2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

手鏡で女子トイレの個室を逆さ覗きして美人OLのマンコ観察していた童貞証券マン時代

この記事の所要時間: 349

私は昭和56年に某証券会社に就職し、2ヶ月近くの新人研修の後に都内の支店に配属されました。

都内中心部でもあり期待していたのですが、綺麗なのは店内と通りに面した所だけで、一歩裏に入ればカビ臭いとても古い建物でした。

入社当時は忙しくて気が付かなかったのですが、二階にある男女別のトイレはOL達が忙しくペーパーを巻き取る音や、水を流す音が丸聞こえの上が繋がっている作りでした。

綺麗な人が入る姿を見た時は、音だけでも楽しめたのですが・・・

 

そろそろ盆休みが近づいて来た頃でしたから、配属されて2ヶ月過ぎたあたりです。

初めて会社で大の用を足す為に個室に入り、誰も居ない静かな中で早く済まそうと思い力んでいた時のこと。

足早に女性の足音が近づいて来て、自分の入っている個室が大きく揺れる程に激しく扉が閉まりました。

最初は、2つある男用個室に女性が入って来たと勘違いしたのですが、すぐに前側に女子用の個室があると理解出来ました。

そして、顔を床スレスレまで下げて数センチ程の下の隙間の向こう側を覗くと、女性の靴がすぐそばにありビックリ!

これは覗けると確信した瞬間でもありました。

 

その後は、すぐに外回りに行かなくてはならなかったのですが、頭の中は会社のトイレの事ばかり気になっていたのでした。

そして、また会社に戻るといつも鞄に入っているニキビつぶし用の手鏡をポケットに忍ばせて例の個室へ。

静まりかえったトイレの中で、恐る恐る隙間の下に鏡を置いてみました。

半信半疑でしたが、鏡には逆さまではあったがピンク色の和式便器が一面に映し出されていました。

もし、ここにOLが来たらどうなるのかと思うと、もう待つしかありません!

 

そして、待つこと数十分後です。

OLの足音が近づいてトイレに入って来ました。

しかし、鏡の前で化粧直しをしている様です。(左側の隙間からは女子トイレ内が見渡せる)

その後に個室に入ってくれましたが、3つ先の一番奥だったので靴しか見えませんでした。

その後も1人来たけれど、やはり一番奥を利用しました。

そしてその後も・・

もしかしたら、課長が俺を探して激怒しているのではと不安になり、あきらめて退室。

 

仕事をしているふりをして出た答えは、女子トイレ混雑時をねらう作戦を思い付き、定時過ぎに再度個室へ。

トイレに入ると、狙い通りに向こう側は賑わっていました。

個室に入り、何やら人の気配がする隙間の下に鏡を傾けると女の足が見えた。

残念な事に、済んだ後の様ですぐに退室した。

しかし、その直後の事です。

入れ代わる様に、女性の靴が入って来ました。

鏡の位置から便器までは、30センチあるかないかの距離ですから、まさに興奮の瞬間が訪れる訳です。

手が震えると言うのは、本当にこの時初めて経験しました。

 

便器の両側に、足が揃ったのが見えたその直後でした。

大きなお尻が鏡に映しだされて、後ろからなのにマンコが丸見えで唖然。

その日は、その後続けて覗く事が出来たのですが、完全にノックダウン状態になってしまいました。

当時童貞の自分が、同僚のOLの肛門丸見え状態の放尿を目の前で見てしまったのは刺激が強すぎました。

マンコまで見せてくれた人はイキナリの1人目だけでしたが、後の人達もしっかり肛門丸出しで垂れ下がったビラビラを見せてくれたんです。

そして、最初はデカ尻OL達にノックダウンされてしまった自分ですが、2年後に退職するまでの間は楽しませていただきましたよ。

 

女子用の個室は、一番人気がある奥が使用中は一つ置いて一番手前を利用するので(男も同じですよね)、2人来れば待ち構える俺の目の前にお尻丸出し確定でした。

制服とお揃いの靴にも休日出勤までして印をしました。

今だから言えるけど、左の靴の下の方に1ミリ程度○は美人、右にもあるのは超美人で勿論個人識別出来る工夫もしました。

おかげで、準ミス○○になった○藤○知子さんの超極太ウンコをライブで鑑賞した最高の思い出も出来ました。

昔は、この様なトイレが多くあったはずですから、良い思いした方は結構居るのではと思いますが、

偶然勤務先が覗きの為に明るく作られたのではないかと疑う程のトイレで、利用者が殆どOLと言う場所は少なかったのでは。

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報