2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

部活の合宿中に片思いの男子の寝こみを襲って初体験した初恋話

この記事の所要時間: 819

【投稿者名】エッチな名無しさん  【性別】女性 :2015/10/28 10:38:26

 

私は20代の、都内医学部の女子大生です。

これからお話しするのは、高校2年の部活の合宿中のことです。

自分で言うのもなんですが、私は男女問わず、皆から美人だと言われます。

告白も沢山されてきました。

しかも有難いことに、おっぱいは高校2年の時で既にEカップあり、身長は168㎝ありましたのでスタイルもまあ、良い方だと思います。

(今はおっぱいはFカップです)

 

そんな私が、高校の合宿中、好きな男子の寝込みを襲い、逆襲を受けました。

私は高校時代、茶道部に入っていました。

何処の茶道部もそうだと思いますが、女子ばっかりです。

しかし唯一、部員20名の内、隣のクラスの男子が一人、入部していました。

しかも彼は男らしいかっこよさ(ジャニーズ系とはまた別の)があり、偏差値も75、スタイルも良く、武道の達人。

色々なクラスの女子が狙ってた、難攻不落の男の子。

当然、私もその一人。

 

合宿初日、次の日のお茶会に向けて皆汗だくになって準備をし、夕飯まで3時間の自由時間になった。

女子は大きな部屋2つに別れ、彼は離れたところにある、周りが芝生になってる同じ広さの部屋に一人。

私(B)は当然、なるべく彼と一緒にいたかったので、彼(A君)が東京駅で買った炭酸水を貰う、という口実で、彼の部屋に行ったんです。

「A君、炭酸…」

そう言いながら彼の部屋のドアを開けると、そこにはパンツ一丁の彼が部屋の奥の椅子で寝ていた。

私は咄嗟にドアを閉めた。

心臓がバクバクしている。

しかし、やはり思春期の女の子。

そっともう一度ドアを開け、ゆっくり彼の方に近づいて行った。

 

そこにはパンツの上からでも分かるほど、明らかになぜか、大きく勃起した物が下腹部に付いていた。

いけないと思いながらも、私はおもわずポケットからスマホを取りだし、急いで無音カメラをダウンロードし、彼のその大きな物を撮った。

その画像を確認した私は、ゆっくりと彼の前にしゃがみこんだ。

すると強烈なエッチな匂いが、私の鼻を刺激した。

先程までの作業でかいた大量の汗のせいで、それはとても汗臭く、どろどろした匂いだった。

私はアソコが思わずジュアっとするのを感じながら、自分の鼻を彼のおちんちんに近づけた。

「ああ、良い匂い。 これがA君の、オスの匂い。」

舌先でそっとパンツ越しに舐めてみると、寝ているにも関わらず、ピクッとした。

私は彼が寝ている事を十分に確かめ、部屋の鍵をかけに行き、彼のパンツをそっと下ろした。

 

その瞬間、辺り一面に、汗臭いおちんちんの匂いが立ちこめた。

「これが、おちんちん…なんて大きくてたくましい…それに凄く黒い。」

私は今まで父親のしか生では見たことがなかったが、明らかに彼のは大きかった。

私から見て右に曲がっていたが、のばしたら確実にへその位置より上にきた。

「触りたい…」

鼻を近づけ、おもいっきり息を吸いながら、ちょっとずつ触った。

「熱い、硬い、なんてエッチな匂い。頭がクラクラしてくる。」

最初は亀頭部分だけを、徐々に下に向かいながら、次第に竿全体を握った。

私が強く握ると、彼のおちんちんがピクンと動き、またそれが更に私のパンツを濡らした。

 

「寝てるのに、おちんちんは感じるんだ。」

わたしは彼の生おちんちんを、色々な方向から写真におさめた。

正面から、上から、下から。

彼が気付いて先生に言われたら、私の人生は終わる。

そんな罪の意識さへも、パンツを余計に濡らし、頭をクラクラさせ、更には乳首を硬くさせるだけだった。

「どんな味がするんだろう…  舐めたい…」

私は遂に、彼のおちんちんを舐める決意をした。

もう頭は好きな男子の勃起したおちんちんとその大きさ、更には強烈な臭いでクラクラ状態だった。

「まずは下にぶら下がってる金玉を」

そう思って、舌先を伸ばした瞬間、

「Bさんって、エッチだね。」

 

!!!

