2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

カシダされる彼女

この記事の所要時間: 733

○○君から動画を見せられ2週間が経った。
その間、彼女とはメールはしていたが会っていなかった。
ある日、○○君から「飲もうぜ」と誘いがあった。
二人で飲み出しても、あの彼女がマワされた動画の話は出てこなかった。

「実はさ、」彼が切り出した。

「・・先週、○○さん(彼女をマワした飲み屋の男)と飲んだんだよ」

「・・あぁ」

「そしたら、これをくれてさ」
彼はUSBメモリを取り出した。

「え?何だよ、まさか、、だよな?」

「あぁ、○○○○さん(彼女の名字)が映ってるよ。」

「え!?マジで?見たのか?」

「あぁ、見たよ。」

彼の話では、○○さんと言う男は、彼女を適当に見繕った男に「貸し出して」いるらしい。
○○さんの言葉を借りれば「○○ちゃんのマンコを貸し出して、金は取らないけど、動画を撮らせてもらう。」ということだ。

「○○○○さん、マジでマンコ貸し出してるよ。帰ったら見てみろよ。俺さ、会社で彼女見るとちょっと凹むよ。あんなことしそうに見えないじゃん?それが、フェラするは、ケツの穴舐めるは、マンコ使わせてるし、精子飲むんだからさぁ、ちょっと引いちゃってさ」○○君は飲みながらブツブツ言っていた。

 

家に帰りPCでメモリのデータを開いた。

彼女が全裸でユニットバスの便器の脇で膝立ちしている。
彼女の顔の前には下半身裸の男。
「こんなとこの撮るのかよー」チンチンを露出している男が言う。
「いいじゃん、これが毎回の彼女の挨拶なんだからさ。なぁ、○○ちゃん」カメラを回す男=飲み屋の男○○の声だ。
「うん」と彼女は答える。
ジョボジョボ・・・と男が放尿し、彼女はそれを見ている。
男の放尿が終わると、○○が「じゃあ、いつもの挨拶しろよ、○○ちゃん」と彼女に促すと、彼女は「今日は、私のオマンコを使って、このおチンチン、たくさん気持ちよくなってください」と言い、放尿したばかりのチンチンを舐め始めた。
初めは亀頭にキスし、手でチンチンを支えて竿の下まで下を這わす。

「おぉ、マジでしゃぶるのかー?小便したばっかじゃん、、、キタねーよ?」

「汚くないよな、○○ちゃんは口マンコだからな」と○○が彼女の頭を撫でながら言うと「・・・うん、汚くないよ。・・・私の口マンコにおチンチン舐めさせてくれてありがとぉ・・・」と言った。

「小便の味する?」

「うん、オシッコの味する・・・」
彼女はペチャペチャとチンチンを軽くしゃぶっている。

「なぁ、いい子だろ?今日はさ、ここにいる間、ずっと全裸でいさせるからさ、好きにマンコ使ってくれよ。ほら、もう一度、自分でお願いしろよ」○○の声だ。

「・・・はんっ・・・んんxん・・・うん、今日○○○(彼女の下の名前)は、あなたのマンコになります。私のマンコ、好きに使ってね・・・んん・・・んん・・・」
彼女はチンチンをしゃぶりながらマンコを自由に使わせると宣言した。

 

次の場面、彼女はベッドの上でオナニーしている。
左手で右の胸を掴み、足を大きく開いて右手でマンコを弄っている。

「・・・ああん、、あんっ、、、はぁっ、、、んんん・・・」

「どう?エロいだろ?」○○が言う。
「すげーよ」と男はチンチンを扱きながら感心している。
「彼女の顔の前でチンチン扱いてみろよ。でも、まだ口に咥えさせちゃダメだからな」男は○○の言う通り、ベッドに仰向けでオナニーする彼女の顔の前でチンチンを扱く。

