2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

赤ちゃんみたいに小さいちんちんで短小包茎の男性器を持つ40代後半の男性が小4の時チンチンに悪戯された快楽を語る

この記事の所要時間: 124

初めまして、赤ちんです。

今、40代後半の男です。

何で赤ちんかと言うと、赤ちゃんみたいに小さいちんちんで短小包茎性器だからです。

最初に見られたのは、小学4年生の身体測定の時。

 

パンツ一枚の姿になるのに僕は間違えてパンツも脱いでしまい、クラスの女の子に「キャ~ァ~」と言われました。

女の子は「先生、♂君パンツ迄脱いでます」と言った。

担任の女先生は、僕に「早くパンツを穿きなさい」と言って穿かせてくれました。

母以外の大人の女性に、初めてちんちんを見られました。

僕の担任の女先生は26歳位で、髪の短いメガネをかけているおっぱいの大きい先生でした。

先生は僕のチンチンを見て、恥ずかしそうにしていました。

 

クラスの女の子達4人が、「先生は♂君には優しいよね~」と言って僕を女子トイレに連れ込み、僕に「先生にチンチン見せてスケベでHだね」と小悪魔のように言った。

「私達にも見せなさいよ」と言われた僕は、すかさず「嫌だよ」と言った。

けれど、女の子達は僕のズボンとパンツを下げ、半ば逆レイプの如くチンチンを見てきました。

一人の女の子が、モップの棒で僕の赤ちゃんみたいに小さい小指の半分位しか無いチンチンを突っつきました。

すると、僕のチンチンは親指位の大きさになり、堅くなり上を向き天を向きました。

時間の許す限り、女の子達にチンチンを悪戯されました。

女の子達にチンチンを見られ、サディスティックに悪戯されると気持ち良くなって堅くなるというM気質がここで芽生えたのです。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報