2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

エッチご無沙汰すぎて妄想オナニーをするのがストレス解消になっている看護師の女性

この記事の所要時間: 454

私は大阪市内で看護師をしています。

実家も市内ですが、仕事柄時間も不規則なので家族への迷惑も考え、職場まで電車で2駅のところに1人暮らしをしています。

1人暮らしでもすれば、彼氏の1人や2人と思ってたんですが、気が強いせいか付き合ってもなかなか長くは持ちません(泣)

もう1年半彼氏がいません。もちろんエッチもしてません。

患者さんと。。。なんて事も想像はするけど、職場のトイレや仮眠室で1人エッチするだけ(*_*)

彼氏がいないと、1人エッチの回数もかなり増えました。。。今では1日1回はしてます(泣)

ドン・キホーテで、エッチなオモチャまで買ってしまう始末です(((^_^;)

 

先日、準夜(PM4時~12時)がちょっと忙しく、帰りが夜中の3時くらいになった時の妄想話です。

もちろん、電車はありません。仕方なく、歩いて帰る事にしました。

あまり気にした事はないけど、古いラブホテルがあったり、街灯が暗く変な雰囲気(((^_^;)

でも、そんな汚いラブホテルに一組のカップルが入っていきました(;^_^A

入ってからでいいのに、キスしたりイチャイチャ(((^_^;)

私は横目で見ながらホテルをあとにしました。

「私は帰って1人エッチでもしよっと」と考えながら。。。

 

マンションまであと少しのところ、いつも昼間でもそんなに人の寄らない公園があります。

もちろん、こんな時間に誰かいる訳はありません。

私は変な事を考えてしまいました。

「公園で1人エッチしてみたらいつもと違う興奮するかな?」と。。。

誰もいないと言っても一応、木陰で隠れて私はジーンズを膝まで下ろし木にもたれてパンティの中に手を入れました。

さっきのカップルを見てからエッチな事を考えてたから、私のアソコはびしょびしょでした(;^_^A

指で触るだけではもの足らず、鞄に入ってたパウダースプレーの缶を入れました。

なるべく声は出さない様に気をつけてましたが、気持ち良さが増すと小さいながらに声が出てしまいます。

すると、≪ガサッ≫草むらから人が。。。

 

「こんな時間に何やってんだ!」

ホームレスのオジサン≪40代?≫が1人出て来ました。。

『犯される。。。』と私は思いました。

すると、オジサンは「若い女の子がこんなとこで。この辺は変なヤツが多いからやめときな!早く帰った方がいい」

『変なヤツって。。。(笑)あなたは?』と思いましたが、どうもいい人そう。

私「スミマセン。。寝てたのに起こしてしまって」

オジサン「いいよ。気をつけて帰んな。」

私「オジサンはここに住んでるの?」

オジサン「つい最近だ。リストラにあって家族にも見放されてな」

私「そうなんだ。家族がいないと寂しいよね。。。」

オジサン「寂しいな。人とこうして普通に喋ったのも久しぶりだ。」

私「私でよかったらいつでも話相手になってあげるよ(^^)」

オジサン「ありがとな。アンタ若いのに変わってるな(笑)」

私「変わってるかな?」

オジサン「変わってるよ(笑)こんなオッサンの話し相手になるって言うし、それにこんなとこでオナニーすんだから(笑)」

私「それは言わないで下さい(笑)」

オジサン「スマンスマン(笑)スプレー缶入れてたなんて言わねぇよ(笑)」

私「もぅ!言わないでよ(笑)」

ちょっと間が空き、オジサンは寝床に帰ろうとしました。

 

私「オジサン。。。」

オジサン「おうおうっ?」

私「オジサン。お風呂だけでも私の家に入りにくる?入ってないでしょ?」

オジサン「それは有難いが、遠慮しとくよ」

私「なんで?」

オジサン「こんなヤツと部屋入るの見られたらアンタに悪いしな」

私「別にいいよ。悪い人じゃないんだから」

オジサン「でも遠慮しとくよ。ありがとな。」

私「そっかぁ。。。じゃあ体拭いてあげるよ!」

オジサン「い、いいよ。そんな寝たきり老人じゃねぇんだから」

私「遠慮しないで(笑)口止め賃だと思って(笑)さぁシャツ脱いで(^^)」

オジサンは、しぶしぶシャツを脱ぎました。

ハンカチを公園の水道で濡らして、私はオジサンの体を拭いてあげました。

 

オジサン「冷たくて気持ちいいな」

私「さぁ、今度は足!ズボンを脱いで(^^)」

オジサン「お、おぅ。」

私はオジサンのフトモモ辺りを拭いてると、トランクスの隙間からオジサンのオチンチンが見えました。。。

私がじっと見ていたのを見て

オジサン「こ、ここは自分で後で拭くからいいぞ。」

私「あっ、うん。」

オジサン「あ、ありがとう。お陰で綺麗になったわ(笑)」

私「。。。」

オジサン「どうした?」

私「オジサン。。。オチンチンも私の口で綺麗にしてあげるよ。。。」

オジサン「な、何言ってんだ(汗)大人をからかうんじゃないよ」

私「私も大人だよ?」

私はオジサンのトランクスを下げ、オチンチンを舐めました。

 

オジサン「おっ、ちょ、やめ・・。」

私「オジサン。。。気持ちいいでしょ?」

オジサン「あぁ。。でも汚いからやめときなって」

私「汚いから綺麗するんだよ?」

オジサン「あっ、あっ」

私「大きくなってきたよ。。。」

オジサン「臭いやろ?」

私「うん。でも美味しい。。」

オジサン「アカンっ!こら、あかん!」

オジサンは、私の口の中に大量の生臭い精子を出しました。

ページ:

1

2

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/11/19(木) 00:18:54 ID:cwOTI4NjY

    都内の大学病院の20代の医者です。 ぜひ病院内で夜景を見下ろしながら、貴女の乳房を揉みしだいておちんちんんを挿入したい。ついでにフェラも希望。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報