2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

売上を伸ばすためにデパートの試着室でフェラし続けた1ヶ月の痴女アルバイト

この記事の所要時間: 458

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】女性 :2015/12/21 01:27:12

 

現在28歳の私が、大学時代のアルバイトで行った出来事です。

父があるデパート会社の会長であったことから、私がバイトをしたいと言ったら、父が経営するデパートなら良いと言われ、そこの紳士服売り場に配属になりました。

会長の娘という事もあり、殆どの方がよくして下さいましたが、只一人、隣の紳士服売り場の40代の女の店員の方だけが、周りに人がいない時に嫌がらせをしてきました。

 

理由は、自分で言うのもなんですが、男性社員の間で私が凄く美人で、おまけに「ボン-キュン-ボン」体型であると話題になったため、

独身お局としては苦々しくおもっていたらしいです。

彼女はいつも私に、「こねで採用されたアルバイトに儲けが出るものか!」と言って来たため、

彼女を黙らせるためには、どんな手を使ってでも儲けを出してやる…と腹に誓いました。

 

それでやったのが、試着ルームでのフェラチオです。

勿論、本来なら、商品の陳列や対応やら店頭に出すものなど、そういった戦略で勝つべきなのですが、私は8月だけの僅か1ヶ月のアルバイト。

もし戦略が上手く行っても、結果が目に見えて表れる頃には、私のバイト期間が終わるかも知れない。その意識からでした。

 

まず出勤前、男性がエッチな気分になると言う甘い、メスらしい香りの香水を着けます。

下着は勿論黒や真っ赤の花柄のブラジャーに、下はお揃いのTバック。

そして男性のお客さまがいらして、試着室に入られたら、制服の胸元のボタンを開け、さらにスカートを短くします。これで準備OK。

試着室の男性からチェックしてくれる様に声が掛かったら、作戦決行です。

 

「着てみたんだけど、どうかな?」

「とても良くお似合いですよ。でも少し着崩れしているので、お直しを致したいので、中に入ってもよろしいですか?」

「え、あ、はい。」

 

例え着崩れていなくてもこう言い、あの狭い試着室の中に私も入り、カーテンを完全に閉めます。

そして男性の前に、狭くて偶然当たってしまいましたを装って、胸をくっ付けながら回り込みます。

そして、ボタンを開けたおかげで見えている胸元を見せながら、まず襟元を直します。

 

次にわざと右膝を立ててしゃがみこみ、足下を直します。

ここでは前屈みになるので余計に胸元が見えます。

そして裾を直すときにはわざと両腕で胸を少し挟み、いわゆる「胸寄せムギュー」の状態にし、それで裾を直すわけですから、その状態の胸が揺れてる様子を見せつけます。

 

さらに極めつけは、膝を立てたせいでそこから見える、私の黒or赤のTバックです。

この時のため、下毛は絶対に見えないように処理もしているので、パイパンのパンティーを見ているような感覚です。

これをやると、どんな紳士的な男性でも勃起してしまいます。

そうなればこちらの物です。

 

勃起した物に気付き、

「あ、す、すみません!パンツが見えていましたね。」

と言いながら、立てていた右膝を元に戻すと、男性は思いっきり赤面しながら、

「あ、いえ、こちらこそスミマセン」

「でも、こんなにここがなってしまったのは、その……私の対応が悪かったからで……」

「いえ、そんな事はありません!私が悪いんです。」

「いいえ、やはり申し訳ないです。それにこんな状態では、正しいズボンのサイズをお測りすることも出来ません。プロとして、私が責任を取らさして頂きます。」

そう言って、おもむろに男性の股間に手をそえます。

当然、皆さん狼狽えますが、本気で拒絶した方は一人もいませんでした。

 

ズボンとパンツを全ておろします。

そして、唾液をたっぷりとおちんちんに垂らし、まず手でしごきます。

次第に興奮してきたら、次に金玉袋を両方口に含み、舌先で金玉をコロコロと転がしながら手で竿をしごき続けます。

そして最後に唾液たっぷりの金玉袋を右手で揉み、左手はお尻の穴を伝わせ、口で思いっきりバキュームフェラをし、射精に到達。

 

当然、精子を試着室内に飛ばすわけにはいかないので、全部完全に飲み干します。

1回で勃起がおさまらなければ、制服の間からおちんちんをおっぱいの谷間に挿し込んでのパイずり。

当然、それも全部飲み干します。

 

時期は8月でしたし、大部分のお客さまがおちんちんに汗を大量にかき、物凄い汗臭いおちんちんが9割方でしたが、

どんなお客さんのもフェラしましたし、どんなおちんちんから発射された白い液体も、1滴残らず飲み干しました。

 

そして最後に一言、

「この事は、誰にも内緒ですよ。でないと、私、またOOさんに会えなくなりますから。」

と思いっきり甘い声で、そしてトロ~ンとした目で言うと、誰も絶対に言いませんでした。

そして、最後はちゃんとお掃除フェラをしてあげて、これで完了。

 

これをすると、皆さん1回でとんでもない額と枚数の服をお求めになり、さらに1ヶ月のうちに何回も来てくださいました。

お陰で、売上高は全売り場と全店舗で1位となり、表彰も受け、お局も、何も文句を言ってこなくなりました。

 

結局アルバイト期間中、担当してお買い上げ下さったお客さんは全部で112人。

その全ての方のあれをフェラし、飲み込んだ精子は315回。

この間は正直、これが私の昼御飯になっていました。

それ位、お腹と喉に溜まる物だったのです。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/12/23(水) 10:28:00 ID:Q4NzYzNTE

     1回の発射量が最大5~6mlだから、1,5l近くの精子を飲んだのか。 そんな店員、本当に居るんだな。

      • 名前: 匿名
      • 投稿日:2016/01/10(日) 21:19:52 ID:ExODQyMTY

      飲み放題だな!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報