2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

妻の美人な妹のオッパイをチラリと見るたびに盗撮したい衝動に駆られた既婚男性が抱える心の闇

この記事の所要時間: 350

私の妻には私より7歳年下の妹がいます。

色白で脚が長く、若い頃は地元では美人で有名でした。

そんな彼女も結婚して子供を生み、ますます色っぽくなりました。

私の家に泊まりに来た時などは、パジャマの胸元からチラチラ見える彼女のオッパイを見るたびに、股間が大きくなって困ったものです。

私は彼女が美しいうちに、まだ見たことのない裸体を映像で残したいと思いはじめたのです。

 

そのチャンスは突然訪れました。

彼女のダンナが海外出張に行き、妻の妹が子供を連れて泊まりにきたのです。

私は風呂場の脱衣カゴにビデオカメラを仕掛けました。

夜になり、食事を済ませた後に風呂のお湯を入れに行った私は、ビデオの電源を入れ録画スイッチを押しました。

手は震えていました。

 

万一見つかったら、取り返しのつかないことになるので当然です。

しかし、私の頭の中の(彼女の裸が見たい)という欲望が理性を負かし、私はリビングに戻り、妻の妹に風呂に入るように勧めました。

今から自分の全裸を撮影されるとは知らない彼女は、ありがとうと言うと風呂場に消えました。

私の心臓はバクバクと鳴り、妻に聞かれるのではないかと心配になったほどでした。

 

約20分後に、自分の知らないうちにヌードモデルになった彼女が風呂から上がってきました。

その顔は本当に美しく、早くビデオの映像を確認してウズウズしていた私は、怪しげな海外サイトから入手した液体をワインに注ぎ、楽しそうに話している妻と義妹に勧めました。

 

夜12時すぎのことです。

二人が飲み干したのを確認した私は、彼女の子供を寝かしつけてくると伝えて自分の寝室につれて行きました。

液体の効果は事前に妻で検証しており、眠りについたら絶対に起きないこと確実です。

 

約10分で妻が寝室に入ってきました。

おやすみと言って5分くらいで、イビキをかきはじめました。

それから20分待って、妻を揺すってまったく起きないことを確認した私は、彼女の寝ている部屋に行きました。

扉を少しだけ開いて中の様子を伺うと、彼女もイビキをかいて寝ていました。

 

これで安心してビデオの画像が確認できと思った私は、風呂場からビデオを回収してリビングに戻り、テレビの入力端子にケーブルを差込みビデオを廻しました。

最初に盗撮の準備をしている自分の顔が映りました。緊張しています。

しばらくして彼女(ミカ)が脱衣所に入ってきて、ワンピースを脱ぎ、下着に手をかけたと思うと、あっけなく全裸になり、浴室に消えました。

 

早送りにすると、風呂上りのミカが出てきて体を拭き始めました。

長い脚を上げて股間が見えました。

形のよい胸や陰毛もしっかり映っており、予想以上の収穫です。

私は映像を見ながら自慰を始めました。

とうとうミカの裸を見ることが出来た。

 

いきそうになるのをこらえながら自慰をしていた私の頭に突然、寝ているミカとビデオのミカを見ながらしようという考えが起こり、私は昏睡しているミカの部屋のドアを開き、布団をはがしました。

枕もとのテレビにビデオを接続した私は、彼女の横に寝転び、彼女の寝息を耳元に感じながら自慰をしました。生涯最高の快感です。

すぐに射精した私はティッシュで拭きながら、(あれっ!)と思いました。

ミカは昏睡しているのに、なんで俺はこんなことしているんだろ?犯すことも出来るじゃないか?

 

心臓が再びバクバク鳴ります。

私はミカのパジャマを開き胸を舐め、きれいな唇にキスをしたのです。

理性など吹き飛ぶほどの快感でした。

後先かまわずミカを全裸にした私は、ミカの股間に顔をうずめ、舐め回しました。膣の中にも舌を入れて。

 

硬く反り返ったペニスを膣にあてがい、ゆっくりと挿入したときの快感は、もう死んでもいいと思ったほどです。

3回外に射精しましたが、最後の射精はミカに悪いと思いながら、そのまま中に出しました。

征服感に満たされた私ですが、服を着せる時には起こしたことの重大さにビクビクしながら慎重に着せました。

これらはもう何年も前のことですが、最近では浴室での盗撮に成功したのでまた興奮しています。

 

以上 長々とお付き合い下さり、ありがとうございました。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/07/09(土) 11:20:54 ID:A2MzU2MDk

    何でキメてんのに自慰なんだ?アホかって
    思ったら、やっぱり姦ったんだな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報