2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

お泊り=Hだと思っている私が出会いアプリで知り合った彼の宿泊するホテルに入って試した男の見極め方

この記事の所要時間: 439

昨日、お泊りしてきました。

彼とは、出会いアプリで知り合いました。

今から会おうよって・・・

駅まで迎えに行きました。

車に乗り込むと
「今日、泊まるとこないから一緒にお泊りしようよ」
って彼が言いました。

私はお泊り=Hって思ったので、お断りしました。

でも、泊まるところがないのはかわいそうなので、まずホテル空いてるか探しに行く事になりました。

 

グランヴィアに空きがあったので、そこに泊まる事になりました。

「荷物を置きに行くからついてきて」って言うから、お部屋について行きました。

南向きの部屋で、窓からは駅のホームが見えました。

彼は疲れていたようで「少し横になっていい?」と言うので

「どうぞ」と言って、私はソファでくつろいでテレビを見てました。

彼は、何度も「隣に来て座ってよ」と言ってました。

途中、何度か寝息が聞こえてました。

ちょっと寝ては、「こっち来てよー」って甘えます。

仕方がないので、ベッドに座りました。

彼は私の腰に手を回し、安心したように少し眠りました。

 

半分寝ぼけながら腰辺りを触ったり、たまに胸に触れては私に怒られ、抱っこしながら眠ってました。

そして、眠気がましになった頃、「服の上からでいいから胸触っていい?」って彼が言いました。

彼は、「こんな大きな胸を触った事ないから触ってみたい」って言いました。

確かに、今まで何度もそう言われて触らせてあげた事は何度かありました。

もちろん、女性ですけど・・・

まぁ服の上からだし、感触を知りたいって事だったので触らせてあげました。

揉むって感じではなくって、ほんとに大きさを調べてるって感じでした。

すごく感激した様子で
「ほんと大きいね。こんなに重いと肩凝るでしょ」
って笑ってました。

その後も腰辺りを抱っこするようにしながらテレビを見てました。

 

たまに胸を触ってきてましたけど・・・

私の方も手を払いのけるのが邪魔くさくなってほっておきました。

彼も別に揉むって感じじゃないし・・・

でも、Tシャツの上から触られてると、少し乳首が勃ってきてたようです。

彼は、テレビを見ながら乳首を指先でソフトタッチしてました。

フッと私の顔を見上げて「コリコリしてるよ」って彼が言いました。

笑いながら、手を払いのけました。

彼はまた腰に手を回し、テレビを見ながら暫らくするとニットの下に手を入れ、ブラジャーの上から触れてきました。

もう、いいやぁって思って、触らせてあげました。

 

彼の手は、相変わらずソフトタッチで、不快感はありませんでした。

Tシャツをまくり上げ「綺麗な胸だね。グラビア出れるよ」ってまじまじと観察してました。

そして、何気におなかにキスをしてきました。

ちょっと反応してしまいました。

クスクス笑いながら、少しずつ胸元に近づいてきました。

そして、ブラジャーの上から乳首を唇で摘むようにブラジャーを外され、乳首に吸い付かれました。

彼は、舐めるのが上手って言ってた通り、とても気持ち良くって力が抜けちゃいました。

もぉ彼に抵抗することもなく、身を任せました。

かなりの時間をかけて胸を揉んだり舐めたり・・・

スカートを脱がされる頃には少し期待もありました。

なのに、フッと立ち上がってお風呂へ行っちゃいました。

 

彼は、30分近くお風呂に入ってました。

私は自分でパンストを脱ぎ、パンティだけでお布団に潜り込んでテレビを見てました。

彼が出てきてベッドの端に腰をかけました。

胸を触りながらテレビを見たり、CMになったら胸を舐めたり・・・

そして、パンティの中に手を入れてクリに触れたり・・・

そして、足の方から潜り込みパンティを脱がし、いきなりクリトリスを舐めだしました。

やはり、乳首を舐められた時に上手だった舌使いはかなりのものです。

ソフトなのに、確実に気持ちのいいところを刺激してくれます。

最初は、胸を舐められても触られても素知らぬ態度をとってましたが、・・・もうムリです。

ほのかに喘ぎ声が漏れてしまいます。

 

クリトリスを20分くらいかけて舐めてくれました。

私は、すでに腰が動いてました。

いつもまぐろな私の腰が、勝手に彼の動きに合わせて動いてました。

その頃には、すでに身体は痙攣したり愛液がかなりあふれ出てたようです。

彼は音をたて、下を尖らせ中まで綺麗に舐めてくれます。

お尻の方まで綺麗に舐めてくれます。

そして、またクリトリスを執拗に舐めてくれました。

1時間以上舐めてくれた頃、またじらされました。

まだ舌先しか入れてもらってません。

なのに、もう2~3回はイってしまってます。

 

少し休憩と言ってテレビを見ました。

きっと、私がSEXをするのが久しぶりだという事もあって、何度もイってたので休ませてくれたようです。

ぬるめのお湯をはってくれたお風呂でゆっくりしました。

結局、その日はSEXはしないで私は帰りましたが、自分勝手ではなく私の気持ちを酌み取って配慮してくれる彼を本気で好きになりました。

 

おわり

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報