを思い出す。

『ど、ど、泥棒?ふ、二人とも捕まってたら、どうしよ~ぉ(>人<;)』

祈る様な思いで、少しだけ、そお~ッと、ドアを開けて見た。

中を覗くと…

デスクの上に香奈が座っていて、身体を左右に揺すっていた。

『やっぱり泥棒なの(O_O)?』
様子を見ていたが、部長以外に人影は無い。

 

「んんん!」
香奈は、口に何かが入っているのか声にならないでいた。

部長は、香奈に近づくと手際良く制服のブラウスのボタンを外すと、グイッと背中越しに下げた。
白いレースのブラジャーの中に、豊満な胸が狭そうに隠れている。

『な、な、なんですとΣ(O_O)!』
入るに入れない状況に躊躇する。

 

部長は、香奈の耳の後ろから首に舌を這わせると、
「んふぅ!んふぅ…!」
顔を横に向けたまま、恥ずかしげに首を振る。
「思った通りの良い身体だな。」
下からすくい上げように香奈の胸を揉み始める。
「んん!ん!」
ガダガタ…デスクの上で身体を捩る香奈。
肩からブラジャーを引き下げられると、張りのある形の良い乳房が、ポロンと弾け出た。

部長は、まるで子供のように吸い付き、空いてる手で、反対のたわわな乳房を揉みしだく。
「んん!…んふ…ん…ん…」
「こんなに硬くなってるゾ」
乳首を人差し指と親指で挟み摘み上げる。
「ん…ん…んん!」
ピクリ、ピクリと反応する香奈の顔は、真っ赤に蒸気している。
部長は、徐々に舌を下に這わせたが、そこだけは護らんと香奈は足を固く閉じた

「それで抵抗しているつもりか?」

部長が香奈の足を高々と抱え上げると、上半身はデスクの上に寝そべる形になる。
そして、”つ”の字に身体を折り曲げると、今度は、お尻を舐め始めた。
クチュル…クチュルル…。
思わぬ所を舐め上げられ、思わず足の力が緩んだ。
「んんぅ!んんぅ!!」
顔を左右に激しく振る香奈。
「フフッ…ヒクヒクしてるゾ」
口を離すと、油断した足を全開にして顔を埋める。
「…ん!…ん!…んんぅ…んぅ…」
足が宙を蹴り、ピク、ピクと震える。
前後左右に顔を激しく振り、ジュルジュチュルと淫靡な音を立てて敏感部分を吸われ
「…ん!ん!ん!」
香奈は仰け反った。
開かれた足をから靴が落ち、足先が丸まり腹部を波打たせビクンビクンと突っ張る。

「んふぅーーー!」

香奈は、小鼻を膨らませながら、荒い息を残し果てた。
秘部から離れた部長の顔は、ぬらぬらと、妖しい光を帯びている。
まだ息を整えられないでいる香奈の口から、白い物が抜き取られ、床に転がる。

ぐったりした香奈は為す術無くデスクに上半身だけ俯せにさせられ寝かされた。

… 静まり返った部屋に

…カチャ、カチャカチャ…

ベルトを外す音が響く…

 

