2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

女だけど雨の日にした好きな人との初体験

この記事の所要時間: 755

投稿者名:夏海
性別:男性
題名:雨の日にした初体験
投稿日:2016/12/06 12:00:12

 

今回は私の初体験をした時の体験です。

私は高校を卒業するまでお付き合いをしたことがなかったのですが、友達のお兄さんの事がずっと気になっていたのですが春にたまたま2人で話す機会があったので思い切って告白をするとOKをもらって付き合う事になりました。

それからいろんな場所でデートをしましたが学校が夏休みに入ったところでプールに誘われました。

私は今までプールは女友達としか行った事がなく男の人に水着姿を見せることに恥ずかしさもありましたが彼になら見せても良いかなと思いOKをしました。

予定が決まったあと私はせっかくだからと新しい水着を買うことにしてデザインが気に入った青と白のチェック模様の水着を買ってあとは彼とのプールの日を待つだけになりました。

ですが予定していた日が近付いてくるにつれ天気予報は悪くなっていき当日は曇りか、もしかしたら雨になるかもと言っていました。

私は彼と相談をして当日が雨だったら他の場所に遊びに行こうという話になりました。

 

そして当日になり天気は予報通り雨になりしかも土砂降りという感じでした。

私たちは待ち合わせをしていた駅にある喫茶店でこれからどうしようかという話をしましたがあまりの大雨だったのでDVDを借りて彼の家で見ようという事になりました。

彼は今働いていて1人暮らしをしているのですが同じような雨の日に1度行ったことがあったのでその時よりは緊張もせずDVDを見終わってからは彼に少し甘えてみたりお話をしていたのですが、彼が私の水着姿を見たかったなと残念そうにしていました。

私は念のため水着を持ってきていたのと、この日の為に新しい水着を買ったのにまた別の日にというのもイヤだったので彼に水着を持ってきていることを言うと、見せてもらっても良いかなと言われたので寝室で着替えさせてもらうことにしました。

この時隣りの部屋に彼がいる状況で着替えをするという事にドキドキしましたが彼を待たせても悪いなと思い水着に着替えました。

彼からは着替え終わったら教えてと言われていたのでドアを少しだけ開けて声を掛けると入っても良いかなと聞かれて私はドキドキしながら『はい』と答えました。

部屋に入ってきた彼は私の姿を見て可愛いよと感想を言ってくれて、私も嬉しくなり彼に『もっと近くで見ても良いですよ』と言って思い切って抱きつくと彼も抱きしめ返してくれました。

彼は身体を冷やすと良くないからと言って私をベッドに座らせると毛布を掛けてくれて自分も腰掛けると頭を撫でたりしてくれました。

そんな事をしているうちにどちらからともなくキスをしていましたが繰り返ししている間にいつもより唇を重ねる時間が長くなっていました。

 

そのようなキスを何回か続けたところで彼から『しても良いかな』と聞かれ、私も彼が何を望んでいるのかすぐに分かりこの人にだったらと思い頷きました。

彼は私をベッドに寝かせるとまたキスをしてきました。

最初は軽く唇を合わせる感じでしていましたが次第に重ねている時間が長くなり唇に舌を当ててきましたが私の息が続かなくなったところで離してくれました。

息が整ったところで少し口を開いてと言われ言う通りにすると口の中に舌を入れてきました。

私はその初めての感覚にビックリして顔を離してしまい彼から『嫌だった?』と聞かれたので『ビックリしちゃっただけだから大丈夫』と言うともう1度同じようにしてきて私の舌に絡ませてきました。

2回目はその感覚に段々と慣れてきておずおずという感じではありましたが自分からも舌を動かして彼の物に絡ませていました。

 

そうしているうちに私の緊張が解けてきたことに彼も気付いていたようで『そろそろ触ってみても良いかな』と聞かれ再び頷きました。

彼は最初は肩や腕を指先で撫でるように触っていましたが私が緊張していない事を確かめると脇腹を同じように触りゆっくりと指先を上に動かしてきたのでとうとう胸を触られるんだとドキドキしていました。

彼は指先を胸の周りに円を描くようにクルクルと回しながら『怖くない?』と確認してきたので『大丈夫です』と答えると今度は軽く揉むように触ってきました。

最初はくすぐったい感じが少ししましたが段々と切なくなってきて彼も大丈夫と思ったみたいで触り方も変わってきて水着の上から胸の先端を触り始めました。

私はいきなりの刺激にビックリしましたが彼に心配を掛けたくないと思い身体を動かさないようにしていましたが触られているうちに気持ちいいと思うようになり声も出てくるようになっていました。

ですが次第に水着の上からというのがもどかしい感じがしてきたのですが、そうかと言って自分から脱がしてと言うのも恥ずかしくて彼の顔を見つめると察してくれて『脱がすね』と言って水着を外されてしまいました。

