2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

妻を味わった過去の男たち

この記事の所要時間: 310

【投稿者名】愛妻家  【性別】男性 :2015/02/28 19:56:23

 

愛する妻に淫乱を仕込んだ男たちのことを考えると胸が熱くなりませんか?

愛しい妻が純情から淫乱に変わっていく様子を想像すると、興奮しませんか?

 

妻が過去に何人の男に抱かれたか、何人の男を愛したのか、それは妻しか知りません。

清楚で美しい妻ですが、23歳の時に妻は既に処女ではなかったから、過去に男が何人かはいたのです。

私とキスをした妻の口唇や舌は、他の男の陰茎を咥えた唇で、陰茎を舐め回していた舌なのです。

 

その男たちは、妻のカラダの全てを知っています。

重ねた唇の感触、絡めた舌のざらつき、交換した唾液の味・・・

キスなど序の口で、男の前で足を開き、恥部のすべてを晒し、弄ばれたのです。

乳房の柔らかさ、乳首の固さ、陰核の膨らみ、淫汁の匂いと味・・・

全て曝け出して、そして、恥ずかしい膣穴でオトコを受け入れ悦びに溺れたのです。

妻は、オトコのモノをどんな格好で受け入れたのでしょうか・・・

 

決して見ることの叶わない奥様の膣穴の奥深い内部に、男たちの陰茎が突き刺さっている様子を想像した事ありませんか?

私は妻を抱くたび想像するのです・・・乳房を鷲掴みにされ、乳首を吸われ、膣穴の中をその男モノでかき回され、淫汁を噴出しながら善がり狂い、快感に仰け反る妻の姿・・・

 

その男たちは、今でも妻の膣穴の温もりを陰茎で覚えているに違いありません。

彼らの記憶の中の妻は、いつも裸で悶える淫らな姿のままです。

もしかしたら街中で妻を見かけて、服の中身ばかりか、パンツの中身まで思い出しているかもしれません。

 

妻が処女を捧げた相手は、最も妻のことを覚えているでしょう。

妻は男に全てを曝け出すことに躊躇いがあったでしょう。

でも結局は足を開かれ、未熟で可憐な膣穴で男のモノを咥え込んだのです。

妻はそれまで、自分の指を入れたことすら無かったでしょう。

そんな初々しい膣穴に入れた感覚を、処女膜を突き破った感覚を、その男が忘れるはずはありません。

妻もその痛みを下半身全体で覚えているでしょう。

 

妻の男性経験が何人か知りたくもありませんが、普段は清楚な手記所の妻が、四つん這いで尻を高々と上げ、ドドメ色の陰唇を晒して陰茎をねだる妻の姿は、それが一人二人ではおさまらないことを物語っているようです。

この妙に色っぽい尻を掴み、激しく突いて果てた男が過去に何人いたのでしょうか。

 

その男たちは、その間の妻の妖艶な姿を、間違えなく、今でもはっきり覚えているはずです。

いや、姿だけではないでしょう。

交わりはじめから妻のカラダがどのように変化していったか、その男たちは今も、他の女を抱く時に妻とのことが頭の片隅に浮かぶことがあるでしょう。

清楚なお嬢さんだった妻を思い出して自慰に耽ることもあるでしょう。

妻も、ふと性的欲求にかられた時に思い出すのは、過去の男に跨って突き上げられた膣壁の記憶かもしれません。

鏡で自分の乳房を見たとき、鷲掴みにされながら激しく抱かれた事を思い出し、その抱かれた記憶で濡らしてしまうこともあるでしょう。

 

清楚美人と言われている妻が見せる淫乱な姿・・・

妻との性生活が充実しているのは、私と知り合う前に身体を許していた男たちとの淫らな性体験の賜物なのかもしれません・・・

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

他サイトの更新情報