「ああん、、おチンチン、、、やらしいよぉ、」彼女が体をくねらせてチンチンを見る。

「ほら、○○ちゃんはこれが好きなんだもんなぁ、何だっけ?これ?」

「ああん、おチンチン、、、おチンチンですぅ。。。」

「○○ちゃんは今、何してるんだっけ?」

「んん、、オナニーしながら、おチンチンのオナニー見てるのぉ、、、」

「違うだろ、あなたのマンコ弄りながら、だろ?」

「あん、、あなたのオマンコ弄りながら、おチンチンのオナニー見てるよぉ・・・」彼女は○○からイヤらしい言葉を言わされ、マンコを弄る手が激しくなっている。

「欲しいんだろ、これ」

「んんんーー。。欲しい、、おチンチン、舐めたいぃのぉ。。。舐めさせてくださぁい。。」

「ダメだっつーの。まだ、チンチン見るだけだって」

彼女は腰を振りながら口を半開きにして、チンチンに吐息を吹きかけている。

「舐めたいぃ、、おチンチン、舐めたいのぉ、、」

男のチンチンの先端から透明なガマン汁がどんどん分泌されている。

「おい、おい、ガマン汁が垂れちゃうよ、マジでまだ扱くのかよ」
男がガマンしきれずに言う。

「まだだって、なぁ、○○ちゃん、チンチンガマン出来ないっつーからさ、ガマン汁だけ吸ってやれよ。」
○○が言う。

「ううぅーん、、はぁ、はぁ」
彼女は口を軽く開け、舌を伸ばしガマン汁を舌で舐めとる。

「おおぉー、気持ちいいぜぇ」

「どう、ガマン汁の味は?」

「んんん、、、ヌルヌルするのぉ」

「美味しい?」

「んん、、美味しい、ガマン汁、美味しいよぉ・・・」
彼女はマンコを摩りながら唇を舐めてガマン汁を味わっている。

「ああぁん、ねぇ、おチンチン、舐めていい?」
彼女がチンチンを見ながら懇願する。

「なんだよ、もうしゃぶりたいのかよ、○○ちゃんは、チンチン大好きみんなのマンコ女だな。じゃあ、『○○○の口マンコを勃起したチンチンで犯してください』って言えよ」○○がそう言うと彼女は「ああんん、はぃぃ、、○○○の口マンコをぉ、、はぁ、、勃起したおチンチンで犯してください、、、おチンチン、咥えたいのぉ、、お口にちょうだい、、ねぇ、、早くぅぅ」

すると男が彼女の顎を押さえ口を大きく開かせ、彼女の口に勃起し血管が浮いたチンチンを押し込んだ。

「んぐぅぐ!!ぐぅぐぅう、、、はぅっ!」
彼女は一気に押し込まれたチンチンに一瞬、体を仰け反らす。

男がチンチンを引き抜く「どうだ?苦しかったか?もっと欲しいだろ?」男が言う。

「・・・はぁ、はぁ、、はいぃ、、もっとおチンチン咥えさせてくださいぃ」
彼女は自分で大きな口を開ける。

「ほら、口マンコさん、チンチンあげるからねー」
男が再び彼女の口を犯す。

「はぐぅぅう、、、んんん、、、んんん、、、んん、、、」
今度は彼女の口から引き抜かず、口の中だけで激しく出し入れしている。

「おら、歯が当たるんだよ!歯を当てるなよ」
男が彼女の髪を掴む。

「んんんーー、んぐんごんご・・」
彼女はマンコを弄っていた手をチンチンに添えて、それ以上奥にチンチンが入らないように抵抗している。

「おら、おら、ちゃんと奥まで咥えろって、なぁ、○○ちゃん。」
○○がカメラを回しながら言う「○○ちゃん、欲しかったチンチン、咥えられてよかったねー。もっと口マンコ頑張らないと、○○ちゃんのみんなのマンコ、使ってもらえないぞー、あははー」

「んぐん、、、、んん、、、んん、、、、んんっ!、、、あはぁんっっ、、、んぐんぐんぐ、、、」
彼女はチンチンを咥えさせられたままだ。唇の隙間から、彼女の唾液が顎に伝って垂れていた。

男は彼女の後頭部を抑え、イラマチオさせている。
「しかし、本当に今日、やっちゃっていいんか?」
「あぁ、いいよ。その代わりちゃんと動画撮らせろよ。」

「あんん、、、んん、、、んぐぐんぐ、、、はぐぅーー、、、んんぐ、、、」
彼女の嗚咽の間に、男達の会話が聞こえる。

「はぁ、この女、いつもこんなことやってんだろ?NGとかあんの?」

「アナルとかスカトロはNGだな。あと、生はダメだぞ。SMもダメだ。体に後が残るのは旦那がいるからマズいんだ。その代わり、○○ちゃんは男の精子を飲ませてもらうもんな」と○○がイラマさせられている彼女の髪を撫でる。

「な、って聞いてんだろ!」彼女はイラマさせられながら目だけカメラに向けて「・・・んんんっっ・・・んんぅ・・・」と首を振る。
「ほら、彼女もうなづいたろ?彼女、マンコに出すのはNGだけど、口マンコならどれだけ精子出してもいいからさ」
「マジで?女が精子飲むとこなんてAVくらいでしか見ないからよ、ほら、もっと咥えろよ、この口マンコ女!」

 

確かに、彼女は貸し出されている。
正確には、彼女の口マンコとオマンコが貸し出されているのかもしれない。だから、きっと心の部分は貸し出してなんかいないんだ、と自分に都合のいいように思ったりもした。

しかし、現実に彼女の体は男に好き放題使われている。
こんな自分に都合のいい思い込みが、彼女のやっている、彼女がマワされ、貸し出されいるエクスキューズになんてなりはしないことには、自分でも気付いているのだ、きっと。

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

他サイトの更新情報