2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

小6の妹の下着をおかずに自慰するのが日課だった僕のエロい秘密

この記事の所要時間: 13

僕は中学時代、文武両道でモテモテだった。

二つ下の可愛い妹も僕を尊敬していた。

でも、所詮は中学生。

小六の妹の部屋に忍び込んで下着を物色、妹のベッドでそれを顔にあて自慰するのが僕の日課だった。

 

ある日、妹の不在を確認していつものようにヤッていると、いつの間にか帰っていた妹が部屋のドアを空けた。

呆然とする妹。僕は慌てて部屋を飛び出した。

気まずい夕食後、僕が悶々としてると、妹が僕の部屋に入ってきた。

「お兄ちゃん、大丈夫?」

心配顔の妹の手には下着が握られていた。

「時々持ってくるから使って。終わったら洗濯機にいれといてね。あと、私のベッドも使ってもいいから…」

それからも妹は、しばしば僕の部屋にやってきて、下着や水着をおいていった。

僕の部屋で着替えをして、着ていた下着をそのままにしていくこともあった。

 

「ごめん、もう大丈夫だから」

 

ある日、僕は妹に言った。

「気にしないで、私が置き忘れてるだけなんだから」
と妹は真剣な表情で答えた。

健気なのか不思議ちゃんなのか、未だによく分からない妹。

でも大好きだ。

 閲覧回数:1,038 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ:

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報