2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

初めての複数エッチを体験したアラフォーのパート主婦

この記事の所要時間: 724

【投稿者名】アラフォー主婦  【性別】女性 :2016/08/08 11:16:50

 

 アラフォーのパート主婦です。二カ月前、職場の主任さんからこんなお誘いがありました。

《今度、僕の知り合いと飲み会することに。既婚者ばかりの男女で、気兼ねなく飲んでおしゃべりして普段のストレス解消しようと。もし、良ければ参加しない?》

主任さんは私たちパートに優しく、職場の担当、シフトの調整など色々と配慮してくれて、みなさんから信頼されている方です。

そんな主任さんからの、せっかくのお誘いなので受けることにしました。

 

 当日、居酒屋の個室で飲み会が始まりました。男性は主任を含めて5人。30代半ばくらいから40代後半の方で、女性も私を含めて4人。多分、みなさん30代だと思われました。

《これって、合コンじゃない》そう思いながら、和やかな雰囲気で会は進みました。そして、お酒の量が増えてくると、旦那さんや奥さんへの不満の声が多くなりました。

女性からは《セックスレス、収入が少ない》

男性からは《女性らしくして欲しい、食事が美味しくない、言葉遣いが悪い》

どこの家庭も同じ悩みを持っていると思いました。

 

 9時なり会が終了することになりました。二次会のセッティングはなくて、気の合った同志で行うことになっていて30代半ばくらいの男性二人から、カラオケに誘われました。

主任さんにそのことを告げると《彼ら良い人だよ。せっかくなので、楽しむと良いよ》と言ってくれて、主人にも遅くなるかもと話をしていたこともあって、お受けすることにしました。

カラオケに向かう途中《美人と一緒にカラオケなんて光栄ですよ》こんなことを言われて、嬉しくなった私はテンションが上がってしまいました。

 

 3人でにぎやかにお話をしながら歩いているうちにカラオケに入るのを忘れて繁華街の外れまで来てしまいました。目の前にはホテルが。

「カラオケが付いてある部屋があるみたいだ。ここで良いですか?」メガネをかけた男性が言いました。

「カラオケはありますけれど、ここホテルですよ!?」私が言うと。

「ダメですか?歌を歌うだけですから」もう一人の小柄な男性が言ったので、私は。

「絶対、変なことしないって約束してくれますか?」

男性二人が《勿論です!》声を揃えて言いました。

 

 3人でゆったりできるスィートルームに入りました。私は久しぶりに入るホテルでしたので、お部屋に入ってから中をキョロキョロ見まわしてビックリ。物凄く豪華なのです。大きく立派なソファ、豪華なベッド、お風呂も4人くらいがゆっくり入れるジャグジー付の湯船。

喉を潤してからカラオケをということになって、飲み物を飲もうとすると、ルームサービスがあって簡単なおつまみまで付いていました。

《今のホテルってスゴイわ!お部屋もサービスも昔と全然違うわ》

こんなことを男性たちにお話しすると、男性たちもその話に乗ってきて、カラオケで歌うのを忘れて話し込んでしまいました。

そのうちに小柄な男性が《せっかくなので、みんなで大きな風呂に入ろう!》こんな提案が。

「みんなで?それなぁ。約束が違いますよ。変なことしないって!」私がちょっと大きな声で言うと。

「大丈夫です。何もしませんから僕たち!」男性たちはしきりに《何もしない》を強調しました。

そして、ついに根負けしてしまい、一緒にお風呂に入ることにしました。

 

 先に私が入り、備え付けの石ケンを入れてジャグジーで泡風呂にして、身体を泡の中に隠していると男性たちが入ってきました。

「キャッ!」横にいた小柄な男性が私のお尻を触ったので、小さな悲鳴を上げてしまいました。

「すみません。手を動かしたら触ってしまいました。事故、事故です」言い訳をしました。

「ヘタな言い訳だぞ!」すぐにメガネの男性が言ったので、これを聞いてみんな大笑い。少し緊張していた雰囲気がなごみました。そして、いきなりメガネの男性が。

「せっかくですから、身体を洗いますよ」私の手を取って、湯船を出てイスに座らされました。私は何が何だかわからなくてパニックに、そして。

「そうですね。せっかくですから」こんな返事をしてしまいました。男性たちが私の両側にきてボディソープを手で泡立てて、そのまま私の身体を洗い始めました。

「アノ~。どうしてスポンジを使わないのですか?」私の言葉を無視して、洗い続ける男性たち。

 

