2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

パートの熟女おばさんとの乱交セックスをご馳走になった工場のバイトマン

この記事の所要時間: 331

現在、僕は22歳の大学生です。

アルバイトで近所の小さな工場で働いています。

社長と奥さん(52歳)、パートのオバサン5人(42歳,47歳,48歳、53歳、56歳)に僕という規模ですが、景気がいい年は旅行に行くという慣わしでした。

最近では景気が悪く、工場も不振でしたが景気づけにと久々の旅行が催されたのです。

僕は高校以来の熟女好きで、奥さんをはじめオバサンたちと機会があれば結ばれたいという下心もあったため、この機会に野心を抱き、またそれが叶うとは思ってもいませんでした。

 

旅行先は東北の小さな温泉街でした。

旅館も決して綺麗な建物ではありませんでしたが、田舎ならではの混浴露天風呂に期待していました。

スケベな社長は奥さんとオバサンズの二人を連れて温泉に向かいましたが、最初から手を出す勇気もなく、他の三人と部屋でトランプや世間話に興じたのです。

夕食は盛り上がりました。みんなお酒が大好きで、おばさんたちも酒の気に酔いきっていました。

最年少の僕はお酌に回るのにあくせくしていましたが、酔っていたおばさんたちに絡まれ始めたのです。

 

「やっちゃん、彼女いるの?」

「いるわけないでしょ。だからこんなオバサンと旅行に行くのよ」

「失礼しちゃうわね。やっちゃん、こんなオバサンでよければどう?」

などとこちらの言葉を聞くこともなしに勝手に話を進めてしまうのです。

終いにはオバサンの一人、47歳のトシコさんがオッパイを浴衣からポロン。黒い乳首の貧乳が露に…。

巨乳好きな僕ですが、初の生オッパイは衝撃的でした。

 

「ごめんね。見苦しいもの見せちゃって」

そういってくれたのは奥さんでした。

奥さんはムチムチした体系で一昔前はスレンダーに巨乳の美人という感じでした。

巨乳は今までも健在で、浴衣からもその谷間をのぞかせていました。

社長が酔っ払って寝てしまったことで、あっという間に破廉恥だけど嫌いじゃない宴会は終わりを告げた。

 

奥さんは社長を見る都合部屋に残ったが、僕は他のオバサンと混浴風呂にひっぱられていった。

脱衣所で服をすべて脱がされ、彼女たちも服を脱いで全裸に。酔っ払ったオバサンは怖い。

さりげなく人のチンコをしこったり揉んだり。おかげでびんびんに…。

オバサンたちの身体は意外と良かった。勿論熟女としてだが、オッパイは巨乳が二人、美乳一人、貧乳二人だった。

唯恥じらいもあったものではない。岩の上に座っては股をおっぴろげるのだ。具は見え放題。

 

その内、オッパイを揉まされたり、マンコを押し付けれられたり、チンコを咥えられたり、はしゃいでいるスキに人のチンコを挿入してしまう始末で乱交状態に…。

そして、あこがれの奥さんが社長を置いて温泉に来てしまったのだ。

悲鳴を上げたのは奥さんと僕だった。

奥さんの身体はAV女優のような豊満で引きしまった体つきだった。僕は見とれてしまった。

 

「何なんですか皆さん…」

おこられると思った。

「やっちゃんを狙っていたのは私なんですよ」

えっ、と思った。

 

後に聞いたことだが、僕の洗濯物のパンツをひそかに嗅いでいたり、お風呂を覗いてはオナっていたらしい。

社長の減退した精力には飽きていたので、酒に睡眠薬を混ぜて飲ませたらしかった。

そんなわけで、温泉に合流し、僕とセックスしようと思ってたらしかった。

その後は女性人の部屋にもどり、乱交セックスの開幕だった。

入れ替えては中出し、愛撫に愛撫、誰に入れて誰に出したかはわすれたが、奥さんに最初と最後に挿入したのは覚えていた。

 

翌日、事実上何もなかった社長は起床し、僕は女性陣の部屋で朝を迎えた。

何もなかったかのように、みんなで朝風呂につかった。

無論、奥さんは社長の目の届かない場所に僕を誘い一発かました。

日常に戻ってからもおばさんたちと奥さんとは時々セックスしている。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/02/23(火) 20:02:18 ID:g0ODc3MjI

    嘘丸出し、面白くない

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報