2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

夜道を歩いていた女子校生のお尻に性欲が限界突破したので後ろから複数で襲った結果

この記事の所要時間: 153

最近、夜道を一人歩きしている女子高生が増えています。

だから、襲われる事件も多発しています。

真夏の深夜の夜道、一人女の子が歩いていたら、男なら皆ムラっと催すはずです。

 

もう15年も前の事ですが、花火大会も終わって21時も回った時刻でした。

友人4人と、缶ビール片手に暗い夜道を帰宅し始めた処、50m位先に女子高生らしい女の子が浴衣姿で歩いているのに気付きました。

彼女等も、我々酔っ払いが後ろから歩いて来るのに気付いたらしく、早足で急ぎ出しました。

4人は酒の勢いもあって、前を行く女の子のふっくらしたお尻の動きに衝動を抑えられなくなっていました。

誰からとなく目配せして飛び掛かったのです。

 

彼女らは悲鳴をあげましたが、不幸にも近くに誰もいなかったので、背の高い方の女の子がまず浴衣を剥がれたのです。

履いていた草履が空を飛び、白い足が空中を蹴飛ばし始めました。

道路も舗装されてない田舎の草道でしたから、草が良いクッションになって膝小僧に怪我もなく倒れ込んだ様です。

160㎝程のその背の高い方の女子高生らしい女の子は、口を塞がれて成す術もないようです。

胸の覆いも剥ぎ取られ、幼児でない乳房がそこに有りました。

一人が抵抗する手を抑え、もう一人は足を掴んでいましたから、後はピンクの花柄の小さい布切れを取るだけです。

 

われらは4人でしたから、背の低い方は一人で抑えています。

手の空いた一人は舌なめずりして、衣服を剥がれた背の高い方に向かったのです。

手をピンクの布に触れて、持ち上げながら尻から剥ぎ取り掛かったのですが、驚いた事に股間には有る筈がない自分らより立派なものがあるではありませんか。

状況から興奮したのか、それは十分に充血し、空に向かっておっ勃っています。

それに、先っぽから透明の液体が溢れています。

女の子と見えたのに男だったのです。

4人は酔いがいっぺんに醒め、そのまま一目散に逃げ出した事は言うまでもありません。

こんな体験は滅多にありませんよ。

今では、良い夏の思い出になっています。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報