 そして、その手がオッパイを触ったので《何もしないって、約束したのに!》男性たちに言おうとしましたが、四つの手がオッパイのほかに背中、お尻、太腿を微妙な触り方をされて思わず《アァ~ッ!》声が出てしまいました。

男性たちはその声を聞くと大胆になり、メガネの男性がキスをして口をふさぐと小柄な男性が私の大事なところを触りました。私が感じ始めているのがわかると、オッパイを吸われ、脚を大きく広げられて大事なところに指を入れられ。

「アァ~。気持ちイイ!」身体をガクガク震わせて感じてしまいました。

男性2人を同時にお相手した経験したことがなく、初めてのことに物凄く興奮してしまって、立ち上がろうとするとフラついてしまい、男性に両側から抱かれてお風呂を出てベッドに寝かされました。

 

 ベッドで男性たちに身体中を触られキスをされて、今まで経験したがない気持ち良さを感じていると、メガネの男性が私の口の中に男性自信を。それを見て小柄な男性が、そり返った男性自信にコンドームを着けて私の脚を広げて中に入ってきた時に。

「ダメッ。イイ~ッ!」大きな声を上げてしまいました。男性たちは代わる代わる私の中に入ってきて激しく腰を動かされて頭が真っ白になりそうになったので、両手でシーツを握り締めて、口を大きく開けて。

「わ、私、もうダメです・・・お願い・イって!」そう言うと。メガネの男性が腰の動きを早くして、そのまま私に覆いかぶさり《ウッ!》唸って下半身をピクピク痙攣させました。

それを見た小柄な男性が自分自身を握って上下に動かしオッパイに白い液体をかけました。

 

 それから私がベッドぐったりしていると、男性たちはソファでお酒を飲みながらアダルトビデオを観ていました。30分ほどするとメガネの男性が。

「すみません。もう一回。イイですか?」ベッドに横になっている私に近づくと、小柄な男性もベッドの上にきて私にキスをしました。

「イイけど、あまり長くしないで。私、壊れちゃうから!それと私、もう子供をつくらないのでピルを飲んで避妊をしているのでゴム着けなくてイイから!」

そう言うと《エッ!本当か?中に出してもイイのかよ!》

 

 小柄な男性を見ると、もう男性自信がそり返っていて、さっきの余韻から大事な部分が濡れている私の脚を広げると、自分自身を握り一気に奥まで入ってきました。

「生だと、すぐに出ちゃいそうだ。気持ちイイ~!」そう言って、激しく腰を動かしました。

少しすると、メガネの男性が小柄な男性の肩をたたき代わるよう合図してから、私を四つん這いにして後ろから入ってきました。

「本当、気持イイな!生は久しぶりだよ」私の腰をつかみパンパンと腰を打ちつけながら言いました。

私は《気持ちイイ~!ダメ~!イク~!》繰り返し声を上げ続けました。

 

 また、小柄な男性に代わり、今まで以上に腰を激しく動かしました。《ウウ~!》唸り声を上げると動きが止まって私の中に射精しました。

男性が離れると私の中から男性が出した液体がドロッと出てくるのがわかりました。

《次は俺だ!》メガネの男性が私を仰向けにして入ってきました。

「もうダメーっ!壊れちゃうー!許して・・・」私の声に《出る。出すぞ~!》そう言って動きが止まり下半身を痙攣させました。

私はしばらくベッドの上で身動きできずにいるとメガネの男性が《そのまま帰ると旦那にバレるぞ。風呂で綺麗に洗ってやるよ》そう言って、私を抱えてお風呂に入り、シャワーで身体を洗ってくれました。

 

 帰り支度をしていると小柄な男性が《また、3人で会いませんか?次はモット気持ち良くさせますから!》メガネの男性も《俺、良いオモチャ持っているから試してみようよ!》

私は《考えておきます》返事をして一応、連絡先を交換しました。

翌日、主任さんから《昨日はあれから楽しんだ?》そう聞かれて《本当に良い人たちでした》と笑顔で答えました。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報