2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

大学時代にエッチな男友達から授業中に体を触られ燃えてしまった話

この記事の所要時間: 332

【投稿者名】みゆき  【性別】女性 :2016/01/14 13:18:00

 

これは私が大学の時の体験談です。

大学の授業は大きい教室で大人数で受けることが多く

甘い先生の時だと皆私語や携帯、お菓子を食べる者までいたり

自由に過ごすことが多かったです。

 

そんな時、私は男友達と授業を1番後ろで受けていました。

私語をしつつ彼氏の愚痴を聞いてもらっていました。

男友達の名前はさとしにします。

 

私「最近彼氏のエッチが適当すぎるんだよね」

さとし「えー最悪だな!」

私「前戯ほぼ無しの挿れるだけだよ。ありえないでしょ(笑)」

というふうに下ネタも話せる間柄でした。

 

さとし「じゃーみゆき溜まってるんだ?(笑)」

私「んーまあね!(笑)」

と笑いあっていた時、さとしが私のパンツの上からクリに触れました。

 

私「んっ!?」

突然のことで驚きましたが、

私はクリが非常に敏感ですぐにお漏らしをしてしまうほど感じる体質ですので

つい感じてしまいました。

 

さとし「前見ないとーバレちゃうよ?(笑)」

ドキドキしましたが皆私語をしていて

ザワザワした教室でしたので

私たちの会話や行動を見ている人はいませんでした。

 

私「ちょっ…。やめて….んっ!」

最初は優しく触っていましたが、どんどん激しさを増していました。

 

私「やだっ….んっ!だめっ!」

さとし「パンツ越しでも濡れてるの分かる(笑)やばいね(笑)クリ弱いんだ?(笑)」

私「んっ…!」

教室でこんな事をされている

プラスさとしの言葉責めで私は興奮していました。

 

私「あぁん…んっ!やばい…いっちゃう…」

さとし「ハァハァ….まだ早いよ…?直接触ったらどーなるの..?いっちゃダメだよ…」

私「んっ…!ちょっ…激しいよ…ハァハァ」

さとしの股間を見ると勃起しており、余計に興奮しました。

 

さとしは着ていたジャケットを私の膝に掛けると

指が直接クリに触れました。

私「あっ!」

さとし「シッ!ばれちゃうよ?ハァハァ」

私「だって…んっ!あぁ…」

 

クチュッ….クチュクチュ….

音が響きはじめ恥ずかしさと興奮で

どうにかなりそうでした。

 

さとし「ハァハァ…やばい…溢れてる…やばい。」

私「んぅっ!あぁ…ハァハァ」

さとし「教室でいっちゃうの?変態だねー(笑)」

私「だめ…私いっちゃうと….出ちゃう…」

さとし「ん?何が?(笑)」

私「お漏らししちゃう……」

そう言うとさとしの指が激しく私を掻き回し

同時にクリを責めだしました。

 

私「やっ!ぁ….んっ!だめ….いく….」

グチュグチュッ

チョロ…チョロロロロ…..

 

私「あぁっ…ビクビクッ!!」

さとし「あーぁ…ハァハァ…教室でいっちゃう上にお漏らしまで….ハァハァ」

私「やだぁ…さとしのせいじゃん!」

さとし「ははは(笑)あーぁ…びちょびちょだね…舐めたいな~」

私「さすがに無理だよ(笑)」

さとし「エッチ出来る場所あるよ…行かない?もっと激しくしてあげるよ..?」

私「……。」

 

私たちは立ち上がり教室を出ました。

椅子がびちょびちょで恥ずかかったです。

さとしは教室の近くにある車椅子用のトイレを指差し入っていきました。

ページ:

1

2
体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 梨愛
    • 投稿日:2018/03/26(月) 17:24:55 ID:cwODE4NDY

    私の学校にはやんちゃな男子グループと女子グループがありました
    私はその女子のグループの1人だったのですが
    ある休みの日やんちゃな男子グループのsから家で遊ぼうと急に誘われたのです。
    私は何かあった時のためにもう一人づつ男女を呼ぼうといいました。
    そしてお昼すぎそのsの家で遊びその日は平然と終わったのです。
    次の日学校に行くとやんちゃなグループの男子6人が私の教室で待っていたのです。
    するとsが「昨日はできなかったもんね」
    といい私の腕をつかみ強引に誰もいない校舎に連れていき
    窓から教室に入れられたのです。
    そこには先輩が5人も、
    私は急に怖さがでかくなり教室から出ようとしました。
    すると、先輩の2人が私を捕まえて床に押し倒したんです。
    その後私は無残に犯され荒れた姿で教室にもどりました。
    その次の日も次の日も犯され続け私はあいつらの肉便器になったんです。
    あの頃の学生時代は最悪でした

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年3月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報