2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

エッチなお医者さんごっこ目的で女1人と男3人集まりペロペロ乱交した秘密基地

この記事の所要時間: 27

思い出せば小さい頃、近所のお友達の男の子と私を含む4人で作った秘密基地で遊んでいました。

女の子は私だけで、男の子たちはとても優しく楽しく遊んだ覚えがあります。

毎日が楽しかったせいか、当時の私はみんなに嫌われたら困るという不安をいだいていて、男の子たちと上手に遊ぶためになんでもこころよく聞いていたのです。

今思えば、しなくてもよいエッチな事までしていたのです。

それは秘密基地でのお医者さんごっこでした。

最初は一人の男の子(私が気になっていた好きな男の子)とだけだったのですが、その最中にもう一人が秘密基地に来たときに見つかってしまい、2人で気まずい思いをしたのを覚えています。

 

それからの秘密基地は、お医者さんごっこが主に行われるようになり、気になっていた男の子を含む、仲良し男の子3人、全員とのお医者さんごっこになってしまったのです。

嫌われることを恐れていた私は断ることもできず、複雑な気持ちで男の子達3人と見せあったり触ったりして密かな遊びをしてしまいました。

それはだんだんエスカレートして、私は服を全部脱がされて患者さん役になる事が毎日のように・・・

小学生だった私たちは異性に興味があっただけで、さすがにSEXまでは行きませんでしたが、お互いの性器を触ったり、(私の大事なところにも指が入りそうになったり)舐めたりと、今思えば恥ずかしくて顔から火が出そうな事までしていたのです。

全裸の私は四つん這いで犬のような格好で3人のペニスを順番に舐めてあげていたんですが、それを見て待っているいる2人が私の恥ずかしい部分を舐めたり、体中を触ったりといった乱交状態でした。

 

正直言うと、その時は私も複雑な気持ちはあったものの興奮していて、陰部が恥ずかしく濡れたりしていたのですが、それがわからないほど男の子達の舌にすくい取られてしまって家に帰る頃には陰部がふやけたような状態にまで舐められ、私の口もあごも疲れてしまうほどヘトヘトになった毎日が続いたのです。

その秘密は漏れる事なく、4人でしっかり守れたのですが、1ヶ月ほど立ったある日。

その秘密基地は、誰かによって取り壊されなくなっていました。

そしてすぐ、父親の転勤で引っ越すことになった私は、仲良しだった男の子達と別れを告げたのでした。

今は結婚して夫も子供もいる私なのに、今でも昔の秘密基地の事を思い出しながら自分を慰める時があります。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報