部長は、自らズボンとパンツを脱ぎ捨て、張りのある尻肉を掴む。
次の瞬間
「あああぁぁぁぁ…」
香奈は仰け反り、声を上げた。
「…イヤぁ…あ…はぅ…イヤぁ…」
頭を左右に振りながら、
「抜い…てェ…ぁあ…イヤぁ…ん…」
部長の手を掴む香奈。
そんな言葉は お構いなしに、部長は腰を密着させ、香奈の反応を確かめる。
「…ぁ…ぁ…イヤぁ…ん…」
腰の律動と共に、段々と声に艶が帯びて来た。
香奈のピンポイントを見つけると、今度は、ゆっくり小刻みに腰を動かす。
「ぁ…あぁ…あぁぁ…」
とめどなく溢れる喘ぎ声。
左手で乳首を摘み、右手でクリトリスを責めるとクネクネと自ら腰を密着させようとする香奈を見て、わざと問いかける。
「イィのか?ん?」
「…ぁあ…んあぁ…」
香奈は、首を縦に降る。
「何処が イィんだ?ん?」
豊満な胸を激しく揉みながら、腰を少しだけ動かすと
「…ぁん、…ア…ソコ…がぁ、…ぁあ…イィ…のぉ…」
「アソコって 何処なんだ?ちゃんと言わないと…」
腰の動きを完全に止め、尋ねる。
卑猥な言葉を口にするのに抵抗があるのだろう。
身体は快楽を求めてるのに、理性が働く。
…イヤ…イヤ…首を横に振る。
「そうか?言えないか」
再び前後に動き始めると、ジュル、ジュブと赤黒い逸物を、早めたり遅めたり、香奈の感度を引き出すかの如く腰を進める。
次第に、喘ぎ声が甘美を纏い始める。
「あぁ…ダメェ…イィ!イィの!
香奈は絶頂を迎えようと自ら動くが
それを手で制止し。わざと、ゆ~くり動き焦らす。
「ほら?イィんだろ?ん?イキたいか?」
「…ぁああぁあ…イキ…た…いィ…」
「そうか、イキたいか?」
香奈は何度も何度も頷く。
「なら、言ってみろ。何処がイィんだ?言わないと…」
腰を引き、先端だけで秘部を突つく。
「イヤぁ……欲し…いの…」
「ほら?言ってみろ」
部長に促され
「…ォ…マン……コ…です…」
消え入りそうな か細い声で答えたものの、自分の口走った言葉が恥ずかしかったのか、更に顔を朱色に染めた。

 

「良く言えたな、ご褒美だ」

香奈の両手を掴み引き寄せながら、
パァン!パァン!と激しく腰を打ち付ける

「うあ゛!うあ゛!あ゛!ゥぁ!!」
香奈は、弓形に仰け反り咽び泣く。
淫靡な音と腰を打ち付ける音が加速度を増すと、喘ぎ声は糸を引き、絶頂を迎えようと身体をこわばせる
「あはぁ、あぁ、あぁあ」
部長は、その時を見計らい、また、香奈の秘部から逸物を引き抜く。

迎えるべきタイミングをズラされた香奈は、恨めしそうに部長を見た。

そんな香奈を楽しむかの様に、逸物の代わりに指を出し入れしながら
「何処を、どうして欲しいんだ?ん?」
問い詰める。
「イヤぁ…抜かな…いでェ…」
懇願する香奈。
「何を奥まで欲しい?香奈、言え」
「部長…の…ォ…チンチ…ンを、…香奈…の、ォマン…コに…入れ…て…」
「俺のはデカイから、香奈のマンコ 壊れちゃうかも知れないゾ」
「イィ……奥まで…入れ…て。壊し…てぇ…」
香奈は、快楽を貪る自分を制する事は出来なくなりつつあった。
「あ゛!イィ!それ…凄いィ…!!」
まるで獣の様に、乱れていった。

香奈の声を合図に再び
パァン!パァン!パァン!
尻肉が震え弾ける
「くぅ…お前のマンコが絡みついてくるぞ。」
「ぁぁぁぁぁぁぁ…」
息つく間も無く喘ぎ声を出してよがり狂う香奈。
「『おまんこ、イィ』て言ってみろ」
「お…おまんこ、イィィ…はぁぁ、おまんこ、凄いイィ…イィのォ…イィ…」
「中に、たっぷり出してやる」
その言葉に我に帰ったのか
「イヤぁ、ダメェ、中、だめぇ!…」
「ほら!狂え!狂え!」
「あぅ…イクぅ~…イッちゃう…あ!ぁ!ぁ…!!」
「たっぷりくれてやる。ぉおおゥ!」
ガッチリ腰を掴み深々と挿す。
爪先立ちになる香奈
「あぁ…あつぃ…中…にィ…イィ…ぁぁぁぁ…」
部長は香奈の上にのしかかったまま、ぐったりとする。
香奈の太ももを伝い、白い液体が流れ落ちていた。

 

『と、と、とりあえ、あえず、こ、こ、この場は…ど、ど、どうしたら…』

動揺が隠せず、思わずドアノブを離してしまった…。

…カチャ!

