2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

母ちゃんのパンタロンの裾を捲り上げて脚を触って満足していたマザコン

この記事の所要時間: 053

僕が小学六年生の頃のこと。

ある土曜日、母ちゃんと一緒に買い物へ行こうとしていた。

あの時、いたずらをした。

とても寒い日だったから、母ちゃんは白いセーターに、紺色のパンタロンといった服装だった。

そして、母ちゃんは海老色のローヒールをはいていた。

市場の中で、こっそり僕は母ちゃんがはいているパンタロンの裾を捲り上げた。

すると、浅黒くて、濃い肌色の脚が見えた。

母ちゃんの露出した脚があまりにも色っぽく見えてならない。

 

「綺麗な脚だなあ。」

そう思いながら、母ちゃんの脚に触った。

ザラザラしたナイロンの感触がたまらない。

母ちゃんは濃い肌色のパンティストッキングをはき、そして、白いソックスをはいていた。

ザラザラしていて、温かく感じた。

母ちゃんに叱られた。

「先から、何してるの。あたしの脚に触って。嫌らしいわ、この子ったら、本当にエッチねえ。」

後のマザコン誕生の瞬間である。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: いつでもどこでまシコシコ
    • 投稿日:2015/08/12(水) 22:13:57 ID:Q0OTg4MDI

    徹底的に押し倒してオカンとやらんかい!中途半端な文章では勃つもんも勃たんで笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報