2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

女子高生とセフレ関係になった円光逆ナンパのお誘い

この記事の所要時間: 248

【投稿者名】Hなおじさん  【性別】男性 :2016/04/06 06:40:22

 

俺30歳、彼女18歳高3。地元の大学に進学予定。ちょっと元AKBの指原に似た感じ。

休日の土曜、映画を見に行ったが、始まるまで少し時間が有ったので、椅子に座ってパンフを見ていた。

「おじさん、1人?」

「そうだよ」

 

「少し時間くれない?」

すると耳元で「2万で良いからイイ事しよ」

誘いに乗ることにした。

 

映画を見ずに、俺の車でラブホへ。

着いて直ぐ浴室へ。体を洗い合っているうちに愚息がムクムク。

「ア~大きくなった」

しげしげと眺めて恐る恐る手を伸ばしてくる。体を拭いてベッドへ。

 

「こんな大きいの入るかなぁ」

愚息は大きいわけでも、太いわけでもなく、まぁ人並み。

 

「進学する前に、処女卒業したいの。少しお金も欲しいし」

「エッ処女なのか?」

「クラスで私だけなんだよね。おじさん優しそうだから、思い切って声掛けたんだ」

内心は、処女は面倒くさいなぁと思いながら、下着を全部脱がせた。

 

キスから始めたが、彼女は眼を閉じたまま緊張している。

時間を掛けて愛撫しているうちに、彼女は感じ始めた。乳首とクリが敏感なようだ。

クンニすると「あっ!そんなとこ汚いよ」

「Hはこういう事もするんだよ。君のココ良い香りがするね」

わざと大きな音を立ててクンニ。

 

「あ~気持ちいい。あっあああ~」

愛液でタップリ濡れるのを見て「さ、大きく脚を広げて。此処に力が入ってると痛いよ」と言ってヌレヌレの膣口に愚息をあて、ヌルッと少し入れたところで、彼女の体を抱きしめる。

俺は一気に挿入した。

 

「あ、痛い、痛いよ~」

「最初は我慢して」

2~3度動かしたあとで、愚息を抜いた。

 

彼女は荒い息をしながら涙顔。破瓜の印に、愚息が赤くなってる。膣口からも赤いモノが・・・。

彼女は俺を見てから両手で抱きついてきた。俺も彼女の頭と腰を両手で抱きしめた。

愚息はギンギンの上体で彼女の腹に当たったまま。

「もう一度入れるよ」

コクンと頷いたので挿入。

 

「あっ、痛~っ」

痛いのを我慢させながら、腰を動かす。

イクヨッと言い、彼女の腰を強く引き寄せて、ウムムゥと、そのまま彼女の中へ思い切り放出。

 

「また逢いたい」と言うので、携帯番号とメアドを教えて約束のモノを渡す。

お金は進学に必要なものをそろえるのに使うという。

 

彼女は経済学部へ進学。進学と同時に一人暮らしを始めたので、その後は彼女の部屋でH三昧。

俺は工学部卒だけど、時々勉強の相談にも応じている。

彼氏を作れよと言ったが、男は俺一人でイイと言う。

一回りも違うのに「卒業したら、おじさんのお嫁さんになろうかぁ」なんて言ってる。

仕込んだ訳ではないが、今では自分からフェラをしたり騎上位になったり、エロイ女になってきた。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報