2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

オモチャにされる彼女

この記事の所要時間: 559

全裸の彼女は口に咥えさせられたディルドを結局3回落とした。その度に男達のチンチンを謝りながらしゃぶらされた。
「・・・はぁ、はぁ、ごめんなさい、、おチンチンしゃぶるから、、、許してください、、はぁ、、はぁ、、」

「○○ちゃんの口マンコ、緩くなったんじゃねー?」

「咥え過ぎなんだよー(笑)」

「もっと口マンコ締めないと、ザーメン出せねーよ」男達は好き勝手なことを言い、言葉で彼女を陵辱する。
「ああぁん、、そんなこと言わないでぇ、、ごめんねぇ、、おチンチン、咥えるから、、、もっと咥えるから、、」彼女はフェラしながら答える。

「ほら、もっと美味しそうにしゃぶれよ」男が言う。彼女は
「はぁん、、うん、、」と答え、その男のチンチンを両手で包むように持つ。彼女の唇が亀頭に吸い付く。唇で噛むように亀頭をハグハグと刺激する。口を開きカリの部分まで咥え込む。口の周りは唾液で濡れ、彼女は竿を咥えながら唇でチンチンをピストンする。時々首を傾げ、口から竿を出し、カリの裏側を舌でネットリと舐め回す。
「はぁ、、はぁ、、美味しいよ、、、おチンチン、、、」彼女はチンチンをしゃぶりながら、涎でベタベタになった手でチンチンを扱いている。

 

「おい、こっち来いよ。」彼女はソファーに座った男達の中心に四つん這いにさせられた。
「ほら、四つん這いでこっちまで来て、『おチンチン、しゃぶらせてください』って言ってフェラしてくれよ」

「・・・うん・・・」彼女は指示した男まで四つん這いで向かった。
「あはは、犬みたいだなぁ、口マンコする雌犬」彼女は男のところまで行くと
「おチンチン、しゃぶらせてください」と四つん這いのまま男のチンチンを
「んんっ、、んんっ、、」としゃぶる。
「おい、今度こっちな!」彼女はまた四つん這いで這って男のところに行き、
「はぁ、口マンコにおチンチン入れてください、、」と言いチンチンを咥える。
「あはは、ほら、こっちも。早くしろよ」

「ちがーよ、こっちのチンチンだろ!」

「こっちも早くしゃぶれよ、○○ちゃん!」彼女を中心に丸く座っている男達の間を四つん這いで行き来し、その都度
「口マンコ、犯してぇ、、、」

「○○○の口マンコにおチンチンしゃぶらせて、、」

「おチンチン、口に突っ込んでぇ、、、」と彼女は男たちに懇願し続けている。四つん這いで自分のことを
「口マンコ」と言う彼女は、男達の間をフェラして這って回っていた。彼女は私のところにも来て
「・・・はぁ、はぁ、○○くんのおチンチン、お口にちょうだい、、、」と私のチンチンを咥えた。いつものフェラよりも彼女の唇は熱をもっている。男達に口をマワされているからだ。彼女の熱い唇は、私のチンチンを奥まで咥え、時々、亀頭を強く吸う。吸ったままチンチンを唇から離す時
「じゅぼっ」と音がする。そして、またチンチンを
「じゅぼっ」という音とともにヌルリと銜え込む。
「おーい、早くこっちのチンチンもしゃぶれよ。早く咥えないと萎えちゃうだろ」

