2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

巨乳な幼馴染みとカラオケボックスでセックス

この記事の所要時間: 456

俺には幼稚園時代からずっと腐れ縁続いてる幼馴染がいるんだけど、 もう俺も彼女ももう就職して彼女とかできたりしてても何故かよく 酒飲みに行ったりしてるんだよね。

今でも。

彼女の顔は上の下って感じ。

 

でも中学時代とか足がメチャ速くてスポーツ万能だったんで 顔がちょい良いぐらいでもすっごい男にモテてた。

ほんっと足速いの。

当時俺が50mを6.8秒がベストだったんだけどその俺より早かったからね。

リレーなんか女子ごぼう抜きで超格好よかったよ。

 

でもやっぱりガキの頃から知ってるとプール行く時の着替えとかお互いぜんぜん意識とかしないで着替えてたりとか兄貴とも仲良かったりで不思議と俺は彼女に異性を感じたことなかったんだよね。

やっぱり兄妹とかでも異性をまったく感じないのは性に芽生える前のガキの頃から見てるからなんだろうな。

とにかく異性として意識してないからこそ酒飲みにとか普通にできてた。

「よっ今日飲みに行かね?」とか言って。

向こうも図々しく会社に電話してきたりしてね。

よく彼女と間違えられたりして。

そんでその日も普通に酒飲みに行って調子良いからカラオケ行こうぜってことになった。

 

スポーツ万能だからってわけじゃないんだけど彼女メチャ酒強いのよ。

ウィスキーボトルで飲んでも半分ぐらいならケロっとしてるからね。

一回1本あけたら好きな服買ってやるって言ったら本当に飲んだから。

でもさすがにゲロったw リバースしたから買ってやらんかったけどね。

で、その日も彼女が独走状態でカラオケでもビール飲んで歌ってたんだけどさ、今まで俺ぜんぜん気づかなかったんだけどセーターごしに胸がムチッとつきでてるの。

あれ?こいつこんな胸でかかったかな?と。

彼女が歌ってるときず~っと胸ばっか見てた。

それで彼女が歌い終わって俺が黙ってるから「なに?」って不思議そうな顔して俺に聞くわけよ。

 

俺も別にふらちな気持ちになってたわけじゃないから「お前胸でかくなった?」と言っちゃった。

あっけらかんと。

「うっそ前と同じだよ。ばっ、お前黙ってると思ったら、スケベ!」って怒ってんの。

「いや、デカくなったって、あ!生理前?」とまたしてもデリカシーのない事を俺は聞いてしまった。

「ちが!いい加減にしろこのスケベ大王が!」と蹴り一発。

「イッテェ!別にいいだろ?胸がでかいって褒めたんだから!」と俺。

「でかくなってないし・・・もぉそういう事言うと意識しちゃうだろ!」と言って胸を隠すしぐさをする彼女。

 

しかし俺も酔いがまわってんのか思ってる事がベラベラでちゃう止まらない。

「ちょっと、こぅ・・・胸を強調してみ」と言って自ら俺が胸を突き出して見せる。

こんな感じにみたいな。

 

「やだ・・・」と彼女いつもの威勢のよさが消えて恥ずかしそう。

「ほら、もう歌始まってるよ」って言ってお茶濁そうとしてんの。

ふふ~ん、いつも威勢がいい彼女ばっかりみてきただけに突っ込む気いっぱいな俺。

「ほら、ぐってやって見せてお願い!」とすでに曲が始まってるのに俺は拝みこんだ。

 

「ったく。ほら!」って言って一瞬突き出す彼女。

するとモリモリ・・・って乳房がセーターごしに浮かび上がる。

こっこいつ、こんな凄ぇもん持ってやがったのか・・・全然気づかなかったまじで。

 

「こ、こう・・・手で持ち上げて下さい!下さい!女神様!!」俺カラオケソファーの上で土下座状態。

「お、俺オッパイ星人なのに俺の彼女貧乳なんです(これマジ)」と頭を擦り付け拝む俺。

あ~すけべぇの為ならプライドでも何でも捨ててやらぁって感じ。

 

「・・・・こう?」って言ってムニィと自分の乳房を持ち上げる彼女。

そうするともうクッキリとそれと分かる豊満な乳房で服が膨らみ苦しそう。

う~チクショ・・揉みたい、揉みたい・・・超揉みたい「さ、触ってもいいっすか?」と俺は思わずタメなのに敬語を使ってしまう。

 

「いいわけないだろっ」つって、そ~っと差し出す俺の手を彼女は引っ叩いた。

「イテ!何で?」と不満そうに言う俺。

「何でってあんたの彼女でもないのに何で触らせなきゃなんないのよ」とごもっともなご意見をおっしゃった。

 

「触るだけだよ?触るだけなら彼女とか関係ないじゃん」と俺は食い下がる。

「関係ないとかじゃなくって変な気持ちになってきちゃうじゃん」と彼女。

「え、そうなの?」と無垢な少年を装いつっこむ俺。

 

「知らない・・」と言った彼女もばつが悪そう。

そんな会話をしてるとも知らず後ろの通路を歌い終わった連中が歩いてく音がした。

 

「じゃ、変な気持ちにならないようにちょっとだけ、ね?ね?お願い!」も~揉まないことには絶対治まらないって気持ちだった。

粘りに粘ってそうね、多分十数分は押し問答してたんじゃないかな。

ついに彼女が「ほんっとぉにちょっとだけだからね」って言ったのは。

 

そ、それでは・・・俺は手を伸ばす。

ムニィ・・・・って俺の手の形に彼女の胸が凹んでいった。

目を瞑って眉間に皺を寄せる彼女の表情も刺激的だ・・・。

まさかあのチョコポッキーみたいな茶色っ細い少女だった彼女がこんなに肉感的な女になってるとは。

俺は感動していた。

ページ:

1

2
体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年3月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報