2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

隣の部屋に住む辱められたOLの性質

この記事の所要時間: 513

信じられない出来事が起きた。

エレベーターを降りると、男が突進してくる。

なんだ!と身構えたが、勢いよく走り去っていった。

ほんの一瞬だが、俺の隣の部屋から出てきたのが見えてた。

ドアが少しだけ空いていて、ドアの下にドライバーらしきものが挟まってる。

妙に気になり、チャイムを押したが応答はない。

 

拾ってみると、ドライバーではなくアイスピックだった。

アイスピックと逃走男?

ゾッとし、思わずドアを空け、すいませんと呼んだ。

すると、奥の方から「うぅーうぅぅ」と声がする。

「すいません、すいません」と連呼すると、さらに大きく唸り声がする。

「隣の部屋の者ですが、勝手に失礼します」と声をかけ、部屋に上がり込んだ。

信じられない光景が飛び込んできた。

 

目と口にはガムテープを貼られ、脚を閉じれないよう、ひざの裏に鉄パイプを通し縛り付け、足首に手首をガムテープで縛り付けられてる女が。

可哀想だったが、あまりにも卑猥な姿に興奮し、見入ってしまった。

仕事帰りを狙われたんだろう。

スーツの上着は剥ぎ捨てられ、ブラウスとブラジャーは引きちぎられ、巨乳がはみ出している。

スカートをめくられ、パンティ、パンストは引き裂かれてた状態。

 

女の唸る声で我に戻り、「大丈夫ですか」と声掛け、ガムテープを剥がしとった。

俺の顔を確認するなり、女は大泣きした。

辱められ、屈辱的な姿を他人に観られ、死にたい気持ちだったろう。

疑われたら、たまったもんじゃないと思い、泣いている女に経緯を説明した。

身長、体格が全く違う為、疑いの目はなかったが、男という生き物に恐怖を抱いている。

声を震わせ、精一杯、「ありがとうございました。もう大丈夫ですから」と言われ、長いは無用と思い、何か困ったことあったらと名刺を渡し部屋を出た。

 

翌々日、部屋のチャイムが鳴り、なんとなくピンきた。

やはり、隣の娘だ。

「すみません、ちょっとお話いいですか?」

「あっはい。ウチでもいいんですか?」

「構いません。」

インターホンでのやり取り後、部屋にあげた。

 

立ち直りには個人差はあるだろうが、どこか吹っ切れた様子だ。

彼氏にも家族にも言えない。

友達にも言えない。

とにかく、誰かに聞いて欲しくて俺のとこにきたらしい。

とても恥ずかしそうに、静かに語りだした。

 

「鍵を開けた瞬間、背後から襲われ、そのまま玄関に押し倒されました。

刃物みたいなもので、『騒いだり大声出したりすると殺すぞ』と脅されました。

怖くて言う通りにするしか、ありませんでした。

抱きつかれ、胸を鷲掴みされたとき、抵抗したら、平手打ちされ着衣を引き裂かれました。

ベッドに押し倒され、何度か平手打ちされ恐怖で声も出ませんでした。

後は何時間辱められたかわかりませんが、されるがままでした。

私の携帯が鳴り、必死で目線で訴えるとガムテープを少し剥がされ、『今から彼氏が来ます』と嘘をつきました。

すると『早く言えよ!』とか怒鳴りつけられ、すごい勢いで出て行きました。

 

会社には体調不良を理由に休みを貰ってるんですが、今日の昼過ぎに同僚から連絡があり、私あてに不信な電話があると伝えられました。

いろいろ詮索されましたが、知られる訳にはいきませんので、誤魔化しました。

公衆電話から着信があり、恐る恐る出ると、やはりあの男でした。

『もう一度念を押しとくが、警察にいったり、俺が不利な状態になると動画をネット流出、会社、家族、知人に全てバラすぞ。
俺が動けなくても、協力者がいるから必ず実行する。』

私は、なぜ私の携帯や会社の番号を知ってるのか?聞きました。

『馬鹿か?当たり前だろう。お前を拘束した後、免許証を撮り、やり方は教えないが携帯から情報をコピーした。』

それと…」

 

「ん?なに?」

「少し言いづらいんですが…」

「ん?」

「○○さんの事、彼氏だと勘違いしてまして…」

「え…、なにそれ?」

「すみません、さっきも話ましたが携帯が鳴ったとき、彼氏だと嘘ついて…」

「あぁぁ部屋を飛び出たら、俺がいたと」

「はい。メガネをかけた冴えない彼氏にも言っとけと。」

 

冴えないって言葉には引っかかるが、確かにバッドタイミングだ。

その状況なら俺を彼氏だと思うだろう。

こうなったら、俺も下手には関われない。

身の危険を感じてたが、後には引けない気持ちもあった。

 

俺は、差し支えない程度に質問した。

その娘の名はM25歳。勤務先は誰でも一度は耳にした事ある企業。

彼氏とは遠距離恋愛で、倦怠期。

 

「彼氏にも両親にも誰にも相談したくないのはわかるけど、俺に話す事できたんだから
今後もっと酷くなるかもしれないという事を想定すると、やはり相談した方が良いのでは?」

5分ほど沈黙があり、Mが言う。

「○○さんには、あんな姿を見られてるし、知られなくていい事を知られてるから…」

「あぁそうか…」

あの状況で嘘も言い訳もつけないし、ある意味さらけ出せるって事か。

 

俺の目には、鮮明にあの光景が焼き付いている。

正直、思い出すと興奮する所の騒ぎではない。

芸能人ではいえば、Mは○めぐみみたいな身体つきで、顔は○川遥みたいな穏やか系美人。

こんな出会いでなければ、一発で一目惚れしてる。

 

Mから申し訳なさそうに「少しの間、彼氏のふりしてもらえませんか?」と言われ、戸惑いはあったが恐怖心もわかるし、俺の下心もあり承諾した。

Mが必要な物を調達し、ご飯飲み物など宅配した。

 

一週間後、Mは会社に出勤するようになり、出勤と帰宅は時間を調整して行動を共にした。

ページ:

1

2 3

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報