2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

妻の浮気を疑った俺の元に興信所から伝えられた浮気相手に中出しされたという事実と後に分かった自分以外の男の種で妊娠したという絶望と希望

この記事の所要時間: 255

「あっ、あっ、あっ、ん~、ん~、ん~…」

聞こえてきたのは間違いなく妻の声だった。

「あ~~いいきもち!う…う…う…うう~~~…え?うそでしょ。中に出しちゃったの!やだーー、どうしよ…」

興信所から急いできてほしいと言われたのは、この日の午後、妻が浮気相手に中出しされた事実を伝えるためだった。

「ご主人、当分奥様と関係なさらないほうがいいでしょう。もし、浮気相手の子供を妊娠していれば、速やかに離婚できます。」

案の定、この夜妻が求めてきたが、疲れていると断り、翌日からはありもしない出張で3日間留守をした。

帰ってからも暫く関係せず、安全日になってから妻を抱いた。

誰かのチンポが突っ込まれて中出しされた妻の汚れたマン穴では、クンニさえ疎かになってしまった。

「あなた~愛してる~、ああ、あああ~~」

なにが愛してるだ!と思いながら、安全日にもかかわらず外に出した。

安全日が過ぎて1週間、2週間、妻には生理が来なかった。

 

「あなた…あの…」

「何だ、離婚か?」

「え?どうして?」

「俺が安全日にさえ中出ししていないのに、生理が来てないじゃないか?誰の子供だ?」

「ごめんなさい…明日、離婚届、出してきます。今晩一晩だけ、あなたの妻でいさせてください。」

この夜の事は、あまりに切なくて書けない…

 

翌日、妻が出て行った。

元妻25歳、俺28歳、結婚して2年だった。

 

俺はその後、結婚なんて真っ平御免と独身を通してセフレと性欲のぶつけ合いをしていたが、34歳の時、長い黒髪の美しい若妻に一目惚れ、あの手この手で近付いて、口説き落とした。

美沙子26歳、結婚1年過ぎたばかりで、スレンダーな体と、まだ恥らう仕草が清楚な雰囲気を醸し出した。

甘く香る牝の匂い、まだ純情さを保ったマンコに、バツイチ不貞チンポを突っ込んで寝取る楽しさに酔っていた。

「あ、ああん、あ、あ、ああーーー」

不貞発情に疼くマンコをかき回す不倫チンポに溺れた清楚奥様のスレンダーな体を浮気精液で汚した。

 

「これが証拠です。これ、間違いなくあなたですよね?」

俺と美沙子がラブホへ入る写真、出てくる写真、車の中で下半身を合わせる写真…

「慰謝料は400万円請求します。ご不満なら裁判しますが…」

元妻とその浮気相手からせしめた慰謝料の半分が吹っ飛んだ。

 

翌日、俺のアパートに来客があった。

「あの…行くところがないので、暫く置いて下さい…」

スーツケースを引いた、家を追い出された美沙子だった。

「ここにいる間、私を抱いていただいて結構ですから…」

離婚原因は俺にあるから、道義上、断れない申し出だった。

 

あれから12年、俺は46歳、美沙子は38歳、そして、小学4年の女の子と3人で暮らしている。

あれからアパートで美沙子を抱く日々が続き、半年後に妊娠。

「入籍するか…3人じゃ狭いよな…」

結局美沙子と夫婦になって、二度目の結婚生活は12年続いてる。

清楚美人の美沙子は、他人の妻だから燃えたと思っていたが、我が妻になっても12年間飽きない。

今度は大丈夫かな…

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報