「・・・じゅぼ、、、はぁん、、、うん、、、今、行くね、、、」彼女は口からチンチンを離し、私でない男のチンチンのところまで四つん這いで這っていった。

「しゃぶりながら、こっちも扱けよ」彼女がフェラしている男の隣で、違う男が言う。彼女の手を引っ張り、無理矢理自分のチンチンを扱かせる。
「んん、、、っっあっはっっ、、、」彼女は咥えたまま2本目を扱き始める。
「ずりーな、これも扱けよ」違う男が彼女の反対の手で自分のチンチンを扱かせる。
「んんっーーー!」彼女は口でチンチンを咥え、両手でそれぞれチンチンを扱いている。
「○○ちゃん、首が疲れちゃうじゃん。手伝ってやるよ」4人目の男がフェラしている彼女の頭を掴み、前後に大きく揺する。
「んんぐぅ、、、んんあっ、、、はぁあっ、、、んぐぐんぐ、、、」彼女は無理矢理イラマさせられている。
「おおぅ、深くまで咥えるなぁ」フェラさせている男が悶える。
「何だよぉ、こっちにもフェラさせろよ」彼女の頭を持っている男が彼女の髪を掴み、咥えているチンチンから引き離して、今度は違う男のチンチンに彼女の口を押し付ける。
「いやぁ、、、はぁ、、、はぁ、、、んぐんぐんぐ、、、」彼女は男の股間に顔を押し付けられて苦しそうにしている。
「おい、足を開かせろよ」四つん這いの彼女の足を無理矢理開く男がいる。
「おい、マンコ触るのNGだからな」○○が言う。
「分かってるよ。っつーか、すげー、濡れてるぞ。マンコ汁、垂れてるぜ!」

「まじかよ!見せろよ!」男達が彼女のマンコを凝視する。
「・・・はぁん!ダメぇ、、、見ないでぇ、、恥ずかしいよぉ、、んぐんぐ、、、」彼女はケツを振りマンコを見られることを嫌がるが、口にはチンチンが押し込まれているため、言葉にして拒否することが出来ない。
「んぐんぐ・・・」

「おー、すげー濡れてるマンコ。○○ちゃん、これ何してるか言ってみろよ」男が自分のチンチンを扱きながら言う。
「、、、あんっ、、おチンチン、、おチンチン扱いてるのぉ、、、」

「濡れたマンコ見せながらフェラする自分を見られてオナニーされるって、どんな気持ちだよ?」

「いやぁ、、、言わないでぇ、、、んぐんぐん、、、」彼女はまたチンチンを口に咥えた。

「おー、すげー気持ちいいぜ。なぁ、○○、これ、マンコ以外は触ってもいいか?」フェラさせている男がこの会を主催した○○に聞く。
「あ?○○ちゃんを触りたいんか?なぁ、○○ちゃん、どうするよ?」○○は彼女の髪を掴み彼女に聞く。
「・・・んあはっ、、、はぁ、はぁ、、、うん、、、いいよ、、、」彼女はそれを受け入れ、再びフェラを始める。
「やった!早速、触るからなー」と男達が彼女に群がる。四つん這いの彼女の胸を下から鷲掴みにする男、彼女のケツを左右に開く男、彼女の頬にチンチンを押し付ける男、彼女の手で無理矢理チンチンを扱かせる男、彼女のケツの割れ目にチンチンを擦る男。全裸でフェラする四つん這いの彼女を、男達が好き勝手に弄んでいる。

 

彼女の体は、男達の先走り汁でヌルリとテカリ、彼女は
「んん、、あぁ、、、お尻におチンチン、、当たってる、、」

「ああぁん、、おチンチン、、当たってるおチンチン、すごく固いのぉ、、、」と全身でチンチンを感じさせられている。
「おい、今どこにチンチン当たってる?」

「・・・はぁっ、、お尻の割れ目に、、、当たってるのぉ、、」

「これはどこだぁ??」

「んんっっ、、背中におチンチン当たってるよぉ、、」

「あはは、じゃあ、これは?」

「んっ!んんんんっ!!はぁ、、ほっぺにおチンチン、、、」

「あはは、いいねぇ、チンチンに囲まれて、なぁ、○○ちゃん」

 

私の目の前で、彼女は6本のチンチンに全身を蹂躙されている。四つん這いの彼女は全身にチンチンを擦り付けられ、口をチンチンで埋められている。

そんな彼女を見ながら、私は勃起していた。

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

他サイトの更新情報