2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

人妻に性的な魅力を感じる理由

この記事の所要時間: 333

女性の好みは人それぞれですが、私は人妻に魅力を感じるのです。

一人の男性を愛し、生活を共にして性生活を営んでいる女性の色香が好きなのです。

単なる熟女好きとは一線を画します。

 

一般に、女性は乳房も女陰も男性に見られることを拒み、服の上からでさえ触れられる事を嫌います。

でも、愛する男性には喜んで晒し、直接触れられれば更なる喜びを感じるのです。

そしていつしか寝食を共にする夫婦となるのです。

 

妻となった女性は、愛する夫の求めに応じて裸になり、乳房を揉まれ、乳首を吸われ、開帳した女陰を弄られ舐められるのです。

本当は恥ずかしい事ですが、愛する夫にされるのはとても嬉しいのです。

そして、夫の男根を口に含み、やがてそれを淫穴に受け入れて一つになるのです。

生の男根を淫穴に受け入れる行為は妊娠を許容する意味を持ちます。

しかも、受け入れた男根の刺激で快感を味わうのです。

快楽に酔い痴れながら淫乱に体を躍らせて喘ぐ姿は、愛する男性以外には恥ずかしくてとても見せられません。

 

夫の前にも愛した男性がいたでしょう。

その男性にも同様の姿を晒していましたが、愛する夫には蜜壷に熱い子種汁を注がれる事まで許すのです。

いや、生男根から注がれる子種汁を欲しているのです。

愛する夫の子供を産みたいと切に願って股を開くのです。

 

男性側からすれば、愛する女性の女体を好きにして恥ずかしい女陰を眺めて弄って淫穴に男根を突き刺して、淫乱に変化してゆく女性を楽しみながら性欲を満たしているのです。

しかもその女性は自分専用の生身の女体なのです。

その蜜壷に子種汁を注いで分身を宿させる権利を持っている唯一の男性なのです。

それこそが夫であり妻なのです。

 

妻という立場にいる女性は、どんなに清純な女の子に見えても、どんなに清楚な淑女に見えても、夫と言う男性に股を開いて淫穴から牝汁を噴出して男根の責めに破廉恥に悶える姿を確実に晒しているのです。

淫欲盛んな女体を着衣で隠して、お澄ましして生活しているのです。

あなたの職場の可愛い新婚若妻も、美麗な人妻OLも、気さくで明るい社食のおばちゃんも、お淑やかな和装が美しい行き付けの店の女将も、夫に股を開いて淫穴から牝汁をブチュブチュ飛び散らせて男根の摩擦に卑猥な姿を晒すのです。

私は、そんな女性が夫以外の男根に浅ましく啼き悶える姿を見ると、とてつもない興奮を覚えるのです。

 

そうなった原因は、私の初体験にあるのです。

私の初体験は大学1年の初夏の頃でした。

進学のために上京した私の面倒を見てくれたのは叔母(母の弟の奥さん)でした。

私の部屋でオナニー用のエロ本を見つけた叔母は、私の筆下しをしてくれたのです。

当時叔母は37歳、聡明な美貌の才媛でしたが、私の男根で恥悶えする姿は信じられない淫女でした。

その日常の印象とのギャップを味わったら、麻薬のようにやめられなくなりました。

 

私は大学の4年間、月に数回は叔母と歓喜の宴に耽溺していました。

叔母に、

「あなたの持ち物は主人より立派だわ。私の知っている限り過去で一番立派よ。自信持っていいわよ。」

と言われてその気になりました。

その頃は標準を知りませんでしたが、その後関係した奥様方のお話で、長さ17cmは巨根ではないけれど大きめだと言う事を知りました。

 

叔母との肉交が忘れられなくなった私は、バイト先などで知り合った人妻には片っ端から声をかけていました。

成功率は3割くらいでしたが、大学時代に叔母以外にも二十数名の人妻と関係していました。

20代半ばの女子大生のように可愛い若妻も、50代の気品溢れる奥様も、不貞男根に発情して淫穴を剥き広げて淫らな姿を披露して、夫を裏切る背徳に溺れていました。

本気で好きになって真剣交際した奥様もいました。

そんな奥様は中出しもさせてくれたので、もしかしたら私の子供を産んだ奥様がいらしたかも知れませんね。

 閲覧回数:3,281 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  , 

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報