2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

おっぱいパンと30代前半だった叔母の柔らかいおっぱいの思い出

おっぱいパン

この記事の所要時間: 10

40年近く昔のちょっとエロい出来事。当時5、6歳だった頃だったと思う。

親戚の家でまだ独身だった叔母(恐らく30代前半)と二人きりに。

どういう経緯でそうなったかは忘れたが、掘り炬燵に並んで横になった状態でオッパイの話しになり、叔母が「触ってみたい?」と誘惑してきた。

素直に「うん」と答える俺。5、6歳だからな。

振り子時計がカチカチと鳴る音だけの静寂の中、叔母の暖かい手に導かれ赤いセーターの中に。

何をどうしてよいのかも分からないまま触り続け、その柔らかさが今も鮮明に記憶に残っている。

しばらくして「もうお終いネ」と優しく叔母。

もう少し触りたかった俺は「もっとオッパイ」とお願いした。

そしたら叔母が「じゃーオッパイを買いに行こうか」と外へ。

行った先は近所の店。買ってもらったのは甘食。

叔母からはオッパイパンと教わった。

それ以降甘食を見るたびに叔母のオッパイを思い出す。

あまりHな話しでなくすみません。

初めてのHな経験がこれだったのでつい書きたくなってしまいました。

あまりHな話しでなくすみませんでした。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報