初めて男の人に胸を見られたので恥ずかしくて思わず腕で隠してしまったのですが、彼は嫌な顔もせず頭を撫でたり優しく話しかけてくれたので私の気も落ち着き腕を降ろして見えるようにすると『綺麗だよ』と言って胸にキスをしました。

 

胸へのキスを終えると本格的に触りはじめ右の胸を口でしながら左の胸も指で触ってきて
自分でしてみた時よりもずっと気持ちいいと思い彼に触れたくなって背中に手を回したりしていました。

すると彼はまた舌を絡めてきましたが私もそのキスに慣れてきて先ほどよりも積極的に動かしていました。

その間も彼に両手で胸を触られていたのですが右手がゆっくりと下がってきて脇から腰をなぞるようにして更に下がり脚を撫でてきたので私もそろそろなのかなと思っていると腿の内側を撫でていた手が登ってきて水着の上から私のアソコをさすってきました。

私は思わず声を出してしまいましたが彼も嫌そうな感じだとは思わなかったようで上下になぞるのを繰り返していました。

胸とアソコの両方に刺激が来るので私は頭の中が白くなってきたような気がしていて彼のなすがままという感じになっていました。

それから彼は水着の中に手を入れてきて直接クリを触ってきたのですが自分でもビックリするぐらいに濡れていたみたいで指を動かすたびに音がして恥ずかしかったですが彼は触り続けてきてそのままイかされてしまいました。

 

ぐったりとした私を彼はまた頭を撫でたり抱きしめたりして休ませてくれて身体の調子が戻ってきてたところで彼から『もう大丈夫そうかな?』と聞かれて私も何の話か分かり、いよいよかと思い怖さもありましたが彼にも気持ち良くなってほしかったので『はい』と答えました。

この時私は下の方の水着はまだ着たままだったので彼は恥ずかしかったらこのままでも良いよと言ってくれましたが、着けたままだと彼がやりづらいのではと思ったのと彼になら見られても良いとも思ってその事を伝えると『ありがとう』と言われおでこにキスをされました。

そうして彼は私の足下に移って水着に手を掛けたので私も彼が脱がせやすいようにお尻を浮かせるとスルスルと降ろされ脱がされてしまいました。

私が完全に裸になってしまったところで彼も服を脱ぎお互い何も着ていない状態になったところで彼はゴムを着けて準備が終わったところで私と向き合いました。

彼はそこで恥ずかしいかもだけど入れやすくする為に足を開いてほしいと言ったので私はそれに従うと彼は顔を近づけてきたので私はとても恥ずかしくなりましたが彼は入れる場所を確かめていたようで確認を終えるとそれを当ててきました。

そのまま彼は見つめてきたので私も見つめ返すと彼はゆっくりと動き私の中に少しずつ入れてきました。

彼の物が入ってくると押し拡げられる感覚があって痛みも少し感じていましたが彼の挿れ方がスムーズだったのか耐えられないものでもなく彼が動きを止めたところで『全部入ったよ』と言われました。

私は彼に初めてを捧げることが出来たのが嬉しくてその事を伝えると彼もお礼を言ってくれてそのまま話をしていましたが次第に痛みも薄れてきたので『そろそろ大丈夫そうです』と言うと彼はゆっくりと動いて抜き差しを始めましたがちょっとビリビリとした感覚があるかなと言う感じで先ほどの様な痛みはほとんど感じませんでした。

彼も私が痛がっている様な感じを見せていない事に安心したようで少しずつ速さをあげながらクリや胸を触ってきました。

私はまた気持ち良さを感じるようになり彼に抱きつくように背中に手を回すと彼も私に密着してきましたが私に体重がかからないように気を使ってくれたのが嬉しくて私の方からキスをしたりしていました。

 

そうしているうちに動きの速さがかなり上がってきたことに気付きそろそろなのかなと思っていると彼が『もう出そう』と言って体を震わせていました。

震えが止まったところで彼は私を抱き締めてくれて私もそれがとても嬉しくて抱きつきました。

そのあとはベッドの中でまたいろいろと話していましたが私が何とか立ち上がれるようになったところで彼が準備してくれていたお風呂に入ってその日は彼の家にお泊まりをしていきました。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 好き者
    • 投稿日:2016/12/14(水) 21:31:01 ID:Q4MDE3NDg

    良いですねぇ(*^o^*)おめでとうございますm(_ _)mm(__)m

      • 名前: 夏海
      • 投稿日:2016/12/16(金) 08:23:14 ID:M0NzQ3MjY

      ありがとうございます。

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/12/19(月) 18:52:07 ID:c5MjU1ODE

    優しそうな彼で良かったね
    お幸せに~

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年4月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

他サイトの更新情報