2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

オナニーする時に思っている意中の彼に告白して勇気を出して誘った私の初体験

この記事の所要時間: 38

わたしの初体験は、中3の夏休みでした。

夏休みの始め、わたしは今までずっと好きだった彼に告白しました。

そしたら、彼もわたしのことがずっと好きだったらしくてとても嬉しかった。

告白する前までは、ずっと彼のことを思ってオナニーしていました。

 

ある晩、わたしは彼とどうしてもしたくなって、もう恋人なんだから、「しよう」って言ってもいいのかなと思っていまた。

次の日、わたしは決心して彼に電話しました。

「今日、家の親いないから遊びに来ない?」

って言ったら、あっさりOKしてくれました。

 

よく話を聞いたら、彼の親もたまたまその日はいないということだったので、

わたしは「家に泊ったら?」って言ってしまいました。

彼は息が荒かったです。(笑)

「いいんでしょ?」ってもう一回いったら、「ああ、じゃあ行く。」って言ってくれました。

わたしは、心の中で絶対やってもらうって決めました。

 

6時ごろ、彼は家に来ました。

二人ともなぜか変な意識をしていました。

ご飯を食べて、わたしシャワー浴びてくるっていって、シャワーしてる時にこのあとの展開を考えました。

彼が来ないなら、積極的に行って彼をその気にさせようと思いつきました。

 

シャワーから上がって、彼にお風呂に入ってもいいよって言いました。

彼は「いいよ~」って言いましたが、わたしが「不潔な人嫌い!」って言ったら入ってくれました。

そのうちに準備を進めときました。

わたしは下着を穿かないでいました。

彼がシャワーに入ってる時、こっそり穿けないように彼のも隠しました。

 

シャワーから上がって、彼はわたしに「初体験って、すみましたか?」って聞いてきたから、ドキッっとしました。

「ま、まだです。」って言ったら、「俺も・・」って言いました。

彼はいきなりわたしに近くに寄ってきて、「・・しよう?」って言ってくれました。

わたしは迷ったふりをしてから「うーん、いいよっ」って言いました。

 

最初の二人は雰囲気とか、なんも考えないでいました。

だから、私のちっとも濡れてませんでした。

けど、だんだんドキドキしてきて、濡れてしまいました。

最初は痛いって知っていたので、「優しくしてね」って彼に言いました。

 

彼はゆっくり入れて来ました。

最初は、『あ、痛っ!』って思いましたが、なんとか奥まで入りました。

「慣れるまで、少しまって」って言いました。

10分くらい動かないでもらってから、キスしながら少しだけゆーっくり動かしてもらいました。

それをずーっと繰り返していると、いっぱい濡れちゃったのか、わたしのは彼のにすっかりなじんでました。

 

わたしは「いいよ、動いてみて」って言いました。

すると、彼はとにかく腰を激しく動かしていました。

最初は誰でも下手なもんだと、あとになってわかりました。

なじんだと思っていたのは、気のせいだと思えるくらい痛かったからです・・・。

けど、その時のエッチはすごく感じちゃいました。

 

最後の方には、いきそうになるくらい気持ち良かった。

オナニーでイッたことはあるけど、エッチでイッたらもっと気持ち良いのかなーなんて思いました。

それから、わたしと彼は週に2回はやるようになりました。

今でもエッチでイク経験はしてないけど、キスしながら彼と抱き合って繋がるのは幸せで気持ち良いなって思って満足してます。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報