鳴っちゃったぁΣ(゜д゜lll)!
ヤバッ!ヤバッ!!

「誰だ?!」
部長の声に

…ゲ、ゲ、ゲ、ゲ、ゲ~!
抜き足差し足、猛ダッシュ!
ひとまず、その場を逃げ出した。
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

猛ダッシュで走ること30m。
その後は、73歳の婆ちゃんの歩行並のスピードで頑張るも
「も゛ぉ~…ムリ…>_<…」 ヘロヘロに成りながら、コンビニへと駆け込んだ。 色々な想いが駆け巡りる。 『なんで、助けてあげなかったの?!』 『あんな姿、誰も見られたく無いだろ、仕方ないさ』 『チャンスは、あったはず!』 『香奈だって、本気で嫌がって無いさ。終いにゃ、おねだりしてたろ?』 『最低よ!』 『見てなかった事にしときゃ、良いさ』 結局、嘘を突き通すつもりで納涼会へ戻った。 花火は、既にフィナーレを迎えようとしている。 係長が酒臭い息で訪ねてきた。 「あれれ?部長と香奈ちゃんは?」 「あぁ、途中でさんと偶然、会い話し込んでしまって…;^_^A』 「行かなかったのぉ、会社ぁ´д` ;」 「ハイ、申し訳ありません」 「んも~ッ、使えないんだかだ。だから、君は~…」 永遠に続きそうな酔っ払い係長の話に、ただ ”スミマセン、スミマセン”と謝るしか無い。 花火大会の終演の放送が流れる頃、二人は、ようやく現れた。 「ごめんね!中々、立ち上がらなくって」 香奈の顔は、少し腫れている。 「ほんとだよ!ッたく!私一人で大変だったんだからね」 頬を膨らませた真弓 「え!?…真弓、…一人?」 一瞬で香奈の表情が 強張る。 「そうだよ、途中で誰かさん消えちゃったし」 真弓に、チラッと横目で睨まれた。 「だって、コンビニでさんと会うなんて思わなかったからさ」 「さん?」 「そう!営業三課で、大乱闘して辞めた人!!」 「あ!あの人( ´ ▽ ` )!凄かったね?!」 「あそこまでインパクト強い辞め方したら忘れられないッしょ(^ー゜)」 「確かにね、ウフフッ(o^^o)」 少しだけ香奈に笑みが戻る。 「片付けは二人で、やってよ」 自身の肩を拳でトントン叩きながら、真弓は背を向けた。 意外な程、簡単に片付けは終わり、二次会への誘われたけど、そんな気分にもなれず躊躇していた。 「行こうよ!!行こう!」 真弓と香奈が手を引かれ、渋々、二次会に向かった…

 

二次会の会場は、カラオケBOX。

営業課は、必ず1人一曲は歌うと言う暗黙のルールがあるらしい。

総勢30人ちょっとは集まっており、人の熱気だけで、ムッとしてくる。
女性が居れば、少しは和むのだが、皆、早々に帰ってしまい、私達だけしか居ない。
「じゃあ、俺、歌いま~す!」
元気な一番手が歌い始めると、曲に合わせて手を叩きリズムをとる。
盛り上がりを継続せんとばかりに、次々歌う営業マン。
あちらこちらで、ワハハッ!ガハハッ!と明るい笑い声。

お酒が入った真弓は、既に赤ら顔で
「何でッすかぁ?どーしてッすか?」
と、誰かれ構わず絡んで歩いている。

『香奈は…?』
見回せど会場には見えない。
『一緒に会場に来てたのに…??』
廊下に出てみたが、そこにも姿が無かった。

人数が多いのと賑やかなのとで、室内で注文が出来ない。
頼まれたオーダー分より少し多めに頼んでおこうと部屋を出た。

オーダーついでに、お手洗いの場所を聞いたが、どうも分からない。
グルグル同じ様な所を歩き、やっとトイレの前まで来ると、香奈が出てきた。
「あ!!香奈、居た!」
香奈に会えた事で、少し安堵したが
「ご、ごめん。先、行くね。」
香奈は、下を向いたまま足早に去り、その先には部長が待っていた。
肩を抱かれ、下を向いたまま歩く香奈。
香奈の様子が気になりつつも、とりあえず用を足すことにした。