 

恐る恐る上を向くと、A君が目を開けて、こっちを見ていた。

「Bさんがパンツ越しに僕のおちんちんを撮影してる所から見てたよ。
まあ、さすがに舐めようとしたから 目を開けたけど。」

顔面から血の気が引いた。

恥ずかしさと悔しさと絶望と。

色々な感情が一瞬にして私の脳を駆け巡った。

「あ、ああ…」

すると彼はアソコを勃起させながら裸で私の前を横切り、ドアの方に歩いていき、

「うん、確かに閉まってるね。Bさん、君のそのスマホ、ちょっと貸して。」

言われた通り渡すと、彼は私の前でおちんちんを勃起させながら、

「君が撮った写真は全て消したから。さてBさん、ここに座って。」

彼はそう言いながら、先程まで寝ていた椅子に脚を拡げて座り、脚と脚の間の隙間を叩いた。

 

ハッキリ言って、彼に逆らう訳にはいかなかったので、私はそこに大人しく座った。

大きくて硬い彼の息子が、私の背中にピッタリくっついた。

「Bさん、僕は女子が嫌がることはしたくない。だから嫌だったら言ってね。 すぐに止めるから。」

そう言い終わると同時に、彼は後ろから私の右耳を口にふくんだ。

「ひゃいん!  ああ、何して…」

最初は軽く口に含み、徐々に舌で耳の中を彼は舐めだした。

そして両方の手のひらで、乳房を下から優しく、円を描くように服の上から揉んで来た。

「A君、ちょっ、 ああん!」

乳房を愛撫しながら、舌は首筋、首裏と、まるで生き物のようにはっていく。

「Bさんのおまんこ、もうぐちょぐちょだね。」

耳元で、息を吹き掛けるようにそう呟く彼の言葉に、私は先程までの血の気が引いていたのが嘘のように、またパンツが濡れてきてしまった。

 

「僕の汗臭いおちんちん、あんなに匂いを嗅いでたんだから もう大丈夫だよね。」

そう言うと彼は、私のTシャツ、スカートをそっと脱がし、ブラに手をかけた。

「あ、ブラはダメ!」

咄嗟に両手で胸を覆ったが、また耳元で、

「君も僕のおちんちん、見ただろう。」

そう言われてはどうしようもない。

私は胸から手をほどいた。

と同時に、彼は驚くほど早いスピードで、私のブラジャーを外した。

「何でそんなに早いの!?」

「ブラジャーの構造さえ知っていれば、こんなの一瞬で外せる。 例え初めてでも。」

いよいよ私の胸が、いや、勃起した乳首までが、彼の目の前に露となってしまった。

 

『見られてる、A君に、私のおっぱいが。』

 

「綺麗だ。 上から見ると、君の谷間がよく分かるよ。」

するといよいよ生の乳房が揉まれ始めた。

相変わらず優しく、全体的に、そしてつままれたかと思うと乳輪の周りを指の腹でなぞり出す。

しかし絶対に乳首には触れてこない。

当然私は乳首が痛いほどに勃起する。

「く、ああ… そんな、意地悪…」

「何が意地悪なの?」

「A君、く、本当に、あう! 初めて?」

「勿論」

 

短くそう答えると、彼は私の手を前にある小さなテーブルにつかせ、四つん這いのような格好にさせ、今度は激しく揉んできた。

Eカップの私の乳房は、重力に従って下に向かう。

それを彼は決して乳首には触れないよう、下から揉みしだく。

彼の手からあふれる大きさの乳房は、私のパンツの上から、思いっきり押し当てて動かしているおちんちんに合わせて、前後にたぷたぷ揺れる。

その動きに合わせ、たぷんたぷんと乳房が揉みしだかれる。

彼の指の動きに合わせ、私の乳房が自在に形を変えていく。

強く揉まれれば乳房は指の形にへこみ、離せばまた元に戻る。

もう私はパンツ越しのおちんちんの熱さと、胸からくる快感、そして辺りに立ちこめる彼の汗臭いおちんちんの香りとで、思考は完全におかしくなっていった。

 

「くっ! もう、勘弁して。おかしくなっちゃう。」

「おかしくなるから止めるの? それは嫌がってはないよね。」

「ああ、そんなこと、言わないで…  あひ!」

「お、お願いだから、おっぱいばっかりそんなに触らないで。
乳首も、触って。 あああん、っ、ああ!!!」

する彼は突然、私の胸を揉むのを止めた。

「ああ、 なんで…」

「そんなに乳首を触って欲しかったら、さっきの続きが出来たらだね。
僕のおちんちん、フェラしてくれない?」

椅子に座り直し、彼はそう言った。

さっき自分がしようとしたことだったけど、いざしてくれと頼まれると、もう恥ずかしさで顔が真っ赤になるのが分かった。

それでも体の芯から沸き上がる、一人エッチでは体験したことのない感覚に、思春期の女の子が勝てるわけはなかった。

 

因みに私は一人エッチをよくします。

女子の間でそう言う話になると、大抵皆何日かおきですが、私は多分多くの男子同様、毎日していました。

道具は持っていませんが、スマホでエロ動画やエロ同人誌を見ながらやったり、妄想でやったり。

その妄想の相手こそ、A君でした。

A君に強姦まがいにめちゃくちゃに犯される妄想ばっかり。

それが今、現実になろうとしている……

ページ:

1

2 3

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/11/08(日) 01:46:40 ID:cyNjU3NDg

    結ばれるといいね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報