会場に戻り香奈を探すと、部長の横に立ち、お酌をしている。
『あんな事されたのに、隣に居るてことは?心配無い?て、こと?』
安心した様な、拍子抜けした様な、複雑な心境になった。

中央に人山が出来ている。
何かと思い近づくと、真弓の大声がする。
「あたしの!この脚が!!魅力無いッて!言うんッすかぁ!えー!?」
かなり泥酔し呂律が回っていない。
音がうるさくて、よくは聞こえないが、誰かがボソボソと真弓に話しかけている。
「そうッすよ!部活一筋!分ッかりますか?!部活!一筋!!ね!?この脚で!この脚で、頑張って来たのに…」
今度は泣き声に変わる。
「いいッす!どうッすか!」

急に真弓の声がしなくなった。

「ヒュー!ヒュー!!」
「いい眺め!たまんねぇ!」
「つ、次、俺な!」
中心を囲む男性達の声がする。
「真弓! 真弓?!」
外から声をかけるが、返事は無い。
中に行こうしても、人集りで入れない。
時折上がる歓声。
『何?何が起きてるの?』
足元に屈み込み
「ちょっ、ちょっと、スミマセン」
掻き分け、掻き分け中心部に向うと…

 

「スミマセン、ちょっと…ちょ…」

人山を這い蹲りなんとか中央まで辿りついて目に映ったのは…。

パンツ一枚にされて、大の字に横たわる係長だった。

真弓は、仁王立ちし、靴のまま片足で係長の股間をグイグイと踏みつける。

『か…係長( ̄O ̄;)!』
哀れな係長に返す言葉出ず、その場にヘタリ込んでしまった。

「うぅ…許して下さい」
「止めていいのか!?ホラ!気持ちいいんだろ?」
係長の股間は、今にも飛び出しそうな位、盛り上がっている。
「はい。イィです、真弓…様」
「四つん這いになって、ケツを向けな」
おずおずと命令に従うと、パンツをズリッと引き下げられた。
細身の身体に不釣り合いな位の巨根が飛び出す。
係長の青白い尻を、再び踏み付けると巨根はピクピクと反応する。

真弓はテーブルに行き、手に皿を持ってきた。
皿には、スティックサラダの人参やらキュウリやらが入っている。

『ま、まさか?真弓たん?( ̄◇ ̄;)』

真弓は、そのうちの一本を引き抜くとマヨネーズをつけ、パクっと食べた。

『食べたかったんか(^◇^;)!』
と思ったのも束の間、更にキュウリを一本引き抜き、係長のアナルを突つく。
「欲しいんだろ?ん?」
係長の巨根の先から汁が滴る。

『え゛ーーーーー!!そ、それは!止めなはれΣ(・□・;)』

止める間もなくズブズブとアナルに埋まってくキュウリ。
それを、抜き差しされただけで
「ぁあ…真弓…様ぁ…」
女のような声を出す課長の鼻先に足を伸ばした。
「舐めな!」
係長は、ストッキングの上からペロペロと舐め始める。

しばらく舐めたが、やはり舐めづらいのだろう。
「ま…真弓様…じ、直に、足を舐めさせて…下さ…い…」
モジモジしながら、上目遣いで真弓を見る。

「ふん、良いだろ」
係長は、申し訳なさ気に近づき、立ち膝のまま、真弓のスカートに手を差し込む。

真弓は、視線を斜めに逸らした。

ストッキングをスルリと脱がし、肉付きの良い足に、係長がしゃぶりつく。

感じまいと、喉元を剃らせながらも声を堪える真弓。

それを見ていた男達の手が、一斉に真弓に伸びた。

ページ:

1

2
体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

他サイトの更新情報